幸せは椅子取りゲーム?実は椅子の数に限りはない

世俗的な幸せは、確かに椅子取りゲームかもしれません。

しかし、無常であり、幻、砂上の楼閣のようなものです。
いずれ脆くも崩れ去るような砂の塔を作っているような感じです・・

そういえば、「砂の塔」というドラマと歌も最近にあったようですね。

まあ、世間で言っているところの幸せなど、真なる幸せではないと仏教では考えます。

もちろん、世間的な幸せになるためにも仏教は大いに資するものにもなりますが、そんないずれ崩れ去るような椅子に何も自ら好んで座る必要はありません。
むしろ、譲ってあげるぐらいの気持ちも必要です。

それよりも、悟り・涅槃という究極の幸せの椅子を狙っていきたいものであります。

また、その数に限りもありません。
なぜなら、その椅子は、自らで作るのですから。
世間の幸せの椅子もそうです。
自分で作り、自分で座ればよいのです。

幸せかどうかは他によって決まる、決めるものではなく、自らで決めていくようなもの。
良い結果へと向けては、自らによる良い因縁(原因と条件)の努力を。

引用元の質問: しあわせは椅子取りゲームな気がします。
みんな敵に見えてしまいます。
頑張らないとイスには座れません。
私はしあわせになりたいです。
回答僧:
おすすめの33秒法話

罪を犯した「自分を許す」ということ

死が怖いと泣く小1の息子。抱きしめてあげてください

悩みと精一杯向き合い続ける姿こそ尊い

いい人で終わる恋愛を終える。「ご縁」が恋愛を決める

自分の心の中に原因を探す。これを内観と言う

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ