お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

元カレが言った言葉が忘れられません

付き合っていた彼に、別れ際はかれた暴言が許せません。交際中私の父が亡くなったのですが、彼はお悔やみすら言ってくれませんでした。後々聞くと、私には愛情がなくなっていたからだということです。確かに49日が終わる頃にふられました。しかし、その際、『お前の親が死のうが関係ないし。実際自分の親は生きてるし、親生きてる身分でお悔やみ言っても苦しみがわからないから仕方ない』と言われました。弾みで言ったとしても、どうしても許せません。まだブスとか本気じゃなかっと言われたほうがましです。できるなら同じ苦しみを味わって欲しいです。私は心が狭いのでしょうか?

恋愛相談
有り難し 26
回答 2

質問投稿日: 2019年2月7日 16:16

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

藤川 誠海

いつまでも相手に縛られてしまいますよ!

質問読ませていただきました。

大切なお父さんを蔑ろにされた気持ちになられたことでしょう。心中お察しいたします。

さて、なかなか相手の本性というのは見えないモノです。付き合ってる頃は優しかったのに、結婚した途端に乱暴になって、すぐ離婚してしまう方もいらっしゃいます。
2、3年同棲して相手を見て、「この人なら」と思って結婚したのに、結婚した途端に豹変して結局離婚してしまった方もいらっしゃいます。
このように、相手の本性はなかなか見抜けないモノです。

みみさんは、お父様が亡くなられたことによって、相手の本性を知ることができました。「交際中に愛情がなくなっていた」という相手の言葉が本当かどうかは分かりませんが、人の痛みや悲しみを理解しようともしない方との縁を切ることが出来ました。
これは、きっとお父さんが「その人はやめときなさい、もっと素敵な人を選びなさい」と、助けて下さったんじゃないでしょうか。

ですから、いつまでも相手への怒りに支配されたままというのはとても勿体なく感じます。相手への怒りに支配されるというのは、言い換えれば相手に心を縛られているということです。
せっかく縁が切れたのに、怒りによって相手と繋がって心の自由を奪われているのです。
そして、怒りの心は自分の目を曇らせますし、似たような心持ちの人をいつの間にか引き寄せています。

このように、知らず知らずのうちに自分自身を苦しめてしまっているんです。あまり自分を傷つけず、心を解放してあげて下さい。
そして安らかな気持ちで澄んだ目で、みみさんのご両親を大切にしてくれる素敵な方を探してみて下さいね。その素敵な方と共にお父さんに向かって手を合わせてあげる事が、何よりの供養となりましょう。
また、そんな素敵な方と出会えたきっかけをくれた元カレに、「色々あったけど、あなたのおかげで私は幸せになれた、ありがとう!」と気持ちよく感謝できるような人生を歩めたら、本当に素晴らしい事ですね。

何か少しでも参考にしてみて下さい。

12日前

拝読させて頂きました。

その方がご両親様がお亡くなりになった時でないとあなたのお気持ちを察することはできないかもしれませんね。やむを得ないですけれどもその方には人の悲しみや辛い思いを想像したり思いやるお気持ちが働かないのですからね。

その方にとっては言葉にあるような感覚しかないのでしょう。

経験してみなければわからないこともあるのです。

その方への怒りや恨みはスッキリ忘れてしまいましょう。

どうかお父様を素直なお気持ちで真心込めてご供養なさってくださいね。

お父様はいつでもどこでもあなたをこれからも見守っていてくださいますからね。

12日前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。ずっと父をバカにされたような気持ちになり、辛かったです。今はまだ別れ際にはかれた光景が頭にこびりついて離れません。初めは優しかった彼をこんな人間に変えたのは自分ではないかとすら思えていましたが、気持ちが軽くなりました。

ありがとうございます。実は私は最近まで彼に執着していました。理由はわかりません。付き合いはじめの頃の優しさにすがっているのかもしれないし、好きだからという気持ちがまだあるからなのかもしれません。でも、そう言い放った彼が本当の彼の姿なのですよね。残念ながら。早く忘れ、彼を許し、彼の両親が亡くなったときは心から悔やんであげられる人間になれるよう成長します。

関連する問答
このページの先頭へ