お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

神様の存在についての確信

初めまして。私は無宗教だと思ってはいますが、日本に生まれたため、儒教、禅、老子、仏教などの影響を強く受けており、また、ラルフ・ワルド・エマーソンも尊敬しているため、影響を受けています。しかしながら、色即是空、空即是色が私が認知できる世界の結論だと思っています。(演繹と帰納しか出来ない我々、人類の限界)

さて、本題ですが、私は、神様の存在を確信出来る体験をさせて頂きました。神様は、心にいらっしゃるという話を巷で良くききますが、まさにその通りで、メタ認知をこえて、確信できる出来事を起こしてくださいました。自分の存在のちっぽけさ、明智に対しての答えをそれなりに教えて頂いた気がします。そこで、質問なのですが、皆様は神様、あるいは仏様を、存在すると確信出来る体験などはなさっているのでしょうか?

運命・見えない力
有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2018年8月2日 19:56

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

仏様の存在論-仏様として見出す

神様については私はわかりませんが、あらゆるモノ・コトが「因(原因)・縁(条件)・果(結果)」による相互依存で仮に成立していると見る仏教的視点に照らすならば、運命の支配者や、世界の創造主のような存在としての神は存在しないというのが私見です。

では仏様はどうかというと、歴史上に実際に存在したのはお釈迦様ことゴータマ・シッダッタです。
私たちと同じ人間であるお釈迦様は覚りを開いて仏様になったわけですが、覚りとは目覚めです。お釈迦様は何か新しい概念を作り出して仏様になったとのではなく、お釈迦様が生まれる以前からあった真理(道理・法則)に目覚めて仏様になったのです。

そこで、お釈迦様をして仏様たらしめたものがあるという説が展開されていきます。三身(さんじん)説です。

法身:姿形を超えた真理そのものである仏身
報身:真理が慈悲として働き出る能動性・精神性に報いて得られた仏身
応身:私たちの能力や状況に応じて仮に現れた仏身

大乗仏教になると様々な経典に種々の超人的な仏様の存在が説かれますが、これはお釈迦様の教えによって真理に目覚めた仏弟子たちが、お釈迦様をしてお釈迦様たらしめた法身や報身について、説話(物語・神話)的表現をもって編纂・作成した経典であると思われます。
歴史的事実としてあった出来事ではなく、そこにそれぞれが出会った教えを表現したのですね。

ですから、たとえば宇宙の真理そのものとしての大日如来や、全ての生きとし生けるものを極楽浄土に往生させて救うと誓った阿弥陀如来などの仏様は、その仏様が実体として現実にこの世界に存在するのではなく、そういう「はたらき」をそれらの「仏様」として見出し、称し、そして敬っていくという存在論になります。その存在は歴史的事実ではなく「(私を真理に目覚めさせる)はたらきとして事実」です。

だから一冊の本や、私の嫌いな人や、私の大切な人の死という出来事や…まあ、あらゆるモノ・コトにおいてそこに仏様としてのはたらきを見出したのなら、「私にとって」という意味で事実として仏様は存在します。

その時大事なのはあくまでも私の側の体験や心情・感情ではなく私を目覚めさせた「はたらき」が仏様だということです。
私の側の体験や心情・感情は縁によって変わるウサンクサイものであり、確かな拠り所とはならないと浄土真宗では考えます。

1年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

真摯に回答して頂きまして、ありがとうございます。亡くなった祖父が、浄土真宗ですので何かの縁を感じております。
浄土真宗の視点で語って頂き、ありがとうございます。

「はたらき」を行う者、「はたらき」だと感じさせる者、そう思う様に心を動かす者こそが、神様だと思っています。
私の体験では、自分の思い、考えと思っていたのは自分ではなく、良い思いも、悪い思いも、多くの心の動きを神様によって動かされていたという事実を教えて頂きました。ひらめきや、虫の知らせなどはまさに神様による働きだと確信しています。できる事は、意志を持って”選択”出来る事だと思っております。

※仏様と書くと、ブッダさんが出てきてしまう様なので、人知を超えた力という意味で神様で統一しました。

正誤
×ブッダさん
○ゴータマ・シッダッタさん

「宗教について」問答一覧

「宗教について」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ