お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

恋愛の心構えをアドバイスお願いします。

私は今まで何人かとお付き合いしましたが、自分を傷つけるような方とお付き合いすることが多く悲しい思いもたくさんしてきました。結婚願望もあるので、同じようなことはこれ以上繰り返さないようにと思っていますが、本来の恋愛とはどのような方とお付き合いすれば良いのでしょうか?アドバイスお願いします。

恋愛相談
有り難し 18
回答 1

質問投稿日: 2016年1月10日 14:16

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

立正寺

常在

傷付けない人間関係は存在しない

親子、兄弟姉妹、友人知人、恋人、夫婦、労使、師弟

摩擦の起きない関係がどこにあるでしょう。人間は不完全な生き物です、傷付け合わずに済ませることはできないのです。
----------
恋愛は出来るだけ楽しい方がいいでしょうからお互いに気を遣いながら進めて行きます。少しずつ自然体を出しお互いの許容範囲を確認しますが、この時に人は「傷付く」のです。
相手も自分もその許容範囲を確認する作業があれば、二人の関係もまた深まります。
----------
やがて結婚の意識を持つようになります。この人とずっと居たいと。しかし、そこで一番大切な作業があります。
それは、
----------
この人と一緒に苦労がしたい。
そう考えられるか。弱い二人が寄り添いながら苦難を乗り越える姿を想像できるかということです。
----------
恋愛は常に楽しい事だけを共有して済ませることができます。
一方、夫婦は生活者となります。一旦生活がはじまれば楽しい事ばかりではありません。むしろ悩ましい事ばかりです。
艱難辛苦を共有せざるを得ない時間の方が遥かに多いのです。
自分の悲しみや辛さを背負ってくれる。
女性であるあなたの立場なら、あなたを守るためなら平気で悪者になる、すべての責任を取ってくれる男性を見極めることです。
----------
これを着地点と考えて恋愛中もただ、面白おかしい話ばかりせず、様々な話題から男性の内面を見極めようとする姿勢が大切です。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

遅くなり申し訳ありません。大変心に響きました。迷ったら何度も読ませて頂きます。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ