hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人のことが気になる。

回答数回答 3
有り難し有り難し 18

何事にも自分のことが他人にどう評価されているにか
気になって仕方がない。
私は私、人は人と気にしないようにするには
どうすれば良いのでしょうか

2016年2月14日 20:32

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分よりも年長の方に偉そうなことはいえませんが

実は私も、あなた様と同じことにながらく苦しんでいました。それがあるとき、プツンとやまりました。やめたのではなく、やまったのです。

あるとき、とはお二人のお医者様の対談記事を読んでいた時です。対談が記事になるくらいですから医学の進歩に著しい貢献をなした方々です。このお二人が画期的な治療法ないし診断法を発表し始めたとき、彼らの同僚たちつまり同じ(大学)病院の医師たちは意地悪をし、彼らが学会などに出席できないようにあの手この手で足を引っ張ったそうです。

このお二人の診断法ないし治療法が知られ普及することにより、人々の健康度が上がり、人の命を救うことができるわけです。人間には誰にも妬みや嫉みという本性があるにせよ、医師であるならば、病に苦しんでいる人を救うことを邪魔してはならないはずです。

しかし、そうではなかった。そして私もお坊さんとしてお坊さんの世界の汚さに悩んでいました。そんなとき上述の対談記事を読んだとき、「他人は自分をよいようにいうはずがないのだと思うようになりました。誰かがよいことをすれば悪く言い、誰かがおかしなことをすれば悪く言うのが世間なのだ。要は自分がそんな連中に染まらず、そしてそんな連中のことを意に介さなければよいのだと思うに至りました。

自分が正しいと思うことをしていればよい。他人はどちらにしても私とよいとはいわない、と腹をくくれば楽になります。

2016年2月14日 23:42
{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

身を以て「自分三昧」になりきってみる。

renkon様、こんばんは。
30そこそこの小僧です、お役に立てるかわかりませんが、恐れ多くも、回答させていただきます。

「三昧」
という言葉があります。

「考える隙もなくそのことに成りきる」
ということです。

人間はどうしても、人の評価が気になる生き物。
かくいう私も、同じです。
ちょっとしたことに、他人から見た目、というのを気にすることは同じくあります。

自分がコレと決めたコトに打ち込んでいる時というのは、自分が頭で考えるより早く、あるべき姿を具現化しています。

人の評価というのは大切な様で、実はそうでもないコトが多いような気がします。
一番良くないのは他人の評価ばかりを気にして行動すること。
自分に嘘をついてしまうからです。苦しくなります。
一番良いのは、自分の行いが知らず知らず、善いことにつながっていくこと。

頭で考えることも必要ではありますが。
まずは身を以て「自分三昧」になりきってみてはいかがでしょう。
他人の評価など気にせずに、自分の思う正しい、信念を行動に移し、何の見返りも求めないことだと思います。 合掌

2016年2月15日 0:39
{{count}}
有り難し
おきもち

こんにちは、30代も残りわずか、アラフォー世代僧侶の一人として、回答させて...

私も時々あります(笑)

人間ですから、、ありますね。

そして、どうやら、日本人は、外国の方々に比べて特に強いみたいです❗(笑)

仏教的には、人の目、評価は虚仮のモノゆえに気にするな❗

の世界ですが、私達が生きてる世界は人間の世界ですし、他者と共存しているなかで理想に思っていても、なかなか難しいですね😅

直ぐにきく言葉や文はありません😅⤵がrenkon様の今の周りの環境を少し離れて(少し旅に出たり、旅行されたり)
すると自分の視野が変わり風景も変わるでしょうから、もしかすると少しづつ自分の心から変わり、無くなりはしないまでも、薄くなっていかれる事もあるでしょう

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏✋

2016年2月15日 5:34
{{count}}
有り難し
おきもち

初めまして。 様々な感情に寄り添い、共に考えたいと考えております。 ...

「他人の目・評価・顔色を気にする」問答一覧

他人の目や、他人の言葉が気になる

昨年の冬から仕事をし始めたのですが、そのころから他人の目や言葉が気になり始めました。 それまでは体調が悪かったこともあり、出かけるのは買い物に行くくらいだったので、外出先で人目を気にすることはあまりありませんでした。 しかし、仕事を始めたころのある朝、大勢の人たちが行きかう中を出勤していたら、知らない人からすれ違いざまに自分に対して外見についての悪口を言われたように思い、その日一日中暗い気持ちでした。 その後、出勤時ではない、普通の買い物の時にもそのようなことを言われたことが何度かありました。 家族にその話をすると、「実際に外見のことを言っているんじゃなくて、偶然そう聞こえただけじゃないか」とか、「他人と目を合わすのが嫌な人が目が会ったから変なことをいっただけかもしれない」と言われました。 そうかもしれないのですが、実際に自分には、自分の外見に対する言葉に聞こえて落ち込みます。 そのほかにも、よその子どもたちが私を見て逃げていったように思えたことも何度かありました。 外出する際には、自分のできる範囲でおかしくない外見に整えているつもりですが、だんだん何か言われるのが怖くなく、下を向いて歩くことが多くなってしまいました。 他人の目や、他人から何か言われる言葉が怖くて、外ではびくびくしています。 このまま下を向いて歩いていた方がいいでしょうか。 それとも、何か言われても気にしない心を養うべきでしょうか。 何かご助言いただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

人の目が気になって仕方ありません

私は今1歳10ヶ月の子を持つ母親です。 出産してから、人の目が気になってしまい仕方ありません。 祖母や母が人目や世間体を気にする人だったので私もそうなったのか、もともと人目は気になる性格でしたが、いい意味で自由にじぶんが正しい、心地いいと思う生き方をしてきました。 でも子供が産まれてから、「母親というものは!」みたいな意識が強すぎるのか、人目が気になりすぎて外に出るだけでストレスがかかってしまいます。 服装や髪色まで「母親」らしい感じに変えてみたり、なんだか常に 「あんな母親であの子が可哀想」と思われてるんじゃないか??と思ってしまいます。 特に派手な見た目でも無いし、人前で子供に怒鳴ったりしてるわけでももちろんありません。 でも、そう思われてるんじゃ無いか? 良い母親に見えているか? という事が本当に気になってしまいます。 あのお母さんみたいに常にニコニコ接してあげれてないな… とか、 あのお母さん優しそうな雰囲気だな… とか…。 結局は自分の劣等感なのでしょうか? 私は高校生の時に父を亡くしてからか、 どうせ私は…。 私の人生は不幸ばっかり。 やっぱり自分は幸せになれないんだ。 なんで私ばっかりこんなに苦しいの? という考えを持ってしまっていました。 こんな考えを持ったまま生きるなんて 父にも申し訳ないと思うのですが、中々長年の心の癖なのか、抜け出せません。 前向きに生きよう!と色んな本を読み漁ったり考え方を変えよう!変えよう!としてもやっぱり少し嫌な事があったりすると引きずり戻されてしまいます。 どのような心構えでいれば、必要以上に劣等感を持つ事なく、人と比べず人目が気にならなくなるでしょうか? 本当に生き辛いですし、このままでは子供にも影響しそうで怖いです。 助けてください。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

30代独身、周りからの印象と自分自身。

はじめまして、 相談させて下さい。 私は30代半ばの独身で仕事をしています。(結婚は気の会う方に出会えればしたい、位の気持ちです。) 先日の話ですが、休日に用事を済ませて家に帰ると、アパートの玄関前に20代位のセールスマンがおり話しかけられました。 相手は子供向けの塾のセールスらしく、いきなり私に「お母さんは小さいお子さんはおられますか?」と聞いてきたんです。 私は「お母さん」と呼ばれるとは思わずびっくりしてしまい、「いません」とだけ伝え、家に帰りました。 しかし、もう子連れじゃなくてもそんな呼び方をされる年齢なのかとショックを受けてしまい、今もかなり引きずっています。 せめてお母さんと呼びかける前に 「結婚されてますか?」などの言葉は無いのか、もし独身だったら失礼だとは思わないのか、とモヤモヤ。 こういったもらい事故のような会話はこの年頃になれば当たり前とスルーするしかないのでしょうか? 私は接客業をしていますが、人の生き方は様々なのでこちらの印象で決めつけた個称では呼ばないようにしています。 年齢や見た目が全てではないのは分かるのですが、やはりショックでこういった事とどうやって向かい合えば良いのかわからずモヤモヤしています。 何かアドバイスいただければありがたいです。 長々と失礼致しました。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

可愛い子と比べられる

こんにちは。6月の折、皆様どのようにお過ごしでしょうか。今回も、愚痴のようなご相談になってしまいますが、何卒最後までお読み頂けると幸いです。 4月から一年間の研修が始まりました。研修はグループで回り、女性は私を含め2人です。もう一人は、アイドルにスカウトされたこともある容姿がかわいい子です。性格も素直で女の子らしくおっとりして、愛嬌があります。彼女は、顔も不細工で要領も悪い私にも優しく、その子自身のことは嫌いになれません。 しかし、4月から、周囲からの扱いの差が見える度、心を少しずつ削られているように感じるのです。 グループの他の男性たちは、グループをさらに分けるとき彼女となることを「当たり」、私となることを「はずれ」と言っていました。彼らは私に聞かれていると思っていなかったのでしょうが、悲しい気持ちになりました。 男性上司の対応は特に露骨です。体調不良を理由に彼女がお休みした時には「大丈夫?」「心配いらないからね」と言っていたはずなのに、私が熱で早退しようとした時には「体調管理もできないなんて社会人としてありえない」と怒られ、結局残業までしてからの帰宅でした。 上司から何か聞かれた時には、彼女が間違えたり答えられなかったりしても「可愛いから許しちゃう」と言われるのに対し、私は「こんなことも知らないのか」と呆れられたりします。彼だけならば我慢もできるのですが、どこに行ってもそうで、気が滅入ってしまいます。 最初の頃は「問題は自分にあるのだから、努力しなければ」と躍起になっていました。 しかし先日、皆が羨むような研修の選考があり、試験の点数は私が高かったにも関わらず彼女が選ばれ、流石に落ち込んでしまいました。面接でやる気を認められたとのことだったのですが、前々から関係者にコンタクトを取り行きたいという意思を伝えていたそうで、学力での選考の前に既に決まっていたようなものだった、と聞きました。期待してくれていた親もがっかりさせてしまい、努力しても意味ないじゃないか、と最近では何も手につきません。 不細工の僻みであることは重々承知の上です。ようやく叶った夢の職種で、今から転職したり、不貞腐れて輪を乱すようなことも、したくないと思っています。 ただ、生まれ持った容姿や性格を背負っていかなければならない人生に対する、この虚しさをどうしたらいいか、是非ご教示下さい。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

書いた小説への批難、拒絶。

以前からとても悩んでいる事があります。 私は小説を書いています。 小説の内容は様々ですが、メインは二次創作の夢小説というジャンルです。 夢小説というのは、アニメや漫画の版権キャラクターと、自分が考えたオリジナルのキャラクターの交流を書く二次創作で、好き嫌いがとても別れる分野になります。 好き嫌いが別れるのだから、否定されたり拒まれてしまうのは仕方がない。 いつもそう思って書いていますが、否定されてしまう事が本当に多いので、苦しくなる時があります。 否定する方々からすれば忌むべき作品であったとしても、書いている私は愛情を込めて書いております。 自分が考えたオリジナルキャラクター、自分が考えた物語、それを形にする為に、時には寝る間を惜しんで書いてきました。 そうして書き上げた作品が、その方々の好き嫌いで判断され、ひどいときは叩かれてしまう。 この世界は女性が多く、気難しい方もたくさんいます。 作品への解釈等が少しでも違うと叩かれてしまったり、無視されてしまいます。 表向きは好きに書いて良いと皆さん言っておりますが、本当はそうじゃありません。そういう空気なのです。本当に苦しいです。 苦しいという事すら告白できないのが苦しいです。「好きで書いてるのだろ」と叩かれてしまうからです。 この世界では、支持を得られなければ発言する事も許されません。そういう空気なのです。 そういった中で書いていくのは本当に苦痛で、本当に苦しくて「これを投稿しても大丈夫かな?」と怯えるようになりました。 せっかく書いた作品をそのように扱わなくてはいけない、それが本当に嫌で、この世界から離れた場所から夢小説を書くようになりました。 それでも否定されてしまう事があります。離れた場所に移動しましたので、交流は減りました。孤独感に苛まれる事があります。 もちろん、私の作品を読んで下さる方や応援して下さる方、そして友人も数える程度ですがいます。それを励みに今も書いています。 ただ、好き嫌いが別れてしまう夢小説だから、そういう理由で様々な事を我慢しなくてはいけないのが本当に苦しいです。 読みづらい文章になっていたら申し訳ありません。 こうした内容をこちらで相談するべきではなのかもしれませんが、この気持ちをどうしていけば良いか困っております。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る