お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

私が不幸にしてるのでは

さっき、自分の日記を読み返していたら
1年前くらいから
「家族が病気などせず幸せでいられますように」と
よく書いていました。
家族が私に優しく接してくれて
感謝ばかりだと書いていました。

父母のお仏壇に手を合わせる時も
毎日、 ありがとうございますと
お守りくださいと手を合わせていました。

私自身、正直 ちゃんとした生き方を
してこなかったと自分でとても思います。
バチを受けても仕方ないと思える生き方でした。
だから父母、そして大切な子供と
私の周りの大切な家族が亡くなっていくのは
私のバチなのではと
心のどこかで考えたりしてしまうんです。
でも私のバチならば、夫にまでこんな苦しい思いを
させてしまうのはおかしいと思ったり…
私のバチなのに、一生懸命生きてきた
子供が受けることなんて なぜ?とも…
それとも、これから 私が一人ぼっちになる為に
バチが当たり続けているのでしょうか?
大切な家族に幸せでいてほしいと
私が願うことで かえって皆を
不幸にしてしまうのかとか
一人でいると怖くて悶々と考えてしまうんです

こういう相談をして
バチじゃないよと 許してもらおうと
している自分がいます。
それも 私の汚いところなんです

有り難し 26
回答 1

質問投稿日: 2018年10月19日 9:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

何のバチだと思いますか。

何のバチだと思いますか。

誰だって、幸せを願います。
病気にならず幸せに と。
でもね、この世に、病気にならず、老いもせず、罪もつくらず、生き続けていける人なんていないのです。
皆、その生涯を 懸命に もがきながら、手にしたものを離したく無いと執着しながら、生きています。
だからこそ、大切なものを手放すとき(たとえば若さや健康などね)、大切な人との別れがあるときに、苦しくなるよね。大切だったからこそ、悲しいものね。
でも、それが、不幸なのかな。
懸命に生きてきたことが、不幸かな。

この世で、誰かと出会い、家族になり、いろんなことがありながらも愛を育み、支え合ってきたことさえ、最後の結果だけで、全部、不幸にしてしまうのですか。

そう考えてしまえば、そこまでです。
でも、両親の娘であったこと、私を選び人生のパートナーとして 妻であったこと、子どもの親であったこと、みんな、あなたの存在が与えた幸せではないですか。

生き残っていく側も、辛いんだよね。
思い出しては、涙ばかりだものね。
ただね、必ずまた会えるのですよ。
あの世で。
仏教では、それは、極楽浄土であり、阿弥陀如来の願いの世界です。
だから、また会いましょう、阿弥陀さまに願われて、私たちも救われていきたいと、手を合わせるのです。

バチを与えるどころか、
そんな あなたを案じて、今 願ってくださる阿弥陀さまがいてくださることを、幸せと思いましょう。

私もね、たくさんの愛する方々を看取ってきましたよ。思い出すと涙が出ますが、だから大事に手を合わせて生きています。
あちらでお会いしたいからね。
会わせてくださる、阿弥陀さまに、頼って生きていますよ。
一緒に、手を合わせながら、生きていきましょう。
なもあみだぶつ と お念仏しながら。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

中田様、ありがとうございます。
一人で居ると考え込んでしまい
悲観的な気持ちで相談をしてしまいました。
お返事をいただきまして、感謝です。
涙が出ました。
亡くなった子供は、
病気になったことは
本人も無念だったろうけれど、
不幸な人生ではなかったと、思います。
沢山の人に愛され
むしろ幸せな人生だったと思います。
いただいたお言葉を何度も読んで、
子供に会える日まで 懸命に生きようと
あらためて思いました。
ありがとうございます。

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ