hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

亡くなった人について

回答数回答 2
有り難し有り難し 11

亡くなった両親の骨や髪の毛をとっておくことはあまりよろしくないのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

2024年6月3日 21:48

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたが大切にしている宝物はありますか

多かれ少なかれ、誰しも大切にしているもの、したいものはあると思います。もしかしたら、それは他人にとってガラクタに見えるものかもしれません。でも、自分にとって宝物になるものに、他人の評価は一切必要ありません。大事にしたいと思うものを大事にする。「お骨と髪の毛を取っておきたい」素晴らしいことじゃないですか。自分の気持ちと向き合って大切にしていただきたいね。
ご両親は成仏されているので安心ください。

2024年6月3日 23:21
{{count}}
有り難し
おきもち

拝見させて頂きました。宗派的な考えは分かりませんが、少なくとも収骨するということを考えるとお骨をとっておくことに当たるわけですから、悪い事だとは思いません。大切な方との思い出を思い出すために必要なら大切にする、ということもありだと思います。ただこの解釈は私個人のものかもしれませんが、納骨は故人への執着をやめることでもあるのかもしれないなという思いもあります。もちろん、納骨自体は亡き人を土に還すという行為だと認識していますが、不思議なもので風化という言葉の通り、お骨を手元に置いておいても自然となくなっていくのです。多分それが風化だと私は思っています。そこから学ぶべきことがあるとするなら、執着してはいけない、ということなのかなと思うのです。解釈は色々でしょうが、私はあーたんさんの思いは大切にしていいと思いますよ。  合掌

2024年6月4日 13:24
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗大谷派の僧侶です。2024年4月25日にこちらに登録させて頂きました。...
このお坊さんを応援する

「その他」問答一覧

愛鳥を死なせてしまいました

13年間一緒に暮らしていたオカメインコのおうちゃんを金属中毒で死なせてしまいました。 亡くなる前日の朝、仕事に行く前の放鳥タイムが触れ合った最後でした。その日は、帰宅したら既に夫が寝かせていたので会うことはなく、翌朝、いつものように、おはよー!と声をかけながらおうちゃんの部屋の扉を開けて、 ケージの下にうずくまるおうちゃんを発見しました。既に亡くなってました。 真っ暗な部屋で、一人ぽっちで、苦しかっただろう。おうちゃんは必死にバタバタしたはずなのに、全く異変に気づかずのんきに私は寝てました。 亡くなる2日前の放鳥時に、おうちゃんが何やら楽しそうに遊んでた場所に、金属の粉のようなものが落ちてて、おうちゃんがその粉を口にしたであろうことに気付いてたのに放置しました。その時点でネットで調べれば金属中毒のことを知ることができたし、すぐ病院に連れて行ってれば助かったかもしれない。 私の怠慢のために、おうちゃんを死なせてしまった。 自分が許せなくて苦しい。 でもおうちゃんはもっと苦しい最後だった。真っ暗な部屋でひとりぼっちで。。 おうちゃんはこれまでずっと元気で、ほとんど大きな病気もしなかったから、これからも楽しく長生きできるはずだったのに、私が命を奪ってしまった。 初七日を迎える日の夜、おうちゃんの部屋で眠ったら、夢におうちゃんかな、オカメインコが出てきてくれました。 いまさら後悔してもどうしようもなかろーもん。 前に進みなさいよ! と言われた気がしました。 でも、あの朝うずくまるおうちゃんを見つけたときのことを思い出して胸が苦しくなります。 おうちゃんは、私たちを13年間幸せにしてくれたので、間違いなく天国に行ってると思います。 いつか前を向くことができるでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

立場を変えて書き込むのがやめられない

日常生活で腹立つことがあると、その腹立つ相手になりすましてネットに書き込みをしてます 例えば私が妊娠中で電車に乗ったときに優先席の前に立ったのに誰も譲ってくれなくて腹が立った という状況だったときは 「優先席に据わってたら目の前に妊婦が立っていた。仕事で疲れてたから譲らないでいた」と書き込みます そうすると「妊婦さんは赤ちゃんのために座る必要があります。あなたは自分自身のためだけに座る必要ないのです」「仕事ができる人ほど周りに親切にできます。あなたは一生平社員確定ですね」 という回答が得られて気分爽快になります。 正直に「私は妊娠中ですが優先席の前に立ったのに誰も譲ってくれませんでした」なんて書き込めば「優先席はあくまで優先席で専用席ではないんです」「妊婦は望んでなるものです。不満ならなぜ避妊しなかったんですか」といった私に対する批判ばかりが集まってしまうからです。 どうして世の中の人はその人を批判することでしか意見できないのでしょうか 席を譲ってくれなくてつらい、という書き込みに「席は赤ちゃんのために必要なのであなたが席に座るのは当然のことですよ」といった共感するような意見はなぜ誰もしてくれないのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ