hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

だから結婚したくないんだって(泣)!!!

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

どうも。 先日「第一印象が良い人しか好きになれずいつも失敗します(中略)こんな自分はおかしいでしょうか?」といった相談をさせて頂いたものの、丸一日経っても回答がありませんでしたので削除しました。 が、今回は単刀直入に書くとまた昔の職場の対人トラブルがトラウマになってるという相談です。
父が死ぬ少し前(その当時自分は無職で弟は一人暮らしでした)、やはり先立つものがないと不安だと思い在庫管理のバイトを始めました。そういう職場にはえてして一人で黙々と作業に集中できるからその仕事を選んだと言う人が多いと聞き、実際居心地はとても良かったです。 しかし、失礼ですけど度を越して馴れ馴れしい人も中にはいてそこには二人いました。どちらも女性で同世代の40代でしたが、一人は既婚で見た目も若々しく、もう一人は独身で口が軽いクセの強い人でした。 自分は前者からいつも小バカにされ(本人は自覚してなかったと思いますが)後者の女性からは何故か気に入られて強引に連絡先を交換させられ今でもたまに連絡が来ます。彼女は自分が同僚達に後ろ指を指される事も独身な事もあまり気にしてないものの前者の女性とは互いに嫌い合ってました。ある時、不本意ながら後者の女性と休日一緒に出掛ける事になりましたが、休憩中に『アキラさん知ってる?○×さんて‥‥××さん(同僚男性)と付き合ってるんだよ~♪向こうも結婚してるのにね~(笑)もしバレちゃったらどうする気かな~??』とニヤニヤしながらぶっちゃけられ唖然としました。 女性はともかく男性の方は真面目そうでとてもW不倫なんてしそうに見えず、彼女お得意の妄言だと思ってました。しかし数週間後、父の入院が長引いて母の精神状態も急激に悪化し、仕事と家事の両立は難しいから残念だけど辞めるかもしれない、と上司に言いに行こうとする途中で知らない女性にいきなり『あなたここの社員?なら○×って女知ってる?それと偉い人はどこ?言い忘れたけど、私××の妻です‥。』と言われ、恐る恐る事務所に案内すると案の定、昼ドラの様な修羅場と化しました。結局退職しましたが、二人が堂々と不倫(仕事中にイチャイチャも)してたのを実は自分以外の関係者全員が黙認してたと後に知り心底うんざりしました…。

辞めた事は後悔してないものの、さすがに後味が悪いままでスッキリしません。 何卒ご助言お願いします。

2019年6月23日 14:50

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一線を引いて

拝読させて頂きました。
おっしゃるようなことは確かに世の中に渦巻いていますね、会社に行っても本業を忘れてそのようなゴシップ話しでヒソヒソあれこれ言い合っている姿は本当に愚かしいと思います。
とはいえそのような話が好きな方は沢山いらっしゃいます。
だから雑誌も売れたり昼のニュースやバラエティ番組ではやたら報道されて視聴率を稼いでいるようにも思います。

ただやはりそのような悪しきこと、それにまつわること、そのことを面白半分ではやしたてるようなことはやめるべきでしょうし、できるだけ距離を置くことが望ましいと思います。

お仕事先から離れたでしょうからもうそこから一線を引いたとは思いますので、スッパリとリセットなさることが望ましいと思います。

どうぞ気持ちを切り替えて新たな気持ちでこれからの仕事や未来にお向き合いなさって下さいね。

あなたがこれからの日々愚かなことから一線を引いて豊かな心で充実した毎日を過ごしていかれますようにと切に祈っております。

2019年6月23日 16:40
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

こんにちは。 失礼ながら、かなり早い回答で正直驚きました(汗)。でも、嬉しかったです☆

退職して職場を変えたところで、質問文に出てきた「後者の女性」からは相変わらず月に数回連絡が来ては毎回必ず「前者の女性」への罵詈雑言を一方的に聞かされていますし、既にお気づきになられてたかもしれませんが、○×さん=前者の女性だったんです。だからこそ、後者の女性に彼女がW不倫してると聞かされた時もどうせ根も葉もない噂を広めて嫌いな人の評判をしようとしてるんだな、何て大人げない人なんだろう……と、内心では思いましたがそれが真実だったばかりか、よもや自分が泣く泣く退職する意志を伝えようとした矢先に赤の他人の夫婦喧嘩(?)に巻き込まれるだなんて思いもしませんでした。

お陰で、前者の女性は相手の男性の奥さんを事務所に連れてきた自分を最後まで許してくれず(じゃあそもそも不倫するなよって話なんですけど)、後者の女性は自身の行動に自分が辟易してるとはこれっぽっちも気づいてない様で、かと言って彼女は父の葬儀にも参列(職場を代表してとかじゃなく、あくまで個人的に)してくれた恩がありますからさすがに無下にはできず、どちらかと言うとその事の方が悩みの種になってます。 ちなみに、前者の女性と不倫相手の男性は何と共にまだ同じ会社に勤めていて、しかも女性の方はどうやら離婚を免れたらしく、よって二人はまだ「悪しき関係」を継続してるとかで(男性はやっぱり離婚回避できなかったもののフリーになった事で開き直ったんじゃないかと、後者の女性は言ってました)、つくづく結婚の意味について考えさせられる一件でした(苦笑)。

最後に、回答ありがとうございました。

お恥ずかしいですけど、評判を下げようとしてる、と書いたつもりが「下げ」が消えてました、申し訳ありません。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る