お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

苦しみから解き離れたい

ただ今双極性鬱病とADHDという発達障害の治療中です。

仕事は昨年の12月末から休みが融通の利くところで少しずつ始めていましたが、4月から保育園が決まり、さぁちゃんと働こうかと思った矢先にその職場が潰れました。
病気のことも合ったのでゆっくり探し、3か月前から新しい職場で研修生として働き始めました。
そして無事に研修期間は終わりちゃんとパートとして契約をしてもらえました。

今の職場は良い人に恵まれ昔トラウマになった長時間労働、休みがもらえない、寝る時間がない、嫌がらせなどもなく過ごせています。正直楽しいとは思います。

しかし、仕事が終わり子供を迎えに行き適当なご飯を与える…。そんな毎日が続き、昔のトラウマ(時間がない、寝たらあっという間に朝でまた嫌な一日が始まる、無理して笑顔を作る)などが急に襲ってきます。
休日の日もそうです。なにもやる気が起きず、外にも出れない、ご飯も食べる気力がない。
天井を見つめていたら気づけば数時間がたっていて無駄な一日が終わる…。子供を迎えに行く時間が来る。夕飯。風呂。寝る。朝…
その繰り返しが、とても怖くてパニックになり、明らかに症状が悪化しています。
病気に勝ちたい…弱い自分が嫌いです。でも病気に勝てないこともあります。
どうしたらこの気持ちから解き放たれ自由になれるのでしょうか。

有り難し 19
回答 1

質問投稿日: 2015年10月26日 13:45

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

病気には勝たなくていい。

病気には勝たなくてもいい。
負けなくてもいい。
病気は自分がなろうと思ってなったのではないから、波が変化しただけ。
その波を無理やり変えようと思わないことです。
自然に治るべきものは自然に治ります。
私もマイコプラズマにかかった時は、どう頑張っても治らない時は治りません。
このお命様、体が治してくださるのです。
あと、暗示にかからないことです。
アタシは病気だ、病気だ、ビョーキだと思いこむことが本当に心が病むのです。
シャレじゃないですが、海外アーティストでビョークという方が映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の主演をやりました。
主人公は悲しい人生を歩む女性です。その役に感情移入しすぎて、演技に没頭して、本当に心が病んだそうです。
人間「そうだ」と思いこむことで本当に脳がばかされる。病気は病気。それは仕方ない。でも病苦は思いの上で病むこと、心の中でそれを病むこと、問題にすることです。ちゃんと分離しましょう。
シャレじゃないですが、シャレになりません。
坊主が屏風に上手に病苦の絵を描いた、ならぬビョークが病気で病苦の女性を上手に演じたらホントにビョークだけに病苦になっちゃったのです。ん、シャレ?
自分で自分の思いにつまづくという事は本当にあります。
「ダンサーインザダーク」だけに、暗い闇の中でつまづくのですね。あ、そりゃ、ダンサーじゃなくて段差ね。「ゴン」
フラッシュバックもトラウマも、出てきた時点ではそこに病苦はない。
ただの思いです。
それを嫌がるアナタを発見してください。
いつも出てきた時点でつまづいている自分がいる。
問題にして、問題視して、問題化させているのは、実はあなたなのです。
本当に病気を治したければそれをやめることです。
病気は病気。
病気だからと言って、病苦のレベルを上げるのは自分。
私は病気になった時は、体病気なだけです。
心は楽しんでいます。参考になさってください。
病は気からではなく、
病は病。気にする病は、体の病ではなく、心で病んでいるのです。
自分が、病化しなければ、思いがポンと出ただけ。
アナタは、今日から治せるきっかけを得ました。多くの人を治せる希望を与えるためにもモニターになってください。(^<^)分からないことがあったら、その都度、質問してください。

2年6ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ