お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分を変えるために、どうやって頑張ればいいですか?

こんにちは。

タイトルにあるように、自分を変えたいと思っています。
具体的には、見た目も自分の理想にしたいし、中身や性格的なところも憧れの人のようになりたい。
さらに、今年から社会人になって、誰よりも勢いよく成長したい。

一般的に皆が持っているような理想をもっています。
ですが、自分がどうがんばればいいのか、ふと疑問に思いました。

最近は、「倒れるまでがむしゃらに頑張ろう」と思っていたのですが、”倒れるまで”というのはちょっと違うのではないか、と自分でいろいろ考えました。

苦手なことを積極的に取り組む、環境を変えるなどありますが、
「自分を変える」と決心したときに、まず具体的に何をするのが良いですか?

「がむしゃらに」とか「前向きに」などの言葉だと、私は言葉のままに何も考えずに、それこそ”倒れるまで頑張る”という思考にいってしまう気がして…。

なので、お坊さん自身の自分を変えた経験でもいいですし、何かオススメの具体法があれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

心構え・生きる智慧
有り難し 8
回答 2

質問投稿日: 2018年9月1日 22:51

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ちょうどいいくらいを

拝読いたしました。

頑張り方が分からないとのことですが・・・
人から「とにかく頑張りなさい」などと言われれば、あなたはきっと腹が立つと思います。

それだけ、頑張るというのはストレスのかかるものです。

私は、頑張る方法などないと思っています。
いや、正確に申せば、頑張ることは出来るのですが。

私の例です。
以前私は有髪(髪を伸ばしている状態)でした。
それを丸坊主にしてみました。

また、朝のお勤めを、5分から30分に延ばしました。
すると、何かが変わり始めたのです。

具体的に述べると自慢話になるのでやめておきますが。

私は、精神論を説いている訳でもなく、お寺での修行を勧めている訳ではありません。
意識を変えれば、自分が変わる。
という事でしょうか。

また、自分の信念のようなもの。
それを、貫くことです。

よそから批判されようが、前に進む不動心。
自分の弱さを知り、自分の特性を知り、堂々とやってのける。
それこそが、頑張っているという状態かも知れません。

なりたい自分というものがある。
でも、努力した結果の自分は、また違った自分になるかも知れない。

それでもいいと思うのです。
憧れの人になれなくても、努力をしていれば、それだけで輝いています。

仏教に中道という言葉があります。
頑張り過ぎない、サボらない。
ちょうどいいくらいをめざす。

頑張るという煩悩に捉われず、ありのままの自分を受け入れたとき、目指す自分が見えてくるのではないかと、少なくとも私は、そう思います。

7ヶ月前
回答僧

鈍阿

一歩踏み出す勇気を持つこと

読まさせていただきました。

自分を変えるきっかけですか。お釈迦様は生まれてすぐ七歩歩いて天上天下 唯我独尊
(てんじょうてんが ゆいがどくそん)と言われたそうですが、まず一歩踏み出す勇気を持ち、
自信を失わないことでしょうね。

千里の道も一歩よりです。ちょっとずつ変えていけば、月日がたてば、大きく変わって、
いるものですよ。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
御礼が遅くなり大変申し訳ございません。

「頑張れない・頑張って報われるか」問答一覧

「頑張れない・頑張って報われるか」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ