お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

仏壇と神棚について

我が家には仏壇と地神さんの神棚とお稲荷さんの神棚があるんですが、今のところそれを設置してくれた親戚が毎年すべてを拝んでくれていますが、もうけっこうな歳なので、その人が亡くなった後、どうするものかと思っています。仏壇だけなら浄土真宗ですので近所のお寺をさがせますが、僧侶に神棚までお願いできますか?どちらも拝んでいただける方って、探せるんでしょうか?

有り難し 4
回答 1

質問投稿日: 2015年9月30日 22:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

宗派で違いますが…

しゃんぷう様

しゃんぷう様のお宅のお仏壇は浄土真宗との事ですね。
でしたら浄土真宗のお寺のお檀家さんであろうと思います。

私は真言宗なので浄土真宗の事は良くはわからないのですが
おそらく神棚を扱う事は浄土真宗のご僧侶はされないと思いました。

ですので、神棚も大事にされたいのであれば、地元のご神職(神主さま)にお願いするのが良いと思います。
しかし、確か浄土真宗は神棚を祀る事を奨励していなかったと思います。
檀家になっているお寺のご住職様にご相談されるのが良いのではないでしょうか?

真言宗では神棚も仏壇も参れますし、神様に関する祈りも伝わっております。
しかし、自分の家の先祖からの宗派を大切にして下さい。

2年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
80代のおばがすべてをおまつりしてくれているので、浄土真宗のお寺の檀家というわけではないのです。
ではやはり、仏壇はお寺に、神棚は神社にお願いするのがいいんですね。
まだ元気に来てくれてはいるので、おいおい考えようと思います。

関連する問答
このページの先頭へ