お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

幸せになれなかった人生

12月18日 突然父が息を引き取りました。71歳。
今月の23日は誕生日。
あと数日だったのに、もうすぐ今年も終わるのに。
目の前にいたのに私は父の異変に気付けなかった。
布団から起きた父は ゴミ捨てや 大好きな食事作りをする、と 。けれど風邪が長引き呼吸が苦しそうだったので強く止めたら ふてくされ(たように見えた)炬燵に横になった上 足で炬燵下の床を八つ当たりのように大きな音たてました。強い言葉で注意すると静かになったのでふて寝か?と呆れましたが まさか呼吸が止まってたなんて‼️数分後 顔をみたら真っ青になって 舌が飛び出ており
いくら起こしても目覚めず 慌てて救急車を呼び救急搬送しましたが、もう手の施しようがないと、

母と私は心臓が動き終えるのを見てました。
父は糖尿病と心臓疾患を併発していた。あの足のバタバタは発作で苦しかったんだそんな事にも気付けないなんて!何てことをしてしまったのだろう…
糖尿病を患い心疾患の他に片耳が聞こえなくなってきて診察時になかなか先生に話せずやっと伝えた時には完全に手遅れになってしまい、最近は
言葉ひとつも更に聞き取りにくくなり 会話が何度もずれてしまうばかりではなく活気無くヨロヨロする姿に発破をかけるつもりが 母も私もついイライラしてひどい言葉で傷つけてしまいました。
父は生活費の面で母に負い目があり、母に対して我慢が多かったかもしれません。
父には兄と妹がおり 妹には両親の遺産を一方的に手に入れ逃げるように引っ越ししてしまい いいようのない怒りと裏切りを味わってしまい、母は事あることにどうにもならない義妹への怒りを父にぶつけてしまいました。
兄は先週亡くなってしまい父は風邪を押してお通夜に参列しましたが、兄の息子は実の弟に対し告別式は出なくていいと言われ更に生きる気力が削がれてしまったかのように、食事が摂れなくなってしまいました。夜中にはすすり泣いていました。責められたり 裏切られたり何度生きていてもしょうがないと 絶望したことでしょう。母は自分と一緒にならなければ…と涙を流し
私は 何の支えになれなかったことを 悔やんでいます。好きだった歌番組、ささやかだけど暖かい食事、よく着ていた服、いつも被っていた帽子…
生活してきた物を見つける度悔やみます…

有り難し 33
回答 1

質問投稿日: 2018年12月20日 4:29

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お父さんの人生、虚しかったはずがない。あなたの存在が証明よ。

そぅ。。。そんなことがあったのですね。
苦しかった瞬間を想うと、すぐ近くにいたのに、なぜ気づけなかったのかと、悔やまれるのね。お父さんの人生を想うと、不憫になってしまうのね。。。

今ね、あなたの言葉に、私も、あなたのお父さまの人生に想いを馳せています。
生きていたら、いろんなことがありますね。
もしかしたら、誰かと繋がるから、いろんな経験をし、その人柄になるのだろうね。

お父さまの人生を、生き方を、あなたは、側でちゃんと見てきた。こうして、お父さんの命を想い、悲しみもまた、あなたが お父さんから 命を受け 愛を与えてもらったからよ。
そんなお父さんの人生は、虚しかったはずがないわ。お母さんや、あなたという愛する存在が、ちゃんとこうして生きている。お父さんの大事な家族。お父さんと お母さんが、出会ってくださらなかったら、あなたは ここに こうして いなかったのよ。
お父さんは、幸せだった。
最後の最期まで。

私も、あなたに出会い、お父さまの人生に触れることが出来ています。お父さんという素敵な人の人生を聞かせてくれて、ありがとう。
一緒に手を合わせましょう。
これからも、私たちの心の中に。
また、この世の縁が尽きたら、仏様の救いにより、お父さんに会いにいけるように。
あなたのそばに、仏様の救いも届いていることを忘れないで。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

中田三恵様、
心暖まるメッセージ、ありがとうございます。
お返事 遅くなって 申し訳ありません❗
昨日、ようやく自宅に父が帰って来ました。
父が逝去した直後から様々な手続きがありましたが法的な手続き仏事の知識がこの歳になって恥ずかしながら皆無で、ほんの数日の事でしたが、大袈裟にも 長い時間だったな、と痛感してしまいました。
中田様から頂いたお言葉を 何回も何回も読み返しています。お陰様で 私は 父がお骨になって帰って来るまで 冷静でいられました。
母は 息を引き取った直後から、ショックと喪失感で、一時的に混乱していた状態でした。今でも多少食欲は出てきてきてはいれのですが 私の前で何とか自分を保とうとはしています。自分もいつ死んでもいいとか言って、話は父の思い出話、自分を残して死んだ父への恨み事ばかりです。しばらくは言いたい事好きなだけ言ってもらおうと、思っていますが、あまりにもマイナスな話が多いので、マイナスに浸りきらないよう 言っていますが、年齢的なものもあるし、しかたないですね…
中田様、私は以前仕事が上手く行かなくて、その為 その当時同僚だった職員全員から皆に つまはじきにされ、仕事をさせてくれなくなりました。私はミスが続き 引きずり更にミスがひどくなる日々に心がえぐれていきました。上司をはじめ社員全員に私は病んでるハスノハのお坊様に何度も質問させていただきました。中田様、沢山のお坊様にアドバイスを頂き一からやり直すつもりで挑みました。でも、何もかもが遅かった。
取り返しがつかなくなるほど仕事も、私自身も
自らこわしていました。5年かけて…私はこの時ほど生きていたくないと思うほど失望していました。私はハスノハでは全て私が悪いと書きましたが、内心は当時の職員たちを憎んでいました。心が毒で冒されていました。でも この醜さは後悔したくなかった。自分こそ消えてしまえばいいと思ってましたが、元同僚たちにも怒りがあったのも確か。でも、今思えば
その歪みが自分を救った気がします。
父も憎しみ持った人間がいます。何とかしたい、とは言っていました。が、生きるエネルギーにできずに、諦めてしまった気もしました。
いえ、勇気が持てなかったのかもしれない。家族で、楽しくすごせた日々も沢山あるましたが、父の描いていた望んでいた希望とは、ずれていたのかもしれない。父もどこか虚しさという無念さから抜け出せず力尽きてしまったのではないか、
そう思えてなりません。
今回の相談から、人間とは、人生とは、生きるとは、お金とは、後仏事について これからも質問を立てていこうと思います。

申し訳ありません❗前にした質問(解決ずみ)を被せて長々とお話しし 訳の分からない内容になってしまい 大変失礼いたしました。
文章が出来上がってないうちから誤って送信してしまいました❗❗
重ねてお詫びいたきます。

今回は本当にありがとうございました❗

追記します。
中々と父の気持ちになったつもりで書いてしまいました…私も 思い込みが激しいところがあります…ただ人間だから欲望がつまった煩悩なのかな、と。 煩悩…ネットで調べてみましたがいまいちよくわからません。煩悩についても、次回質問や既にある回答を読んでみようと思います。

※あちこち 誤字だらけですみません。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ