お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

不倫の過去について

私は20代後半に25歳年上の上司と半年不倫をしました。
それまで一度も恋愛経験はなく、女性として見られたことが嬉しくて浅はかなことをしてしまいました。
そのことについては今もなぜあんな最低なことをしたのかと後悔しない日はありません。

仏教における五戒を破ったわけですが、破った場合どうなるのでしょうか。

また、このような最低な人間に家庭を築く資格はないと考え、結婚は諦めましたが、今後の人生が無意味に感じます。

今後どのように生きていけばいいか、心構えを教えていただけますでしょうか。

心構え・生きる智慧
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2019年8月15日 2:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

観音寺

大鐵

人生は失敗の連続ですが・・・

 人生は失敗だらけです。先ずは過去の失敗はこのように書いて自分を見直して下さい。 
 自分を見つめ直すために坐禅会や写経会、念仏会などに参加してはどうでしょうか?近所にそのような寺院はありませんか?探して見てください。
 ここからは持論になりますが、女性の幸せは何も結婚が全てではありません。家庭を築くということは人間関係を築くことと同じです。家庭の人間関係を築くことは24時間365日一生その人逹と気を使ったり、使われたりするわけです。仕事なら1日8時間、休日もありますが、家庭はそうもいきません。その覚悟も出来ず、結婚して、性格の不一致、生活感が合わないと別居したり離婚したりします。家庭を築くということは悟りを開くぐらい難しいことなのです。
 日本は家庭を築く際、結婚しかないのもおかしいなもので、もっと色々な形を認めるべきでしょう。
 「至高の孤独」という本がありますが独りでいることが如何に贅沢であるかを示しております。日本は経済的に豊かな国ですから独りで生きていこうとすれば挨拶さえすれば生きていけます。こんな豊かな国に生まれたのですから、周りの環境に無理に合わせようとせずに自分の生き方を試しながら、自分が楽に生きれる方法を見つけて下さい。

9日前

関連する問答
このページの先頭へ