hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

夫の自死と自己嫌悪回答受付中

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

はじめまして。 亡くなった夫と、その後の自分の気持ちの持ちようについてのご相談です。

約2ヶ月前に夫が自死しました。とても優しい人でした。私は親の愛を感じられずに抱えていた孤独を、夫は包み込んでくれました。私が好きなことを好きなようにできるよう、サポートしてくれました。私は親に言えなかったわがままを、夫に言ってしまって負担をかけていたのだと思います。

自死の少し前からネガティブなことを口にしていました。仕事のようなものでの悩みは本人から聞いていました。その中で自分が消えれば全て解決、とか、妻である私のためには自分はいなくなった方がいい、などです。私は大丈夫大丈夫と励ましていましたが、それが余計追い詰めたのではないかと思います。

病院に通院してなかったのですが、おそらく心を病んでいたのだと思います。元々精神的に強い人だったこともあり、私がそこまで重く考えずカウンセリングに行こうという発想が出来なかったこと、私の不適切な判断と、夫への甘えからこうなってしまったと自己嫌悪でいっぱいです。

泣いてばかりだと亡くなった人はは成仏出来ないと聞き、はやく前を向かなければと思うのですが、なかなか自己嫌悪から抜けられません。
また亡くなってからの日にちが経つのが遅く感じ、まだ2ヶ月か、いつになったらこの苦しみが落ち着くのか、と目の前が真っ暗です。
自己嫌悪と前を向くことへの狭間でとても苦しいです。
どうやすれば折り合いをつけて、早く夫が成仏できるように前を向くことができるのでしょうか?
心の持ちようを教えていただきたいです。

2019年9月17日 17:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あわてないでくださいね

拝読させて頂きました。
旦那様がお亡くなりになりあなたは深い悲しみと喪失感でいっぱいになのでしょう。そして気づいてあげられなかった後悔のお気持ちを抱えていらっしゃるのですね。あなたのお気持ちを心よりお察しします。
旦那様がどのようなお気持ちを抱えて苦しんでおられたのかはわからないですけれど、いくつもの要因が重なり合い旦那様は追い込まれしまったのではないでしょうか。
人の心の奥底を理解することは身近にいてもなかなかわかりません。人それぞれの心のキャパシティはコップの水のようにはわかりませんからね。

旦那様が必ず仏様に導かれて仏様のもとで一切の苦しみから救われて、心から安らかになります様にと仏様にお願いさせて頂き真心込めてご供養させて頂きます。なむあみだぶつ南無阿弥陀仏

旦那様は必ず仏様がお救いなさって下さいます、そして心から安らかに穏やかになり、親しい方々と一緒に心から安心して円満にご成仏なさいます。
旦那様はこれからもあなたをずっと見守り続けて下さいます。あなたと旦那様とのご縁はこれからもずっと続いていくのです。

旦那様があなたと出会い共に生きていったことは間違いない事実であり、かけがえのないご縁です。旦那様はあなたと一緒に一生懸命に生き抜いていかれたのです。そしてこれからも安らかにあなたやご縁のある皆さんを見守り続けていくのです。

あなたのその悲しみや後悔のお気持ちは消えないでしょう。その思いにさいなまれてしまうことでしょう。どうかその思いをありのままに旦那様に手を合わせながら伝えて下さいね。起きている時でも眠っている時でも心から旦那様に向かってあなたの思いをしっかりと伝えて下さいね。旦那様は必ずあなたのその思いを優しくうけとめて下さいます。そしてこれからもあなたに寄り添っていて下さいます。

いつの日かあなたがその天寿を全うなさる時には必ず仏様があなたをお導きなさって下さり、旦那様があなたを迎えて下さいます。そして共に心から安らかに穏やかになることでしょう。

どうかあなた自身を責めずにあなたの心をいたわって下さいね。ゆっくりと心を休めて眠って下さいね。いつでも旦那様はあなたに寄り添っていて下さいますからね。

2019年9月17日 21:19
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

Kousyo Kuuyo Azumaさま

ご回答いただきありがとうございます。内容が内容だけに、親しい友人や身内にもなかなか相談することが出来ず苦しく思っていたのですが、このように助けてくださる方がいらっしゃることがとてもありがたいと思いました。
夫に対しても感謝の気持ちを伝えられてなかったと反省しきりなのですが、今後はその分まわりの方に感謝の気持ちをきちんと伝えていこうと思いました。

夫が見守ってくれていると信じ、慌てず、いつか会える日まで少しずつでも頑張って生きていこうと思います。

ありがとうございます。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る