hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
お墓・仏壇
49289views

仏壇がなくお位牌だけで供養してもいいのでしょうか?お坊さんに聞きました

位牌とは、亡くなった方の霊を祀るため、戒名や法名を記して仏壇に安置する木製のお札のこと。仏壇の中央にご本尊様を祀り、その近くにお位牌を置いて亡くなられた方やご先祖様を供養するのが一般的です。

しかし、供養の仕方は、宗派や地域、家庭(嫁ぎ先など)によって異なるため、場合によってはトラブルにもなりかねません。
hasunohaでは、宗派を超えて多くのお坊さんがいらっしゃいますので、今回の相談に対しさまざまな回答が期待できますね。それではさっそく見てみましょう。


仏壇がなくお位牌だけでもよいでしょうか


先月、最愛の母が亡くなりました。(中略)
主人の実家には立派な仏壇があります。聞けば、仏壇は複数あるものではないとの事。仏壇でなく、位牌と写真、線香などで母を想ってあげてと母の両親に言われました。(中略)

位牌とお線香などをあげる容器など小物にあわせ、ご本尊を必ず用意しなければならないのでしょうか?位牌を置くならしっかり仏壇でなければいけないのでしょうか?


みつままさん(20代女性)は、嫁ぎ先でも母親の供養ができるように仏壇の購入を考えていましたが、仏壇は複数あるべきではないと反対されてしまいました。
一般的に、お位牌は仏壇のご本尊様と一緒に祀るもの。お位牌だけでも大丈夫なのでしょうか。


形ではありません。思いが大事です。

私なりの持論から言えば、仏壇は必要ない「とも」思います。
「とも」とカッコ書きしたのは、あった方が「気持ちが傾けやすい」だろうということで、なくてもお位牌を大切に扱うならば何ら不都合はないと思います。(中略)

例え仏壇やご本尊がなくても、どこか粗末にならないところを探して、きれいな敷物でも敷いて、お母様の居場所として大切にお祀りしてあげたら良いと思います。

(受法寺 小原観慈)


こちらのお坊さんは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ちが大事だとおっしゃっています。「お母さんこれ好きだったな」「これ旬だから美味しいだろうな」「食べさせてあげたいな」と、思いながらお供え物を選んでいる瞬間に、気持ちは届いているのだとか。
お線香も無理ならなくてもよし。お水でもお茶でも珈琲でも、ご飯がなければパンでもお菓子でも、気持ちでお供えをすることが一番だと教えていただきました。

そもそも、仏壇が一般家庭に普及し、お位牌が置かれるようになったのは江戸時代以降。それまでは、家庭に仏壇はなかったそうです。肝心なのは、形ではなく故人を偲ぶ気持ちなのですね。


仏教的な供養を

仏壇がなくても、インターネットからプリントアウトしたものでもいいので、仏像の写真やイラストか「南無〇〇仏」と好きな仏様のお名前を書いた紙やミニ掛け軸か、仏様を表す法輪のマークを、部屋のどこかに、できれば座ったときに見上げる程度の高さの位置に、貼っていただきたいと思います。

その前に位牌と、できれば三つ具足(線香、ろうそく、花)も置いてください。
花の管理が大変なら、花は普段は造花でもまぁよいでしょう。

(願誉浄史)

 
お位牌に記される戒名(法名)は、仏の弟子になったことをあらわす言葉。お母様も戒名を授かり輪廻の旅路に出られたのだとしたら、何らかの形で仏教的な供養をしていただきたいとこちらのお坊さんはおっしゃっています。

わたしたちは、お釈迦様をはじめとする仏様や、お釈迦様が遺された教えによって浄土に導かれるもの。仏様に手を合わせるのはそのためだと教えてくださいました。
ちなみに、仏様は「お土産もののかわいいお地蔵様のマスコット」でもよいそうです。


お仏壇はあった方がいいです

小さいお仏壇で、おまつりなさる事が一番よいと思われます。
よくききますが「お仏壇、お位牌がいくつもあってはいけない…」
まったくそんな事はありませんよ。
間違いでしかありません。

お仏壇は、お寺やお浄土とご縁のある方々(仏様、お祖師様、ご先祖様)が娑婆にお越しになる出張所だとお考えください。

(大法寺 長谷雄蓮華 (ラジ和尚))


こちらのお坊さんは、お位牌だけでもよいけれど、仏壇がないと雑な扱いになりかねないとおっしゃっています。ただし、むずかしいことは何も必要ではなく、亡くなられた方やご先祖様を大切に想い、供養なさりたいという心が一番大切だと教えてくださいました。


元の問答:仏壇ではない場所に位牌


今回の供養に関して、大切に扱うのであればお位牌だけでもよいという回答があった一方で、仏教的には仏様は必要、小さくても仏壇はあった方がよいなどさまざまな回答をいただくことができました。

しかし、共通しているのは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ち、それが何よりも大事だとお坊さん方はおっしゃっています。仏壇にこだわらず、わたしたちが心を向けて手を合わせ、お祈りしやすい方法が一番なのかもしれませんね。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「位牌・仏壇」問答一覧

親族ではない方のお仏壇

勤めている会社には、とある事情があり知り合いから頼まれてお仏壇と位碑と遺影があります。 運び込まれた時に、魂入れ魂抜きの概念がなかったようで荷物と同じ扱いで放置されていました。 お仏壇の持ち主の親族の方は、仲が良くなかったので仏壇もお墓も継がない、という考えのようで今後も魂抜き魂入れはしないようでしたし、お仏壇もしばらくこちらの事務所に置くようです。 定期的にお仏壇のお手入れや手を合わせに来るのかも聞いていないので分かりません。 私は霊が見えるとかではないのですが、親族の方がたまたま会社にいらした時に変な重たい空気を感じ、その時だけひどく体調が悪くなりました。 もしかしたら仏様が親族に何かを伝えたかったのかな、と考えてしまいました。 それからお仏壇のことが気になって仕方なく、放置していることに違和感があり、私は全く関係のない他人ではありますが、造花や(経済的に余裕がないため毎回生花を買えないので)、家で炊いたご飯を小さく丸めて冷凍しておき、出社したときにレンジでチンしてお供えしたり、お湯をお供えしたり、私ができる範囲のことだけにはなってしまいますが、やったほうがいいのかなと考えました。 でも、全くの他人がいきなりそんなことをしてきたら仏様は戸惑うのではないか、もしかしたら魂抜き魂入れをしていないのでどこかで彷徨っているのではないか、本当は親族に来てほしいのにあなたは誰だと思い怒らせてしまうのかもしれない、余計なことをしてもし私の家族に祟りがあったら困るなど、色々と心配もしてしまいました。 こういう場合は、どのようにするのがよろしいのでしょうか?全くの無知でお恥ずかしいですが、ご教授いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

仏壇の今後について

私は現在、叔父と祖母の位牌と仏壇を持っています。 お墓はなく、お骨は集合管理してくれる所にあります。 管理費などは曾祖母の息子さんがしていると聞いたことがありますが、10代のころに聞いた話です。                    本来は曾祖母から継いで母が持っていた仏壇だったのですが、私が手を合わせたりお花をお供えするのが好きなので、4年前 「それだったらあんたが持ていればいい」 と言われ、私のマンションに来て頂くことになりました。                     その矢先、母の部屋が大雨で水浸しになり、仏壇が駄目になり、こちらへ来るのと同時に小さい仏壇を買い、お性根入れをしてもらいました。 その半年後くらいに母と喧嘩をし、一切連絡を取らなくなりました。 プロフィールを読んで頂ければ分かるのですが、現在母・妹・弟とは疎遠になり、一切連絡を取っていない状態です。 そして2年前、私は現在のパートナーと一緒に住む事になり、仏壇と一緒にパートナーの家に引っ越しました。 そして昨年再婚し、名字が変わりました。 これが今までの仏壇の流れです。                    ここまでは良いのですが、今後、例えば私が急に倒れて居なくなった時、仏壇の行き場がなくなってしまいます。 旦那は神仏に興味が薄いので、何がなんだか分からないとよく言っています。                   いつ何があるか分からないので、今出来ることや、しなければならないことがありましたら教えて頂きたく質問を投稿した次第です。 仏壇の中にある掛け軸の文字から、宗派は浄土真宗大谷派です。                  お忙しいとは思いますが、何卒よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

仏壇からお供え物が落ちた

皆さま、新年明けましておめでとうございます。 早速の質問ですが、新年への日付が変わる瞬間に立ち会うため、十数年ぶりにて父方の祖父母宅で年越しを迎えました。 その後午前1時過ぎほどに空き部屋がないからと仏壇のある部屋で就寝。喉が渇いたためか目が覚めてしまい、スマホをいじっているときに、お供え物であるみかんがひとつだけボトリと触れてもいないのに落ちてしまいました。 三が日に起こる出来事は、これからの1年間を表すものと認識しています。何か私自身、それとも身内に対する何かの不幸な報せが来るという予兆かと少し怯えています。 勿論ご先祖さまが新年をお祝いにきた、とも考えましたが、性格上こうなると些細なことでも悪い方向に考えてしまい、元旦から考え込んでしまっています。 2023年は、一人暮らしを始めたり、私が発達障害と診断されたり、父方の祖父が肋骨骨折し肺気腫になったりと激動の1年でありました。 元旦の朝、スマホをいじっていた内容も治しきれない自分の悪い癖(関わらないでおこうと決めていたけれど関連の記事を閲覧してしまう)も出ていました。 ご先祖さまは何を伝えたかったのでしょうか? それともただ単に『ものが落ちた』それだけでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1