お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

好きな人が芸能人

私には好きな人がいます。その人は出会ったこともない芸能人です。

いい年をしてこんなバカなことを…と思うかもしれませんが本当に好きでしかたないのです。だから一般人の人に告白されても付き合う気になれません。

でも最近、このままだと私は一生結婚できないかもしれない…と不安になるようになりました。その芸能人の彼に出会うために、人脈を作ったり私なりに色々していますがそれもうまくいきません。

私はずっとこのままでいいのでしょうか?

有り難し 20
回答 2

質問投稿日: 2015年2月27日 7:56

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

観音寺

大鐵

やらないで諦めるなら、やって諦めな。

 まず好きな芸能人に接触したいのですね。それなら、何とかして事務所やTV関係の職員になればいいのではありませんか。自分の夢を叶えることはワシは否定しません。応援します。周りの100人が否定してもワシは賛同します。ワシはあなたの味方でいたいのですが、ここでしかアピール出来ません。お許しください。
 意中の異性と付き合いたいから、同じ大学に入りました。同じバイト始めました。意中の異性とお話ししたいがために相手が好きな人を紹介しました。果たしてこの人たちの努力は不純でしょうか?そのための努力は純粋ではないでしょうか?これらは実はワシの経験談ですよ。決して振り向いてくれませんでしたが、その時の努力は今でも宝です。否、そんなに高価なお宝でもありませんよ。
 あなたはまだ若い、希望はあります。意中の芸能人と近くに居れる職場に就職してはどうですか。そのための勉強は忘れずに。
 ただ、ここからは現実、遠くで見ていた彼と近くで見ていた彼が違うかもしれません。その時にどう思うかはこうご期待。夢が膨らみますね。
 そして、相手の幸せを願ってください。自分の幸せを押し付けたら、それは発展した時にストーカーという少々厄介な生き物になります。何でも度を越してはなりません。ワシも寸前でヤバいと思い、止めました。好きだった人も3か月で忘れることが出来ませんが、何とも無いように思えるものになりました。

3年5ヶ月前

好きの先にあるものは

人を好きになるっていうのは素晴らしいことです。
でもあなたはアナタを生きる事が大切。
私も愛する妻と一生になりましたが「自分を生きて」います。
「自分を生きていない」恋愛は相手が好きで好きで好きで好きでたまらなくなって、相手の言動一つで身も心も振り回されてしまうという状態。これは危険な状態とも言えます。
自分を常に観ている事が大切です。
いくら相手が好きだからと言って、何を何処まで、どうできるのか。
ご両親や長年連れ添った方々などを参考にしてみてください。
「好き」という気持ちは「どう」なってゆくのか。
人間には、相手が誰であっても好きになる可能性を秘めています。
でも、スキだからと言って、相手が自分の所有物になる訳でもなく、いつかお互い命をお返しするものです。相手があっての自分ではなく、自分の命があってこそはじめて相手を感じる事ができます。
そしてその主人公、本体、人生をこれから運営するのは、この自分自身です。
好きになるのは素晴らしいことですが、その先にあるべき形を見失わないように致しましょう。
仏道は、一生涯自分が自分を生きるという事です。
愛する相手と結婚しても、あなたがアナタであって、あなたの人生であなたを生きるのはあなた以外にいません。
誰を好きになっても構いません。
でも「自分を生きてください」。
この言葉を深ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい意味でよく噛んで味わってみてください。

3年5ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ