hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

娘を亡くした寂しさとの向き合い方

回答数回答 2
有り難し有り難し 33

はじめまして。自分の心の中でまだ整理しきれずにいることを想いのままに書かせていただこうと思います。まとまりのない文章になってしまうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の年末、第4子となる私の可愛い可愛い娘が亡くなりました。生後3ヶ月でした。

娘は妊娠20週頃の検診で心臓に異常が見つかり、その重症度から「この子は生まれることが出来ない」と言われ中絶を勧められた子でした。
それでもお腹の中で元気に動く娘を私はどうしても諦めることができず、小児心臓の専門病院を受診。そちらで、生後すぐに手術が必要になるが元気になる可能性もある、との診断を頂き無事に出産することができました。昨年の9月のことです。

妊娠中に中絶を勧められた時のあの絶望感を、、、心臓に異常を抱えながらも、なんとか元気に生まれてきてくれた娘を抱きしめながら何度も思い出しては、何度も泣きました。
なんて重い、なんて尊い命なのだろうかと。

その後、生後2ヶ月の小さな小さな体で、3度の心臓手術を受け、懸命に闘ってくれたのですが、奇跡は続かず、生後3ヶ月と2日で娘は旅立ってしまいました。

1度目の手術から亡くなるまでの1ヶ月間はずっと眠っていたので、元気に動く娘と過ごせたのは2ヶ月間だけでした。

先にも書きました通り娘は第4子です。上の子たちにとっても妹の誕生は楽しみでしかなく、子どもたちが抱えた悲しみの大きさを思うと張り裂けそうです。
また主人もとても子供たちを大切にしてくれる人なのでその悲しみを思うと…

ですが本当は、私自身の悲しみの感情がうまくコントロールできずにいるのです。
他の誰でもなく、こんな私を母として選んで来てくれた娘。10ヶ月間私のお腹の中で一緒に過ごし、一緒にお産を乗り越えて生まれてくれた娘。病気を抱えている事は分かっていたから、心のどこかでいつかはお別れが来るかも…と覚悟はしていたけれど、でもやっぱり寂しい。悔しい。会いたい。もっともっとたくさん抱っこしたかった。もっとずっと一緒にいたかった。成長する娘を見守りたかった。
上の子たちや主人の前で、いつまでも泣いてちゃダメだと、いつも気持ちに蓋をして、娘が亡くなった事さえも納得しているかのように振る舞ってしまいますが、本当は今でも寂しくて悲しくて、辛くて仕方がないのです。この気持ちとの向き合い方を教えて頂きたいです

2020年7月15日 0:50

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

厳粛な問いを娘さんから頂いている。手を合わす中で出会い直す。

どれほど、辛い事かと思います。その悲しみは、私には想像しようとすることは出来ても本当には分からないと思います。子供が亡くなるほど親にとって辛いことは無いと思います。ただ、娘さんに手を合わせることしかできません。一緒に悲しもうとすることが唯一出来ることなのかなと文章を読ませて頂き思いました。
まず、私たちはどうしてこうなったんだと考えたり、運命だったんだとか、理由を探そうとしたりしますが、それは誰にも分りません。色々な縁が重なった。それだけです。本当は私たちの命は明日をも分からない命です。最近私も、コロナにかかったら本当に今日にも消し飛ぶ命なんだなという事が実感されます。

ですから、娘さんはとても大切な命の事実を私達に教えてくれたのではないでしょうか。それはあるがままの事実です。

その上で、仏教では、長く生きたから意味があったとか、早逝だったから価値がなかったなどということは言いません。どんな命も、厳粛な命を生きられたのです。命は私たちの想いを超えたものですね。なぜ私たちがここにこうして生きているのかも分りません。だから、娘さんはたった3ヶ月と思うかもしれませんが、厳粛な命を生ききった。すごい事です。さっきも言いましたが、それはより長く生きた私たちと本来的に何も変わりません。

お釈迦様の時代にキサーゴータミーというお母さんがいました、最愛の息子を亡くし死を認められず、生き返らせてと走り回ったそうです。お釈迦様は「生き返らせるからケシの種をもらってきなさい、ただし一度も死人が出ていない家からですよ」と言いました。キサーゴータミーはあらゆる家を周り、人は必ず死ぬという事実を受け止めました。その後彼女は「人が必ず死ぬということは分りました、しかしこの辛さを抱えてどう生きていったらいいのかわからないのです。」と言いました。キサーゴータミーは正しい問いを得て、道を歩んでいったそうです。生き返らせるというのは問いの方向が間違っていました。仏陀は正しい問いを持たせ共に悲しんだのです。

浄土真宗では、亡くなられた方は仏様として私たちを見守ってくれていると考えます。手を合わせる時にいつでも娘さんと出会い直すのです。あなたは娘さんから、厳粛な問いを頂いていると考えて行くことができるのではないでしょうか。
あなたもまた厳粛な命を生きています。またいつでもハスノハに相談して下さい。

2020年7月15日 1:46
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土真宗本願寺派の僧侶です。宗門の学校で5年間「仏教」の授業を担当してきま...

時間はかかるかもしれませんが、ご一緒に、がんばりましょう。

わが子を亡くされた悲しみ。
 わたしも、この1月に、中学一年生になる息子を亡くしました。
 私も、頭では、「息子は、お浄土で菩薩となって、阿弥陀仏の御仕事のお手伝いをしている」「私たちといつも一緒である」とは、理解しているつもりです。
 でも、やはり、「どうして亡くなってしまったのか」「可哀そう」「息子が死んで、どうしてこの自分が生きているんだろう」という思いも、同時に沸き起こっています。
 そんな私が、アドバイスできるかどうかわりませんが、一言、お話させて下さい。
 先ほどのように、今の私は、「お浄土で菩薩となっている息子」という、息子の死を受け入れた「これから」の思いと、「なんで死んじゃったんだろう」という二つの思いの間を、行ったり来たりしています。
でも、「可哀そう」という思いを抱えながらも、少しでも長く、「お浄土に居る息子」の方に心が向けられたなら、それは「死を乗り越えられた」ということになるんだと思います。
 実際には、私も、家族の前では気丈に振る舞っています。子どもたちに悲しい顔を見せるわけには行きません。
 しかし、息子の祭壇に手を合わせる時には、一対一で対話をします。その時は、色々な事を話しかけたり、時には涙することがあります。
 親より先に子が亡くなるのは、そうそう多くはないけれども、しかし、実際に、厳然と、必ず起こり得ることなのです。
 私のお寺の檀家さんに限っただけでも、我が子を亡くされた方は、結構いらっしゃいます。
 その方々は、幼い我が子を亡くされてから、ずっと亡き子に手を合わせることで、「子亡き後」をしっかりと生きてこられました。
 その方々は、私にとっては、人生の「先達」だったのです。
 どうぞ、お子さんに手を合わせることを習慣にして下さい。そのことで、徐々に、「正気」を取り戻して行きましょう。
 時間はかかるかもしれませんが、ご一緒に、がんばっていきましょう。

2020年7月15日 13:23
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


ごくふつうのお寺の住職をしています。

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。3ヶ月というとても短い時間でしたが、それでも懸命に生き、私たち家族にたくさんのことを教えてくれた娘を本当に誇りに思います。
ずっと自分の思いと素直に向き合う事を避けてきたので、想いのままに気持ちを言葉にし、その思いを受け止めていただけたことで少し気持ちが軽くなったような気がします。もしも来世というものがあるとするならば、その時にはまた娘と親子になりたい、その時には元気な体で産んであげたい。そう思いながら今日も娘に手を合わせ出会い直したいと思います。
ありがとうございました。

ご回答ありがとうございます。3ヶ月という短い時間ではありましたが、私の子として生まれてくる事を選んでくれた娘には感謝しかありません。娘も同じように、私の子として生まれてきて良かったと思っていてくれたら嬉しいです。
娘の死を乗り越える、という事ができる自信は正直ないのですが、確かに私の娘として力強く美しく生きた娘と共に、今後の私は生きて行かなければと思っています。
ありがとうございました。

「寂しい」問答一覧

寂しいです

私は友達も彼氏もいません。私の唯一の話相手が母でした。その母も難病を2つ抱えていて、心臓と目が悪く介護が必要な状態でした。それでも私の話をよく聞いてくれました。その母が先月から入院し、認知症の症状が出てきてしまいました。コロナの影響で面会は出来ないので、母の様子は電話でしかわからないのですが、作り話をしたりするようになってしまっています。 元々、母が入院して話相手がおらずにとても寂しいのですが、最近、母の様子がおかしいため、電話をしても寂しさが消えず、ただ不安だけが募ります。一層孤独感が増します。 お金もないので、母とのこの先の暮らしも不安です。 父は全くの無関心です。相談するとうるさい!と怒り出します。 最近は、父の妹が精神疾患であること、母が病気を持っていることで「お前は絶対結婚できない」と言ってきたりします。 その言葉で、私は永遠に一人なのかなと絶望してしまいます。 ちなみに兄弟はいません。親戚は20年ぐらい会っておらず、連絡先もわからない状況です。 彼氏は、母が入院した7月ごろに理由も言わずに去っていきました。 孤独感を消すにはどうしたら良いでしょうか。 最近はずっと死ぬしかないと追いつめられています。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

寂しいのに、人が怖いです

はじめまして、あきらと申します。 長文ですがお許しください。 数年前のことです。モラハラをする父親と同じ思考回路が私の中にあること、そしてそれがたまに顔を出していることに気が付きました。 それ以来、「父と同じような言動」をとってしまうことの無いよう神経を張り巡らせ続けてきたのですが、「もしかしたら無自覚のうちに相手をなじっているかもしれない」といった恐怖心や、うまくコントロールできなかったときの自己嫌悪感などが増し続け、今現在友人はおろか家族とも距離を置いてしまっています。 自ら距離を置いているというのに、募る孤独感に押しつぶされそうになることが多々あります。この孤独感は自分を律する努力をしなくて済むことへの対価だ、と言い聞かせても何も変えられませんでした。 それならいっそ人と関わってみようと思うときもありますが、やはり自分の言動により相手の心や人生を損なってしまうことへの恐怖に射すくめられ、結局閉じこもることを選んでしまいます。 我ながら独善的だし、拗らせていると思います。 私は人と健全に関わりたいです。誰かと楽しく笑いあいたいです。 解決のためには何をしたらいいのか、どこから手をつけたらいいのか分からず、毎日苦しいです。 お叱りの言葉でも構いません。どうか、何か教えて頂けたらと思います。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

母親が寂しがり屋です

わたしは現在大学4年生の女です。 母親がかなり寂しがり屋&癇癪持ちです。 また、母親はわたしが高校生のときにうつ病を発症しています。 昔から母親はずっとこんな感じなので、もともと精神があまり強くないほうなんだと自分では飲みこみ、がまんをしてきました。 また、機嫌が悪くないときは優しい母親で、わたしが生まれてからから高校生までは一生懸命家事をしてくれたので、その恩もありますし、愛情も受けて育ちました。 しかし、大学生になってくると私自身が社会の厳しさを知り、外でストレスを受けることが増えてきました。 こんな時にうちに帰って、母親の機嫌がわるく、怒鳴られたり、お弁当を投げつけられたりすると、なんだか自分は生きていけないのではないかという気持ちに襲われることがあります。 前にお弁当を投げられたときは「すごく怖いな」 くらいで済んでいたのですが、最近そのようなことをされると、すごく心臓がドキドキして、上手く生きていけるのだろうか、という気持ちになります。 怒鳴られることがほんとうに怖いです。 母親のことは決して嫌いではありませんし、むしろ愛情をもって育ててくれたことに感謝しています。 わたしが友人と出かけることが増え、母親が寂しいきもちもわかるし、わたしもなるべく母親との時間を作ろうと週末は必ず空けるようにしています。 ですが、いままでない気持ちに襲われることが増えたので、自分が自分ではなくなってしまうんじゃないかと怖くなりました。 こんなにわたしは母親を一生懸命理解しようとし、向き合っているのに、どうして母親はわたしは平気で傷つけるのだろうと虚しい気持ちにもなります。 どうすればうまく母親と付き合っていけるでしょうか。 付け加えると、母親は自分が良くない話をされると怒るので、話し合いでものごとを解決することは難しいです。 いままで誰にも話したこともなく、バレないようにしてきたことですが、自分が壊れないようについにここで相談しようと決めました。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

寂しいです

寂しくて仕方がないです。 プロフィールにある関係で寂しくつらくなっています。 もともと引きこもり期間が長く 友達もいないのでその男性からラインの返事がないことで 苦しくなっています。 3がつころまでカウンセリングにも通っていて 引きこもり状態だからまずはアルバイトをしよう、 そうすれば少し彼のことを忘れられるだろうという話だったのですが 忘れられません。 仏教を学んだりここの他の方の問答を何度もよんで 彼にメッセージをしないようにしようとするのですが 我慢しても二週間くらいが限度でメッセージをしてしまいます。 ひとりぼっちで寂しくて苦しいです。 彼に「返事がないのは悩んだりつらくなったり後悔してるからなの?」 と聞いたところ 2月ごろ私があまりに毎日泣いたり日常生活が流れてないことから 親にきかれて相手が誰か話したことがあり 「それが傷になって未だ克服できていない」と返事がきて つらくなっています。 親に話したというとき家族にぶたれたりしたので 彼に伝えて電話したのですがそのとき彼は 「裏切られたと思った」と話していました。 彼は今も裏切られたとおもってるのかな という思いもよぎり悲しくなります。 あまりにさびしくてメッセージの返信を流されるから つらくて家族に相手が誰か話すまでなったのに。 もうまってもあえないんだなとおもって苦しくなっています。 何年も続ければいっしょにいられると思いこんでいました。 結婚したいと思ってました。 10年続けても法的に無理だと最近実感して認識しました。 ひとりぼっちです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

母を病気で亡くし毎日が寂しくて辛いです

病気で闘病中だった最愛の母が天国へ旅立ちました。治る見込みが無い難病だった為心の準備をしていましたが先日容態が急変しそのまま帰らぬ人となってしまいました。まだまだ人生これからという歳なのに、好きで続けていた趣味などを闘病の為に諦めなくてはならず、気落ちしていた姿を思い浮かべるだけで涙が止まりません。しっかりしていて優しくていつも頼りになる自慢の母でした。これからの私の人生に母の姿はもういないと考えてしまうと悲しい気持ちで心がいっぱいになってしまい、何をしても「悲しい」「寂しい」と思ってしまい泣いてしまいます。これから先の自分に結婚などの嬉しいことや楽しい未来があったとしても、それを一番に報告したいと思える私の母はもういません。毎日が悲しく、生きていたくないなと思う様にもなってしまいとてもつらいです。自分が後を追って死んだとしても母はそれを喜ばない、頑張って生きてくしかない、勿論それは分かっています、でもただただ何をしてもつらいんです。容態が急変する前にもっと沢山話しておきたかった、お花見にも連れて行ってあげたかったなどの後悔が消えて無くならず、できる時にそれをしてあげられなかった後悔がどんどん大きくなってきます。気持ちの整理もできません。何をどうすればいいのかも分からず書き込んでしまいましたがどのようにすれば気持ちの整理ができますでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

寂しくて寂しくて仕方ありません。

妻も子供も友人も信頼も仕事も家も、何もかも全て失ってしまいました。今は子供達に会えないことが一番寂しいです。近所の子供達を見ると思い出して涙がとまりません。自分の過ちでこうなってしまったので自業自得です。寂しさを紛らわすために毎日毎日散歩へ出掛けます。景色を眺めたり幸せそうな家族を眺めたり、散歩へ出掛けても泣いてばかりです。実家に帰り実母と一緒に生活するようになり、母にはあまり泣いている姿や心配を掛けたくありません。話し相手や相談相手もおらず孤独の恐ろしさに押し潰されそうです。そんな中このhasunohaの相談サイトを見て相談にのってもらっています。何も知らない方と繋がれることでホッとします。こういった相談できる機関やインターネットなどのサイトを色々探してみたりもします。最近はよく神社へ足を運び、自分の過ちを後悔しながら家族の安全を見守ってもらえるようお願いしています。気軽に足を運べるようなお寺もあれば足を運びたいです。寂しく寂しく仕方ない、相談できる人もいない、そんな相手もいない、そんな時皆さんはどうしているのでしょうか。私は全てを失いましたが、母もいて住む家もあり、まだ恵まれているほうです。身寄りもなく家もなくお金もなく頼る人もいない、そんな方は世の中に大勢いるはずです。そんな方はどうやって寂しさ紛らわせているのでしょうか。私は強がっていただけの弱く情けない人間だったと感じています。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る