お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

脳にできもの、死、青春コンプレックス

脳にできものが見つかってしばらく経ちますが、陰性で動きはないそうなのです。
しかしいつ動くのかわからないし、場所が場所なので動いたら最悪障害が出るんじゃないかと思っています。
とても怖いです。

長生きしたくないので死ぬのはいいんですけども、今年で23にもなって女性との付き合いが一度もありません。
そもそも見向きもされないと思います。職歴学歴なにもかもないからです。
生まれて病気で死ぬだけなら何のために生まれたんですかね?俺の前世はごく悪人ですか。

歳をとるたびに求められる事が多くなっていく。なら、純粋に付き合える中学、高校の時に必死で作っておけばよかったと
4年ずっと言っています。疲れました。どうせ不可能だからです。

16と19はokで
17と20はng
ですからね、あハハハハ

体と心は一緒に成長しないといけないのに、俺は未だに心は中学生です、彼女欲しいなーと思いつづけて
体だけが大人、心は変わってません。

ハハハハ病気になって生きたい気持ちが出た後に
「でもお前恋愛してる中高生以下だろ」
という言葉が頭の中に浮かぶので結局死にたくなります。

もしかして一生青春コンプレックスで苦しむので俺をころしてくれる病気を何かからプレゼントされたんですかね?

嫉妬・蔑み
有り難し 26
回答 1

質問投稿日: 2019年1月5日 7:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

淨流寺

転落院

アシュリー・ヘギちゃん(享年17才)

キミはアシュリー・ヘギちゃんを知っているかい?
カナダのレスブリッジという町で、ずっと闘病してこられた少女だ。
彼女の冒されていた病は【プロジェリア症候群】という。先天性の遺伝子異常により、通常より8〜10倍の早さで肉体が老化していくという不治の病だ。この病気が発症すれば、平均寿命は13才だそうだ。アシュリーちゃんの場合17才まで生きていたから、若干長生きできた方だといえる。何よりも最初に驚くのは、その見た目だ。頭脳も精神もごく普通だから、普通に学校に通うわけだが、子どもたちの中にひとりだけ百ン十才の老体が混じっている。こんなマイナーな病気の上、まわりはガキンチョだらけだ。やはり、宇宙人、宇宙人とからかわれる事もよくあったらしい。しかし・・・。この先は、興味があればググるなりして、ぜひ調べてほしい。

ところで、この少女は「次に生まれ変われるとしたら、どうなりたいか?」というインタビューに、どう答えたと思う?

「次、生まれ変われるなら、またこの私がいい。なぜなら私は私の事が大好きだから。」

だそうだ。キミはこれについてどう考える?彼女は何に満足を得ることができていたのだろうか。明日死ぬなら、今日中にこの課題を解決していけ。これが、今生におけるキミの宿題だ。

<追記>
【自尊心】は大切だね。で、キミはどこでそれを得られるのか。あなたの幸不幸のものさしを一度ひっくり返して物事を見てみよう。応援してるよ。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
私が彼女の立場だったら堪えられないと思います、私には自尊心が無いので。
自尊心って大切ですよね?

「コンプレックス・劣等感との向き合い方」問答一覧

「コンプレックス・劣等感との向き合い方」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ