お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

輪廻

生きていても、苦しんでいないというひとは、輪廻のループから逃れられているということで、合っていますか?
苦しいということは、輪廻のループから逃れられていないということで合っていますか?

心構え・生きる智慧
有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2019年2月13日 2:08

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

生きていれば苦しみは必ずある

生きている限り、苦しみはなくなりません。
なので、輪廻転生している私達、生きとし生けるものは、みんな苦しみの中にいます。
欲・怒り・怠け・プライド・無明などのあらゆり煩悩をなくした阿羅漢果という悟りに達した人は、輪廻からの解脱が確定しています。
その場合でも、生きている間(寿命のろうそくが燃え尽きるまで)は、身体的な苦痛は必ずあります。
五感に入ってくる刺激を緻密に分析すれば、輪廻からの解脱が確定している悟った人にでも、苦はあるのではないでしょうか。
だって、悟った人でも息を吸わないと苦しいし、息を吸ったら、今後は息を吐かないと苦しいですからね。
お釈迦様は悟っていましたが、高齢になってからは腰痛など苦痛がありました。
輪廻から解脱できているか、悟っているかを自己判定したいのでしょうか?
少なくとも、貪りや怒りの煩悩がある場合は、「私はまだ阿羅漢果の悟りには達していないな」と、
自身が輪廻転生から解脱していないことを判定することができます。
無我や空や無常に気付いた初期の悟りに達した場合でも、欲・怒り・怠け・プライドなどが残っていれば、阿羅漢果ではないので、輪廻から解脱できていないと知ることができます。

追記
全ての煩悩がなくなった悟った状態で生きている人は、阿羅漢(仏を含む)です。二度と輪廻転生しない状態です。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

願誉浄史様 ご回答ありがとうございます。
"輪廻から解脱できているか、悟っているかを自己判定したいのでしょうか?"とのことですが、
私は「輪廻から解脱した状態で生きてゆくことができるのですよね?」ということを問いたかったようです。
生きているかぎり不可能なのですか?
もし宜しければ、追記など頂きたいです。^_^

追記もしてくださり、ありがとうございます。

「輪廻転生」問答一覧

  • 輪廻転生 女性 50歳代
    私は子供の時に小児癌を患い顔半分に障害が残りました。孫も小児癌になりました...
  • こんにちは。 前回質問で、輪廻思想がどうも腑に落ちない、と主張した者...
  • こんにちは。 私は数年前から一人暮らしをしており、1人の時間も長くなると...
  • 輪廻転生について 女性 40歳代
    私は、輪廻転生を信じていますが、既にご先祖様が他に生まれ変わっていても、あ...
  • 輪廻転生について 男性 80歳代
     私が仏教の入門書で最初に目にしたのは「仏教の目的は輪廻転生からの解脱であ...
  • 輪廻の主体 男性 20歳代
    輪廻転生の事を考えると胸が痛くなります。何故仏教は命を一回限りとしないので...
  • 輪廻 女性 30歳代
    最近、ふと思います。 子どもの頃、死んだら生まれ変わる。誰に教えてもらっ...
  • この1ヶ月、こちらでは本当にお世話になっています。 初めての質問から、少...
  • 輪廻からの解脱 男性 30歳代
    回転寿司が大好きで週に一度は食べに行っています。 そこで、hasun...
  • 生の先に肉体の死があり、その先に輪廻転生があるならば、また生の前に戻り、そ...
「輪廻転生」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ