お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

近所トラブルで悩んでいます

初めまして。宜しくお願い致します。
近所トラブルで悩んでいます。
家はお互い一戸建てで、相手は目の前に住んでいます。
相手は70代の男性です。

去年の10月にお互いの意見が合わず口論になってから、仲の悪い関係です。
こちらが年下なので悔しい気持ちを抑え、一度は謝りにに行ったのですが門前払いで「お前の顔も見たくない!二度と関わるな!」と怒鳴り散らされました。

そこからは我が家も関わらない様にしているのですが、相手は違いました。
毎日うちの子の幼稚園バスの時間に合わせて外に出て来ては、遠回しに喧嘩を売る様な嫌味を言ってきたり、
地味な嫌がらせをしてきたり、窓からジーっと見てきたりします。
近所にも我が家の悪口を言って回っています。
境界線に脚立で謎の柵も立てられました。

変な嫌がらせばかりしてくるのに、まわりには全て理由をつけて言い訳しています。
例えば脚立の柵は、
「置き場が無いからそこに置いて、仕事に行くときには取り外して持っていく。」
とても頑丈に留めてあるのに、、

ズルいことにはとても頭のキレる方で、自分を優位にする罠?みたいなものをすぐに仕掛けてきます。

この間、風の強い日に相手の家の物干し竿がうちの車に倒れ傷が付きました。
いつまで待っても言いに来ず、こちらから倒れていることを伝えに行きました。
(レースカーテンまで開けているので、絶対見えている筈)
やっと外に出て来てかと思えば、物干しを直しながら、こちらも見ず、ふざけた口調で
「あ~あすみませんでした。請求書でも何でもよこしてください。」だけ。
夫も頭にきてしまい「そんな謝り方は無いんじゃないですか?」と怒ってしまいました。
しかし、きっとそれは罠でした。
その後相手は逆ギレして「俺はすみませんって言っただろ!この地域ではすみませんでいいんじゃないのか?お前の会社に行ってやるからな!」
案の定自分の非を揉み消して、回り近所に言いふらし、会社にも来ました。
ですが家は何も間違ってはいないと思います!

毎日納得いかない事ばかりでモヤモヤばかり。
地味な嫌がらせもずっと無視しているのですが、精神的にも辛いです。
外に出るのも怖くなっています。
でも子どもの前では笑っていたいです。

どうしたら、気にせず家族楽しく過ごせるでしょうか。
我慢していれば、相手には因果応報の何かがあるのでしょうか。

有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2018年3月16日 8:36

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

『当たって砕けろ』です…行動起こしましょう!

 『我慢していれば、相手には因果応報の何かがあるのでしょうか』ということについて申せば、あるといえばありますし、無いといえば何もありません。
 つまり、そのお相手さんに何かが起きたとして、それをあなたが「あなたに対する嫌がらせのせい」だと考え、「これこそ、因果応報だ」と思えば、それこそ「因果応報の何かが起きた」…端的に言えば「ばちが当たった」と言えるでしょう。でも、お相手に何かが起きても今回のあなたとの諍いとは全く関係無いという受け止め方が普通です。あなたも今回のトラブルがなければ、そのような「因果応報」など考えもしなかったことでしょう。そんなことまで考えてしまう…そこまで追い詰められていらっしゃるあなたのお気持ちをお察し申し上げます。
 まず、お相手はあなた方との諍いをとても「大切にしている」ことは間違いないと思います。ある意味、あなた方との諍いを通しての遣り取りを生きがいにしていらっしゃるのではないかと思います。多分それだけ他の人(お相手の御家族も含めて)との遣り取りが無いのだと思います。
 ここからは、やるかやらないかはあなたのお考え次第なのですが…。
 相手に好意を持つ、持とうと心掛けることです。もうイヤな相手であるからこそ、外から眺めるのでなく、敵にするのではなく、相手の「懐」に潜り込んでしまうのです。
 具体的にはまず「普通に挨拶をする」(100%無視されるどころか、暴言が返ってくることも承知の上で、それを涼しい顔で受け流し、会えば挨拶を続ける)ことです。効果は保証します…ただ、ちょっと時間が掛かるかも知れません。
 あと、御手紙などはどうでしょうか。この諍いの始まりは「意見が合わず口論になった」ことからとのことですので、その点を謝るのです。しかし、さらっとで良いと思います。「私達は若くて人生経験も浅いので、どうもすみませんでした。今後はいろいろと教えて下さい。最近、お庭のお花が綺麗ですね。何というお花ですか?」といった内容はいかがでしょう。
 下手に出るとつけ上がるのでは…は「決して」ありません。ご心配無用です。相手も間違いなく同じ人間ですから。
 「モヤモヤばかり」「精神的にも辛い」「外に出るのも怖い」状況を打破しましょう。
 もう、お子さんの笑顔のために「やるっきゃない」と思います。当たって砕けろです。
 仏様が応援して下さいますよ。
 

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

小林覚城様 お忙しい中回答ありがとうございました。
気持ちを汲んでいただけてとても嬉しいです。

やり取りを大切にしている、、、
相手はたしかに我が家との喧嘩によって、普段は話さないようなご近所に悪口を吹き込んで繋がりをもったり、我が家の行動に合わせて生活(外に出てきたり)しているように思います。
そこがまたズルいなと思ってしまいます。

私も頑固なのだと思います。
今は正直、嫌いで嫌いでたまりません。
ですが、子ども達の為にも頑張らなければなりませんよね!

貴重なアドバイスをありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ