hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

仏像は一つ一つ性格が違いますか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 19

夜分遅くに失礼致します。

私は去年、仕事で沢山の失敗があり、
心の支えとして、2ヶ月ほど前に、
7cmほどの小さな聖観音菩薩様の仏像を
我が家にお迎えしました。

そして、寝る前や朝に、すがるような思いで、
(当時は依存していたかもしれません)
ほぼ毎日、観音様に手を合わせ、真言を唱え続けた所、

今まで失敗していたのが嘘のように、
一気に仕事が順調になりました。

売れずに困っていた不良在庫がかなり売れたり、
他のジャンルの失敗続きだったプロジェクトが
いきなり上手くいき始めたりと、とにかく驚いております。

そこで、質問なのですが、この感謝の気持ちを
聖観音菩薩さまに、お伝えしたいと思っているのですが、
どのように観音様にお礼をしたらよろしいでしょうか?

観音様の祀られているお寺さんに
お礼の気持ちを込めて、参拝を考えたのですが、

毎日手を合わせている、我が家の観音様以外の、
観音様に手を合わせるよりも、

我が家にいらっしゃる観音様の仏像に、
いつもよりも真言を多く唱えたりした方がよろしいのでしょうか?

同じ観音様でも、仏像によって人格?や性格が
違ったりとかあるのでしょうか?

我が家に、この聖観音様がいらっしゃってからというもの、
とにかく、失敗続きだったことが嘘のように成功続きで、
この感謝の気持ちをどう表したら良いのか、わからない状態です。

いつも通り、感謝の気持ちを込めて
しっかりと真言を唱えるだけでも、よろしいのでしょうか?

夜分遅くに、このような質問で申し訳ございませんが、
ご教授頂けましたら幸いです。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2019年4月10日 23:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏の願いとは?

ご相談拝読しました。

仏像にお参りするようになってから物事が順調に進むようになられたのですね。

それは一面では偶然であり、一面では必然と言えるでしょう。じっくり読んで、しっかり考えてみましょうね。

仏像による性格の違いがあるか?ということですが、この仏像はこういう供養は好むけどああいう供養は嫌うとか、この仏像はこういうご利益(実体的に願いを叶えてくれるという意味)があり、あの仏像にはこういうご利益がある、ということはありません。

仏像は仏像です。あくまでもモノです。では模された仏様の違いは何かと言うと、仏のさとりの何を表しているのか?どういう願いをあらわしているのか?という違いです。

例えばザックリ言うと観音様なら慈悲、勢至菩薩様なら智慧、不動明王なら力ずくでも救おうとする姿とかそういう違いですね。

でもその違いが共通して願いとするのは私たちを真理・法則に目覚めさせようとするということです。けして病気を治すとかお金を儲けさせるとか、そういうことではありません。

そもそも仏様とは何かというと人間です。ゴータマ・シッダールタ(お釈迦様)という一人の悩める人間が悩んで深く深く自己を見つめた末に真理・法則に目覚めた姿を仏様と呼ぶのです。人間ですから当然病気を治すとかお金を儲けさせるという超能力があるわけではありません。

しかしながら後世になってそうした俗説や、むしろお寺側もそうした現世利益をうたったりしますが、本来はお釈迦様の目覚めた理・法則の偉大さを比喩的に表現したところから始まったものではないでしょうか。

ですから、仏像にお参りしてものごとが上手く行くようになったというのは偶然です。同時に、上手く行くようになったということは上手く行くような原因がととのったからであり必然でもあるのです。

その原因は「仏像にお参りしたこと」ではなく「仏像にお参りしたことで力をもらい、努力を継続してきた」そして「その努力が社会のニーズに適うものだった」ということでしょう。

仏像は仏像というモノですが、その仏像を通して仏の願い・さとり(真理・法則)に触れさせていただくところに仏像がご本尊として見出されていきます。

ご本尊は生活の拠り所です。そういう意味ではあらゆるものごとに感謝するという信仰の形はとても素敵だと思います。
観音様とのご縁を大事になさってください。

2019年4月11日 9:20
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

質問者からのお礼

ご丁寧に教えて下さり、誠にありがとうございます。

確かに仏教の教えそのものが、
真理・法則に目覚めさせようという教えでしたね。

吉武様が仰るように、仏像を拝んだから成功したのではなく、
仏像を拝むことにより、自分自身、色々と気が付かされたおかげかもしれません。

今回、吉武様に言われて気が付いたのですが、
拝んでいる最中に、色々と考えさせて頂き、 そこでの気付きや、自分の気持ちのあり方を考えることにより、 進むべき道が開けたようにも思えます。 現に、その時に気付かされたことで、 自分の考えを変えた所、上手くいき始めました。 去年の失敗続きの時は、 かなり苦労して沢山の作業をしていましたが、 それが拝んでいる時や、真言を唱えている時に、 ふと、去年は、間違った方向で努力をしていたのでは? っと思うきっかけもありました。 観音様の仏像が自宅に来るまでは、普段、 気持ちを落ち着かせることをする習慣がなかったので、 仏像を拝むことによって、その機会を頂いたのかもしれません。 確かに、吉武様が仰るように仏像は「物」かもしれませんが、 色々な気付きを観音様の仏像によって、 気が付かされたのも事実ですので、 観音様への感謝の気持ちだけは、絶対に忘れないように致します。 今回、吉武様にご教授頂いたおかげで、より一層、 視野が広がり、観音様以外にも、色々と細かい所まで、感謝できそうです。 ご回答頂きまして、誠にありがとうございます。 これからもお世話になるかもしれませんが、 その時は、またよろしくお願い致します。 とてもためになりました。

お礼のコメントをしっかりと改行をしたつもりでしたが、
ちゃんと改行されていませんでした。

読みにくく、大変申し訳ございません。

この度は、回答を頂きまして、誠にありがとうございました。

また、お世話になるかもしれませんが、
その時は、どうぞよろしくお願い致します。

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

小屋から出てきた仏像について

先日、祖父の家の物置小屋を探検していました。私が知っているのは、祖父の家は江戸時代から13代続く家です。 そのため、小屋にはなんか凄いの入ってそうだな、という木箱や竹籠が沢山あります。 色々見ていたところ、主に朱塗りのお膳セットや陶器でした。 しかし、父がふと この木の棒なんだ? と、足元の樽の上にあったものを手に取ると。 仏像でした。私は仏教は好きでお釈迦様の教えなどは好んで知ろうとするのですが、仏像に関しては分かりません。 その仏像は30センチくらいの立像で観音様でしょうか。 スラッとしていて右手は人差し指と親指をくっつけて上を向き、左手は下を向いている美しい仏像でした。 仏像の乗っている台の下には 先祖代々永享元年 と書かれており、調べてみると室町時代だとか。 もうひとつも立像で、胸の下あたりに法界定印(調べました)を組んだ お地蔵さま?お釈迦様?です。 これは、年代は不明です。10センチから15センチくらいです もうひとつは、20センチくらいの扉のついた彫り物です。3センチ程の人物が3人いて、御一方は不動明王様でした。 長くなりましたが、無造作に埃まみれの小屋において置くのも嫌だなと、見つけたのも何かのご縁かと思い、汚れを拭き取り綺麗にしました。 これらは、仏壇で一緒に手を合わせていいものでしょうか。 良ければ教えてください。曹洞宗です。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

本尊とお唱えの対応関係

 こんにちは。当家の菩提寺は曹洞宗なのですが、「うちのお寺のご本尊は歴史的な経緯から阿弥陀如来なんですよ」と住職に聞きました(あまり大きくもないこともあり、それまで遠目にはわからなかったんです)。宗派の本尊と各寺院の本尊が一致してないことはよくあることですので、それ自体はへえそうなんだ。ぐらいの感想でしたが、ちょっと後で考えてしまいまして。というのも、その阿弥陀如来様の前に「南無釈迦牟尼仏とお唱えしましょう」という掲示があり、ずっとそうしてたんですけど、目の前におられるのは釈迦如来じゃありませんよね・・・?「南無阿弥陀仏」じゃないんでしょうか??みんなに目の前で「南無釈迦牟尼仏」と言われて阿弥陀如来様はどう思われることなんでしょう?両方唱えてみるべき?  実は、法要の際に住職が「南無釈迦牟尼佛・南無高祖承陽大師・南無太祖常済大師」と列挙している部分に一言「南無阿弥陀仏」と挿入していたことがあり、おお!ここで配慮してたのかと得心したんですが、逆に言えば阿弥陀如来関係はここだけです。そもそも、曹洞宗のお経は釈迦如来や観世音菩薩関係のものばかりですよね。  寺の本尊もしくは各家庭の仏壇の本尊と、お唱えやお経って、必ずしも対応してなくてもいいものなんでしょうか?多分いいんだろうけど、なんでなんでしょう?(だって、そうじゃないと薬師如来や地蔵菩薩や不動明王のお経なんか唱えたくてもまず唱えられませんよね。)如来や菩薩は相互に「私の前で誰それからこんな読経があったよ」と報告してくださってるのか、それとも上司不在時の代理決裁のように宛先が別の如来でも処理してくださるのでしょうか?このあたり、どう理解したらいいものなんでしょうか、よろしければ回答お待ちしております。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る