お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分で自分の幸せを遠ざけてる?

いつもお世話になっております。
考え方、心構えについて智慧をお貸しください。

私は将来を共にするパートナー、2人の親友、理解してくれる母親に恵まれ、その上、衣食住を不自由なくさせて頂いております。

とても幸せで感謝の気持ちで一杯です。

ですが、目を背けたくなる様な悲惨なニュースなど、自分は一切関与して居ないにも関わらず、悪い・悲しい・怖いニュースや話に一喜一憂してしまい、頭の中がその事で一杯になりネガティブな方へ引っ張られてしまいます。

直ぐに切り返せれば良いのですが、1週間以上思い悩んでしまったり、普段の生活を送っている最中に、いきなり思い出して落ち込んでしまったりしてしまいます。

思い出したら、考えない様にと別の事をし始めたりして、気を逸らすのですが堂々巡りになってしまい、あまりに辛いのでご質問させて頂きました。

大切な人と過ごす時間、自分一人で過ごす時間を大切にしたいです。
心ここに在らずの状態で過ごしたくないです。

自分が犯した罪ではないものに思い悩むのを止めたいです。

どの様にすれば、この様な悩みを解決できるでしょうか…

どうか、お坊さん方の智慧をお貸しください。よろしくお願い致します。

心構え・生きる智慧
有り難し 3
回答 1

質問投稿日: 2018年9月15日 22:49

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

慈眼

気づくこと

悲しい話を聞けば悲しくなる。幸せな話を聞けばこちらも幸せになるのは、人間の機能として当たり前に備わっています。
しかし、その時に感じた思いはその場っきりになっているはずなのです。
違う場所で思い出すことはあっても、それも、その時だけの話なのです。

あなたは、考え込む癖があるのでしょう。思いを握る癖。

思えたとしても。目の前のことに目を向けると、考えていることとまるっきり違う様子があるでしょう。目や耳、鼻、舌、身体は今の目の前の様子を拒むことなく受け入れています。どうですか?

その様子、今、体のあるここの様子にいることが苦しみからの解放につながります。どちらがリアルですか?
考え、思いの世界と、眼に映る世界。どちらを信じます?救いは、考え方にはありません。リアル、現実、実物世界にあります。そちらが真実です。
そちらの事実に参じることが、あなたの思いから離れる道です。離れようとか、集中しようとかする話ではないのです。事実は思いとは離れ切っているということに気づくことで救われるのです。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

邦元様、早速の御回答ありがとうございます。
「事実は思いとは離れきっていること」を胸にし、自分の身体で受け入れたこと、眼に映る世界を信じて日々過ごす事にします。本当にありがとうございました。

「幸せとは・幸せになりたい」問答一覧

「幸せとは・幸せになりたい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ