皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

親子関係は師弟関係と同じ。『守破離(しゅはり)』

親といっても完璧ではなく、必ず正しいわけではありません。

次の言葉をプレゼントします。
『守破離(しゅはり)』

これは日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つです。
親子関係も師弟関係のようだと思います。

『守ること』→『破ること』→『離れること』です。

この言葉が教えてくれるのは、ずっと守ることが正しいというわけではないということです。

キチンと破って離れて、はじめて一人前です。
そして、破って離れたときに、振り返ってもう一度ご両親をみてみてください。

そのときに改めて生まれてきた意味を考えても遅くはないと思います。
引用元の質問: 何のために生まれたのでしょうか。
ずっと両親に厳しく育てられてきました。
いいこであることに専念していました。
最近では両親の言っていることが
正しくないと感じることが多くあり・・
回答僧:
おすすめの33秒法話

子育てを、気に病むのは親ばかり

実は、地獄も極楽も、おなじところ

過熱するワイドショー。お坊さんはこう見ている

童貞上等。焦らずとも自然と「その時」は来ます

努力すれば面白い話ができる人になれます

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ