hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お墓に入るのがいやです

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

自殺すると思います。
父と同じ墓に入るのが嫌です。
私の将来は自殺しかないと思います。
精神疾患持ちです。何も出来ない自分に疲れました。もう解放されたいです。

でもそれを遺書なりで伝えても、結局墓に入れられると思います。
それが気がかりです。
それならいっそ誰も知らないところで死ぬか、と考えています。

父は他界しています。
母と2人暮らしです。残った母を悲しませても墓に入りたくないと思うのはいけないことでしょうか。

2020年3月12日 7:18

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生きる意味があります

初めまして、お早う御座います。

きっと・・耐えきれない辛い思いや、苦しみの中で・・暗闇の中で必死に出口を求めているのだと思います。

私もかつて、大切な人を失いました。次々と押し寄せて来る難儀するものに負け・・命を絶ってしまいました。蘇生され意識が朦朧とする中で真っ赤な目をして私を見つめる父の姿を見て我に返りました。とんでもない事をしてしまったと。

私たちのこの身体には、沢山の願いや想いが込めれれています。何百年と続くご先祖様、父や母の願いなどです。そして、誰かがあなたを必要として・・あなたも誰かを求め、過去でもない、未来でもない・・この瞬間とい今を生きているのです。

苦しい事が多く、時々・・善き出来事が訪れるから、その有難さを大切に出来るのです。そして、お釈迦さまも”この世は思い通りにはならい”とおっしゃられています。私たちは、病気をしたり大切な人を失って・・目の前に仕合せがある事や、健康の身体の有難さなどに気づくのです。

あなたは大切な気づきを与えて頂けたのではないでしょうか?

訪れていない未来、起こっていない出来事を思うから・・それが不安や心配になるのです。

比較的に仕合せな国に産まれ、今があります。人生は予習や復習が出来ません。そして今日という日もそうです。明日が訪れるのは奇跡だと思います。人生を冒険旅行と私は思っています。生きるヒントが散りばめられ、そのピースを繋ぎ合わせて時には困難という嵐が来たら・・ジッと立ち止まって主人公の自分に問い掛けて、ゆっくり又、歩めば良いのです。そしていつでもリスタートが出来ます。自由に描き演じ人生も運命も、自分自身もいくらでも変えられます。

結果をすぐに求めよう!頑張ろう!とするのをもう、やめませんか?あなたには、あなたにしかない良さがあります。そして、あなたらしく人生を新たに描いて歩んでください。時が、季節が移り変わるように、困難は留まりません。弱い私も乗り越えて今があります。せっかくの人生です。無駄な事も、無駄な命も一切ありません。惑わされず、奪われず・・あなたらしさと心をゆっくりと取り戻して見ませんか?いつかは嫌でも彼岸(あの世)に辿り着きます。私もあなたの為に生きます。どうか私を悲しませないでください。私はあなたを必要としています。一緒に二度とない今を生きて見ませんか?いつでもメールください。合掌

2020年3月13日 7:21
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


永寛
皆様、初めまして。ストレスの多い現代・・お寺とはご葬儀や法事のみではなく、...

「お墓」問答一覧

違うお墓に入っても故人にまた会えますか

4回目の相談です。 以前の相談から、今回の相談に繋がることなのですが。。 今週で姉が亡くなって丸3年になります。 同時に彼との同棲生活も丸3年です。 結婚を前向きに考えていたのに突然、姉が亡くなってしまい、彼とのことより家族のことを優先して、丸3年が経ってしまいました。 今年は姪の高校受験で、姉の代わりに私もとにかく大変な思いをしました。 お盆、お彼岸、誕生日、命日、姉に会いたい時、お墓参りへ行っています。 彼も言えば行ってくれますが、やはり家族を亡くていない人なので、お彼岸や命日を何とも思っておらず、ましてや結婚しているわけじゃないので、自分の趣味を優先するときもあります。 それが本当は、悲しいのですが、でも、うちの事情なので、行くのが当たり前と思ってほしいとも言えません。 姉は、父の先祖代々のお墓に入ってます。 私の両親も入ります。 姉が亡くなるまで、自分がどのお墓に入るかなんて考えたことはありませんでしたが、家族と同じお墓に入りたい気持ちしか今はありません。 結婚して名字も変わりたくありません。 なので、彼との結婚も遠退いています。 あの世で、また故人と会えると言いますが、同じお墓に入らなくてもあえますか? 姉にまた会いたいです。 子供じみた質問ですみません。 ご返答お願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

お墓の場所を忘れた

初めまして。私の父が亡くなり今年の命日で18年になります。父のお墓は遠い隣の市にあり葬式の手配もしてくれた親戚の人にお墓まで車で連れてって貰ったくらい遠い場所にあります。車が無いといけない場所なので車が無い私にはお墓参りは亡くなった時と数えたら3回しか行けてません。バスと電車、タクシーを乗り継いで行くと費用もかなりかかるので費用面で行けてません、今年は出来たら行きたいと考えてますが墓のある霊園が遭難するかと思うくらいに広くてもう墓の場所を忘れました、市役所では個人情報になるから場所を教えられないと言われました。わかってるのが、管理者である叔母さんの名前(連絡先は知りません)と、お寺の名前と霊園の名前だけです。この場合どうしたらいいでしょうか? 亡くなってしばらくしたら寝てる時金縛りにあい布団の周りを2~3人に歩いて連れて行かれそうになったり、夢に何回も父親が出てきます。身体の左側だけ原因不明の不調が3年くらい続き足を引きずって歩いてる次期もあり身体の不調が今も左側に(耳鳴り、肩こり、左足)にきて辛いです。遠くてずっとお墓参りに行ってないからなのかな。って思い悩んでます。それと私はとても罰当たりな事をしてしまいました。叔母さんに持たせられた遺影や位牌、捨ててしまいました。今は後悔しています。ごめんなさい。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

不明なお墓について

今家系を調べております。その中で、私の高祖父の妹のお墓についてどう探せばよいのか悩んでおります。 当時高祖父の妹さんは、一度嫁いだものの旦那様が亡くなられ、当家に戻られました。その後分家し、高祖父の娘を養子と致しました。 養子となった娘は、その後とある家に嫁ぎ、高祖父の妹さんは当家の分家としてお一人で亡くなられ、絶家となりました。 当家のお墓は、高祖父が建てたお墓があり、その後場所を少し移動し立て直しております。当初高祖父が建てたお墓の墓誌には、この高祖父の妹のお名前があります。その後曾祖父によって立て直されたお墓には先祖代々の墓にも戒名や名前もなくなっています。つまり、その方のお墓が現状どこにあるのか分からなくなっています。 ただ、お墓を立て直した後も50回忌は曾祖父が当家で行っていた記録はあり、菩提寺にてほかの方の27回忌などを併せて供養をしたようです。 ちょうど今年が100回忌に当たる年だということも最近判明し、大きな供養は出来なくともお墓なりに手を合わせたいと思うのですが、どこに行けば若しくはどなたに聞けば、お墓などがわかるものでしょうか? 現在は当時を知る方々も亡くなり、手探り状態です。分かりずらい相談内容で申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

祖父のお墓

4日前に大好きなおじいちゃんが91才で亡くなりました。 今、私は悲しみの中に居ます。 祖父は長年、祖母と二人暮らしで、祖母ももすぐ89と高齢です。 祖父母の子どもは娘が二人(私の母とその姉)息子が一人居ましたが、28才の時自死してしまいました。 悲しみの中、きっと祖父母は支えあい、ここまできたのだと思います。 いつも笑顔で優しいおじいちゃんでした。 私も私の子どももとても可愛がってくれました。 ご相談したいことは、お墓が自宅から少し離れた山の中にあることで、今そこにおじいちゃんの息子のお骨もありますが、祖母も年を取り、自分では距離的にも行くことができず、お墓参りに行く人も頻度も少ないので、時々お墓参りに行った時もいつもお墓が寂しく感じます。 これからおじいちゃんがそのお墓に入り、寂しくないかということが気になっています。 自分の息子(私の伯父)とご先祖様がいらっしゃるから大丈夫でしょうか? また私は結婚し、少し離れたところに住んでおり、自宅に仏壇などもありません。 祖父に思いを伝えたり、祖父のこれからの幸せを願うにはどうしたらいいか教えて頂きたいです。 あと、もう1つお聞きしたいのですが、今日祖父の家に行って、どうしても祖父のものが欲しくて、今までおじいちゃんが使っていたハンカチをもらいました。 私や兄(兄も祖父母が大好きなので)がそのハンカチを持っていることは祖父の迷惑になりませんか? 拙い文章で申し訳ありませんが、教えて下さい。

有り難し有り難し 3
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る