お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

不幸なことばかり

初めて相談させていただきます。
私は現在31歳になる介護士5年目の男です。

現在、父、母、祖母での4人で暮らしておりますが、今年の初め、祖母が自宅で転倒し骨折により入院。
入院生活による環境の変化が大きかったのか、認知症が酷くなり退院後の現在はデイサービスに通いながら母の介護を受けております。

また、先日、父の癌が判明し抗がん剤治療を受けておりますが長くは持たないだろうとのお医者様からの見立てです。
更に、父の癌が発覚直後、自分自身も道で転倒してしまい腕を骨折してしまいました。
私自身に関しては、父の事もあり心ここに在らずといった具合に歩いていたのが原因と考え自分を責めるばかりではありましたが、全ての不幸を一手に被ってしまった母が倒れてしまわないかが心配でなりません。

現在、仕事は休職し自宅にいるため出来ることは自分で行い、母の負担を和らげようとはしていますが、その心労は推し量れません。

私自身の話をすると、お付き合いをしている女性はいるものの遠距離で、会うのも月に1度ほどです。
お互い年齢的にも結婚を考えてはいるのですが、母を置いて家を出る勇気がなく、彼女に将来の話をされてもつい「もう少し待って欲しい」とはぐらかしてしまいます。
彼女の家もお母さんの体調が芳しくなく、あまり家から遠く離れるのは好ましく思っていない為、私の家の近くで暮らす、というのも難しい次第です。

家のこと、仕事のこと、将来のこと、色々なことで板挟みにあい、正直どうしたら良いのか分からなく毎日不安でたまりません。
どなたでも構いません。
どうかご教授くださればと思いご相談させていただきました。

心構え・生きる智慧
有り難し 6
回答 1

質問投稿日: 2018年6月5日 17:53

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

少し見方を変えて考えてみましょう

くろさん 介護のお仕事をされ
とても家族や周囲への思いやりに溢れていらっしゃるんですね

今回 多くの問題が重なり 不安に感じていらっしゃる様子ですが
まず、自身の骨折 これは必ず治るのですから安心して下さい
そして
自宅療養の時間を自身のリハビリと母のサポートに使ってください
お母様の心痛をそれだけ理解されていればサポートできると思います

お父様のご病気も辛いですが
家族3人で過ごすための重要な時間を頂けた
と見方を少し変えてみてはどうでしょうか

彼女にも現状をこま目に伝え安心させてあげてくださいね
きっと 上手く解決にむかいますよ

11ヶ月前

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ