hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

なぜ幽霊が見えるのか。

回答数回答 3
有り難し有り難し 328

初めて質問させて頂きます。宜しくお願い致します。

7歳の時に見たのを最初に、この年齢になってもいわゆる「幽霊」というのが見えています。
脳に不調を起こしているのかとも思い、脳神経外科等で検査もしてもらい、精神科で診てももらいましたが、全く異常がありませんでした。
持病の状態も良好、眼球にも異常は見られないとの所見が出ております。が、1年の内、一定の時期になると原因不明(医師より毎回そのように診断されております)の高熱と炎症を伴って見えっぱなしになります。
自分ではつけようのない体の部位に手形と一緒に引っかき傷ができ、火傷のような跡がつきます。

18歳のときから仏教には興味をもっており、中村元さんの著わされた文献を熟読し、どうにか理解、納得して心理的な平安を得ておりますが、この「見える」のだけが不可解でなりません。
おまけに見えたものとそこで過去にあった出来事が、見た時点では知りもしないのに調べてみると一々合致するので不可解が倍増します。

また、見えた時に涙が出るほど見えたものが哀れでならない、でもどうにもしてやれないという何とも言い難い悔しさのようなものを感じて困っております。ただ見えるだけなら気のせい、妄想だ、で済ませられもするのですが、身体症状まで伴うと流石に・・・

一体全体、「見える」現象と身体症状にどう対処したものやら困り果てております。
対処方法をご教示頂けましたら幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

この世界を歩むために

「見える」ことは、たぶんすべての人が感じながらも
特に意識せずにしていることなのかもしれません。
ただ、ひとによって深く感じいってしまうということが
あるのだと思います。
わたしは、そうした世界は、
「わたしにだけの世界」だと思っています。
他人に言ってわかるときもあれば、わからないときもある。
オンリーワンの体験であり、オンリーワンの世界です。
あなた様には苦しみでしかないのかもしれません。
でもそれが、あなたの世界になります。

わたしにも見たくない世界が沢山あります。
今私は宮城というところにいます。
正直、被災地になった沿岸部に行くことに、
こころはかなり抵抗を見せます。
たぶん、自分でも意識の奥に閉まった
トラウマなんだろうなということはわかります。
でもわたしはそうしたところに行かねばならない。
今でも頭の中に、夢に、「荒浜に300人以上の遺体が
うちあがっております」
という、ラジオの声が聞こえるからです。
あなたには聞こえない声だと思います。わたしだけの
世界の声ですから。
それが苦しい。でもその人たちの供養をせねば、
わたしは前に進めないと思っているんです。
だから、いつも、頭痛がするけれども、お参りに
行きます。いって手を合わせ、祈ります。
さちあれ、さちあれ、やすらかであれ、やすらかであれ。

それで声が消えるわけではないのに。
でもそれがわたしの世界の、わたしの生き方だと
思っているからです。

あなたに見える世界の方々は、あなたという
優しいこころの持ち主のもとに、なにかを
感じてもらいたいという思いで表れているの
かもしれません。

であれば、ほんのわずかでも、こころをよせて
手をあわせ、祈ってほしいのです。
さちあれ、さちあれ。
わたしは、その祈りこそがあなたの苦しみをほどく
一歩になるのではないかと思うのです。

見える聞こえることは変わらないかもしれない。
だけど、その世界での生き方は、
変えることが出来るのではないでしょうか。

あなたが安らかになりますように。さちあれ、さちあれ。
合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

五蘊盛苦 杯中の蛇影

誤解をさせてしまい申し訳ございませんね。
(^<^)ぶっちゃけ、これは、あなたがA「これは霊のしわざだと思いたい」かB「否か」で、結論は変わってくるのです。
A霊のしわざである→じゃ自分で協会やグループを作って、その力が本物である!ことを科学的に公の場で証明・立証すれば歴史が変わる。その証明がない中で霊が見えると言ってしまうと、いまだ歴史上、霊の存在は立証されてないのですから、霊だと思いたくても、ここ以外では口にしない方がいいのです。
もし
Bえ?これは霊のしわざではないの?と思ってくださるなら
→仏教的には「五蘊盛苦」に相当します。
トラウマ、フラッシュバックなどが濃厚に具現化され、発生時のファースト時点では自動で思い起こされただけですが、それを霊のせいだと思い込んで、実際の現実でもそれが思考と混同して観えてしまい(無明)二次災害、三次災害を引き起こし、体にも湿疹や爪痕、体調不良を引き起こす。そしてそれをさらに厭い嫌う、ネガティブになる、疑い、不信の思いや孤立感が生じる。もし自身の思いか苦しみから本当に救われたければ、明日、日曜坐禅会に来てください。
文字ですら、あなたはお礼欄でも私に誤解の思いを生じているから、こういう質問は文字に頼らん方がいいでしょう。実物の私は攻撃的でも何でもありません。(^<^)
「幽霊が見える」という現象は心理的なものであると捉えてみてください。
本人は霊だと思っていますが、それは体調の不良などによって、内的な表象作用が過剰に暴走して悪さをしている状態と言えます。グーグルの人口知能画像でも、外の物事と(人工)知能内の作用が相和して人間の姿のように見えてしまう事実に対する関連付け・誤認・混同がなされています。
人間の心も事実に対して、関連映像を重ねて事実に現われているかのように映ってしまうことがあるものです。体が弱っている時などは私にも見えますが、それは霊ではありません。
ただ、それを霊だと思うことで二次災害三次災害を引き起こすことがあることは確かです。
禅や瞑想の業界では、自分の内的イメージが外の世界に反映されてしまうことを無明と言います。信じられないかもしれませんが、事実に対して人間は自分の思いを重ねてしまって、それが本当に映像化されてしまう感覚が生じます。だから第三者にはそれは勿論見えないのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

同趣意のお尋ねに対する私のお答えです

幽霊に関するお尋ねについて、すでにお答えしているものがあります。参考にしてください。なお、そのなかで「ある仏教学者」と言っているのは藤本晃博士という方です。山口にお住まいの五十代の誓教寺というお寺のご住職です。インターネットですぐ見つかりますので、メールなどで直接お尋ねになることもできます。

とりあえずは、以下をご参照ください。
http://hasunoha.jp/questions/1557

{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

藤岡様

ご回答頂き、ありがとうございました。誓教寺ご住職にメールを差し上げてみようと思います。
ご著書も拝読してみます。とにかく、つらい状態がかれこれ10年ほども続いておりますので
何でもしてみようと思います。本当にありがとうございます。

丹下様
そうですね。頭のおかしい変な人なんでしょうね。私は。
お釈迦様も、道元禅師もない、とおっしゃっていた肉体から乖離して動き回る精身体を見ている状態が普通ではないことくらい自分自身、よくわかっておりますよ。だから苦しいんですよ。
「世間の大半を敵に回す」とは恐れ入りました。この苦しい状態から助けて頂けるかもしれないと
思って藁をも掴む思いで投げかけた質問に対し、素晴らしい回答ですね。
そもそも霊能者とかいう金儲け主義で他人の人生を惑わすような真似をする方々が
全く持って信用できないので人の心の部分に深く関わっていらっしゃる仏道修行者の方々に
ご質問させていただいた次第です。
そもそも、私の質問は「対処法をご教示頂ければ」ということでしたのに、なぜそれが「公に証明する必要」という話になるのか、貴殿のご回答が攻撃的すぎて訳がわかりません。
当方は「見える」ことを仕事にする気も、「霊能者」を名乗る気もございません。
本来であれば見えるはずのないものが見えているということ、これが困ったことに自称でないことのほうが多いのも辛く、見えている期間に身体的に非常に辛い状態にあるということを読み取っては頂けなかったようですね。

丹下様
重ねてのご回答、誠にありがとうございました。
こちらも苦しさのあまり、言葉が尖ってしまいましたこと、お詫び申し上げます。
十年間同じ状態を繰り返しており、今年は、もう生きていけない、というところまで
来ておりました。確かに無明です。真っ暗闇の中でボコボコとあちこちにぶつかっている感覚でしたし、ぶつかったことに怒っている感覚でしたから。
どうやら間違った方向に心の状態を持っていっていたと思います。
原因と結果を逆に考えてしまうほどに。
難しいかもしれませんが、体調が最悪のときにも自分の心の主でいられるよう、小さなところからでも修練していこうと思います。ありがとうございました。

星様
何だかとてつもなくお辛いのに、ご回答頂き、誠にありがとうございました。
星様のご回答を読みながら、涙が出てきました。
自分のどうしようもない情けなさに対するものかもしれないですが。

自分の世界に自分の望まないことが起こるということに対する苛立ちから見えているという私にとっての事実に悪意を向けていたように思います。
体調不良の方は対処療法しかないようですが、生き方=心のありようは日頃から変えていくよう心がけていこうと思います。
ありがとうございました。

「霊・霊感」問答一覧

霊に狙われている時の対処法

昔から兄と私は霊感が強く、ふたりで同じ霊をみたり、私が憑依された時に兄が祓ってくれていました。 しかし兄は他界し、今は頼れません。 (見守ってくれていると信じていますが) 1週間前の夜、寝ようとしていた体の左側の襟足から足まで撫でるように触られた感覚がありました。 その後、トイレに行ったのですが、陰部を触られている感じでとても気持ちが悪かったです。 寝室の電気を消していたのでスマホをみたところ、ライトがふすまに当たり、斜め45度の人の顔がありました。 50-60代の男性だと直感で思いました。 翌朝、左腕に三本の爪?で引っかかれたような赤い跡がありました。 夜、歯磨きをしていたら、奥歯とその手間の歯の間から5センチ位の硬い白髪のようなものがでてきました。 昨日、エレベーター内で50-60代くらいの男性に左胸を触られました。 たまたま痴漢にあったのか、男性の霊?の影響もあるのか?わかりません。 毎回、左側なのも不思議です。 さっきも夜道を自転車で帰宅途中、誰もいないコインパーキングの精算機が急に反応しました。 合間にお祓いのようなことをしたり、有名な方の動画をみましたが効果ありません。 これはやはり霊障でしょうか? どうしたらなくなりますか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

子どもの頃から同じ霊が見えます

先日、妹が全く現象を体験していたことを知り、相談しようと思いました(ちなみに妹に一度も話したことはありませんでした)。 私が初めて見たのは小学生、その後はっきり覚えているのは大学生時代に数回、そして社会人になっても数回見ました。 見た目は白いワンピースで長い黒髪、貞子のような見た目です。 寝ている時に近くに立っていて見下ろしています。 時々、体の脇の布団を押して、上にも乗られます。 妹も同じ現象を幼少期から体験しており、たまにその方が赤ちゃんを連れてきて顔に押し当てられることもあるようです。 私達は何度か住む場所も変え、今は別々に暮らしていますが同じ霊を見ます。 この間就寝中、久しぶりに私のところに来ました。 私はある部屋の中にいる場面を見ていて、中年女性がその女の人の名前を言いました。 突然、寝ている場面に切り替わり、「トン、トン、ドドドド」と2回聞こえた後に布団を押さえられました。冷たい手に少し触れてしまいました。 やめてくださいと心の中で訴えると離れていきました。その後はその方が成仏できるよう祈り、合掌していました。 しかし、長年にもわたって出てくるのは何か訴えているのでしょうか。 私は手を合わせて祈るしかないですが、やはりお祓いなどすると良いのでしょうか。 体に乗られるなど良くないこともあるので、どうしたら良いか悩んでいます。 まとまりのない文章で申し訳ないですが、ご教授いただけると幸いです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

憑依体質を改善する為には

恐れ入ります。 明確な理由は分かりませんが、何か憑いてしまったようです。 我が家には犬と猫が複数いますが、何か察しているようで、しきりに自分の首周りを気にしたり、目を丸くして驚いた表情をしたり、目で追う仕草を頻繁にします。 自分は霊的なものには鈍感な方ですが、嫌な雰囲気を少し感じています。 普段から読経や写経、祝詞奏上が自然な日課になっていて、その目的は自分の精神を整える為と字の練習に繋がるので行っている事ですが、般若心経を写経しようとしたり、大祓詞を奏上しようとすると邪魔が入るような空気になったり、自分自身が神仏に対して怯えているような心境になっています。 憑いてしまったものが真言やお経や祝詞を嫌がっているような感じがします。 その嫌な雰囲気を意地でも払拭しようとすると、先日仏壇の花瓶が落ちてきました。 供え花が傷むのも早く、花瓶を丁寧に洗っても、新しい花を生けてもすぐに腐ったような嫌な匂いを発します。 以前までは、花が長持ちする方でした。 こんなに早く傷むなんて今まで無い事でした。 原因不明の体調不良も続き、寝込んで一週間になります。 近日中に、お寺にて厄除けをして頂こうと考えていますが、以前にも似た事があって、その時に「憑きてきやすい人。同情心が強いから、無意識に集まってしまう。」と言われた事がありました。 そうならない為には、どのような事に気を付けて生きていけば良いでしょうか。 何でも霊的な事と結びつけたくはありませんが、この頃の奇妙な現象を省みると、自分の行動を変える事で防げたり改善出来るのではないかと思い、ご相談させて頂きました。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

霊体について

信じてもらえないかも知れないのですが、時々霊体が見えます。 初めて見たのは高校生の頃で、朝4時半頃から地響きのような低い叫び声のようなもの別室から聞こえ、その場所へ行こうと走って行きふと振り返ると、戦時中の日本の軍服を着た首から上がない男性がいました。 次に見たのは首から上だけの落武者で、利用された、悔しい、と言っていました。 私の首の辺がじりじり痺れて纏わりついて離れてくれず、最初は般若心経を唱えていたのですが全然消えてくれませんでした。 落武者も一緒に唱えているのですが、彼がどうしたいのか分からずに考えた末に、愛してる。と言ってみました。 そうしたら痺れがピタっと止まって10秒程したらまた痺れ始めました。 そういったことが何回かあり、今は何も感じませんが、私が見た霊体は皆苦しんでいるように見えました。 私は魂や神様や心や霊体を信じますが、科学的には証明できないことで、人それぞれの考えがあるのでほとんど他人には話しません。 人は輪廻転生していると信じています。 そして、この世に生まれてきて亡くなり、亡くなった後も天国に行けずに苦しみ続けている者を見て、人間の一生て何だろう。輪廻転生し続ける理由は何だろう。と考えるようになりました。 ある人から行き着く所は皆一緒、源。だと教わりました。 何故何度も輪廻転生して源を目指すのか、何故私は私だという意識は変わらないのか、今肉体があるこの世界を離れて天国か地獄へ行っても私は私なのか。 何故殺人や戦争が起こることが許された世界に転生してくるのか。 そこで何を学ぶのか。 自分で望んで生まれてきた、自分が選んだ人生、自分がした選択、全て自分の選んだことだと思います。 ただこの世には、肉体のある人間や動物以外に霊体がいて、この世に止まっているのは何故か分かりません。 まとまらなくてすみません。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

霊視や占いのコールドリーディングって?

以前  近所に霊能者を名乗る人物がいることを知り会ってみようかどうかどうか迷っている 知人に話したところ「霊能者が本物かどうか試すために最初は嘘をついてそれがバレるかどうか確かめたほうが良い」 とアドバイスされた という内容の質問した者です。 前の相談ですが、現在に至るまでその霊能者には会っていません。 霊能者に相談する価値があるのかネットで色々調べました そして行く気が失せました 他の霊能者の霊視鑑定について口コミを見ると否定的なものがあまりにも多いからです ・具体的な話は何もなかった 一般論しか返してもらえなかった ・説教されただけ、罵詈雑言を浴びただけ ・悩み相談してるのに「あなたはどう思いますか?」と逆に質問されただけだった ・行方不明のペットや遺失物について何一つ答えてくれなかった などなど 霊能者を名乗る人は金だけとって煙に巻く人ばかりなんだろうなぁ という思いになり 今まで相談に行っていません このhasunohaで 電話占いの相談が多いことに気がついて 読みましたが 総じて否定的で 課金させるために コールドリーディングという技術を使って相手を信用させているだけ という見解が圧倒的です。 私が霊能者に嘘をつくようにアドバイスされたのも 事情を知っている人で 霊能者や占い師はそんな人のほうが99%なんだろうなぁ と思っています。 それで・・・霊能者や占い師に嘘の身の上話をして実験したケースがあったのか 探しているうちにこんなものが出てきました https://www.youtube.com/watch?v=4EzguZYvdSg 彼氏がいないのに彼氏がいると嘘をついて電話占いをしたという話です この動画の7分以降の話ですが、「彼氏がいないのでは?」嘘を見破られ 更に亡くなった母方の祖父の話も出てきています。 もしこれが ヤラセではないと仮定した場合 口調から見破ることってできるものなのでしょうか? それもコールドリーディングの範囲に入るのでしょうか? それとも本当に見える人がいるのでしょうか? 過去にはhasunohaでも占い依存症の相談が何度もありますので この話に詳しい方がいたら この動画についてどんな感想を持つのか 聞いてみたいと思いました よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

いないかもしれない霊能者を探してみたい

私もそうなのですが hasunohaでは「亡くなった人に会いたい」と言う相談も多数あるようです。 たとえば 忠臣蔵 (ここでは史実はどうかより 歌舞伎に基づいた話をします) 浅野内匠頭が吉良上野介に苛められてた結果、松の廊下で斬りかかって 内匠頭は切腹、浅野家取り潰し、上野介はお咎めなし そして城代家老、大石内蔵助を始めとする遺臣(赤穂義士)たちが吉良上野介を討ち果たし 泉岳寺の墓前に吉良の首を添えて感泣する。江戸の町民は拍手喝采。そして最後は義士達も切腹。 切腹の時に 大石内蔵助は言います「一足先に殿のもとに参る。あちらで皆を待っておるぞ」 これは、霊魂が存在し、内匠頭の霊魂の思いがどこにあるか明確になってこそ成立する話で この前提なければ虚しい話になります。 「ばかみたい。喜んでくれる人もいないのに妄想に凝り固まったあげくに多くのもの(命も家族も)を喪っただけじゃねーか」 ともなりかねません。 松の廊下の事件直後も紆余曲折があり 赤穂城では すぐ上野介を討てと言う者、弟を擁立した浅野家再興の活動を主張する者、幕府に抗議して城で皆で切腹を主張する者、籠城抗戦を主張する者、おとなしく開城して新たな生活を考える者 いろいろ割れました 割れた原因は内匠頭の霊魂と対話できる人が誰もいなかったから。 もし本物の霊能者が存在して 内匠頭の霊と対話できていれば赤穂藩家臣で新たな対立や憎しみを生むことはなかったはず。 たとえば 今でこそフグ料理はある程度確立されており調理には特別な免許が必要で飲食店で死亡事故は聞きませんが 昔の試行錯誤をしていた時代に「おいしいフグ料理を作るぞ」と意欲を燃やして毒にあたって死んだ料理人がいて遺言も何も残さなかったとします。 もしあの世や霊魂があるならばその人は子や弟子に遺志を継いでほしいと思っているのか、危ないからやめろと思っているのか? 親 又は師匠の意向に沿いたいと思っているならば、霊魂やあの世の存在を知りたいと思うことは当然だと思います。 人によって動機はいろいろだと思います 能力もないのに金をだまし取るニセ霊能者・詐欺師だらけなのも分かっているつもりです。 そのため なかなか行動に移せないのですが 自分の生き方を探すために 慎重に、本物の霊能者を探してみたいというのはおかしな発想でしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ