hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
お墓・仏壇
21454views

仏壇がなくお位牌だけで供養してもいいのでしょうか?お坊さんに聞きました

位牌とは、亡くなった方の霊を祀るため、戒名や法名を記して仏壇に安置する木製のお札のこと。仏壇の中央にご本尊様を祀り、その近くにお位牌を置いて亡くなられた方やご先祖様を供養するのが一般的です。

しかし、供養の仕方は、宗派や地域、家庭(嫁ぎ先など)によって異なるため、場合によってはトラブルにもなりかねません。
hasunohaでは、宗派を超えて多くのお坊さんがいらっしゃいますので、今回の相談に対しさまざまな回答が期待できますね。それではさっそく見てみましょう。


仏壇がなくお位牌だけでもよいでしょうか


先月、最愛の母が亡くなりました。(中略)
主人の実家には立派な仏壇があります。聞けば、仏壇は複数あるものではないとの事。仏壇でなく、位牌と写真、線香などで母を想ってあげてと母の両親に言われました。(中略)

位牌とお線香などをあげる容器など小物にあわせ、ご本尊を必ず用意しなければならないのでしょうか?位牌を置くならしっかり仏壇でなければいけないのでしょうか?


みつままさん(20代女性)は、嫁ぎ先でも母親の供養ができるように仏壇の購入を考えていましたが、仏壇は複数あるべきではないと反対されてしまいました。
一般的に、お位牌は仏壇のご本尊様と一緒に祀るもの。お位牌だけでも大丈夫なのでしょうか。


形ではありません。思いが大事です。

私なりの持論から言えば、仏壇は必要ない「とも」思います。
「とも」とカッコ書きしたのは、あった方が「気持ちが傾けやすい」だろうということで、なくてもお位牌を大切に扱うならば何ら不都合はないと思います。(中略)

例え仏壇やご本尊がなくても、どこか粗末にならないところを探して、きれいな敷物でも敷いて、お母様の居場所として大切にお祀りしてあげたら良いと思います。

(受法寺 小原観慈)


こちらのお坊さんは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ちが大事だとおっしゃっています。「お母さんこれ好きだったな」「これ旬だから美味しいだろうな」「食べさせてあげたいな」と、思いながらお供え物を選んでいる瞬間に、気持ちは届いているのだとか。
お線香も無理ならなくてもよし。お水でもお茶でも珈琲でも、ご飯がなければパンでもお菓子でも、気持ちでお供えをすることが一番だと教えていただきました。

そもそも、仏壇が一般家庭に普及し、お位牌が置かれるようになったのは江戸時代以降。それまでは、家庭に仏壇はなかったそうです。肝心なのは、形ではなく故人を偲ぶ気持ちなのですね。


仏教的な供養を

仏壇がなくても、インターネットからプリントアウトしたものでもいいので、仏像の写真やイラストか「南無〇〇仏」と好きな仏様のお名前を書いた紙やミニ掛け軸か、仏様を表す法輪のマークを、部屋のどこかに、できれば座ったときに見上げる程度の高さの位置に、貼っていただきたいと思います。

その前に位牌と、できれば三つ具足(線香、ろうそく、花)も置いてください。
花の管理が大変なら、花は普段は造花でもまぁよいでしょう。

(願誉浄史)

 
お位牌に記される戒名(法名)は、仏の弟子になったことをあらわす言葉。お母様も戒名を授かり輪廻の旅路に出られたのだとしたら、何らかの形で仏教的な供養をしていただきたいとこちらのお坊さんはおっしゃっています。

わたしたちは、お釈迦様をはじめとする仏様や、お釈迦様が遺された教えによって浄土に導かれるもの。仏様に手を合わせるのはそのためだと教えてくださいました。
ちなみに、仏様は「お土産もののかわいいお地蔵様のマスコット」でもよいそうです。


お仏壇はあった方がいいです

小さいお仏壇で、おまつりなさる事が一番よいと思われます。
よくききますが「お仏壇、お位牌がいくつもあってはいけない…」
まったくそんな事はありませんよ。
間違いでしかありません。

お仏壇は、お寺やお浄土とご縁のある方々(仏様、お祖師様、ご先祖様)が娑婆にお越しになる出張所だとお考えください。

(大法寺 長谷雄蓮華 (ラジ和尚))


こちらのお坊さんは、お位牌だけでもよいけれど、仏壇がないと雑な扱いになりかねないとおっしゃっています。ただし、むずかしいことは何も必要ではなく、亡くなられた方やご先祖様を大切に想い、供養なさりたいという心が一番大切だと教えてくださいました。


元の問答:仏壇ではない場所に位牌


今回の供養に関して、大切に扱うのであればお位牌だけでもよいという回答があった一方で、仏教的には仏様は必要、小さくても仏壇はあった方がよいなどさまざまな回答をいただくことができました。

しかし、共通しているのは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ち、それが何よりも大事だとお坊さん方はおっしゃっています。仏壇にこだわらず、わたしたちが心を向けて手を合わせ、お祈りしやすい方法が一番なのかもしれませんね。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「位牌・仏壇」問答一覧

母親の施設入所後の仏壇をどうすればいいか

実家の母親は施設に入所しています。実家は空き家になっています。 仏壇があるのですが、今までは月に一回、お寺さんが来てくださる時は近くに住んでいる姉が実家に帰ってきてくれていたのですが、事情があり、姉は実家に帰ってくることが困難になりました。 今後、仏壇をどうするのがいいのか悩んでおります。 父親は『墓はいらない』と言って亡くなり、親戚の人から今のお寺さんを紹介していただき、御本山の合祀墓にお骨は納めてあります。 母親も、そして独身の姉も父親と同じ形になると思います。 ですので、今のお寺さんとの御縁は大事にしたいと思っています。 私は、遠方に住んでいて、年に数回なら、帰ってこれますが、毎月は無理です。 夫は、仏壇を家に迎える事をあまりよく思っておりません。 今年一年は、私が帰れる時だけお寺さんに来て頂き、それ以外はお寺さんの所で拝んで頂く様にお願いしました。 お寺さんは、姉のマンションに移動すれば良いのでは、とおっしゃるのですが、姉は決心がつかないようです。 私も自分が仏壇をみれないのに、姉に押し付けることは出来ないと思っています。 そもそも、空き家に仏壇を置いておく事がおかしいのかもしれませんが、年に数回だけ、お寺さんに来ていただくというやり方は 失礼なことなのでしょうか? もちろん、来ていただかない月の分もお布施は用意したいと思っております。 いづれは実家を処分することになるとは思います。そうなれば、このやり方も出来なくなるかと思うのですが…… 来月、今後の事をどうするかお寺さんにご相談しないとと思っていますが、あまり失礼な事を言って、関係がこじれる様な事は避けたいと思っています。 アドバイス頂きたく、よろしくお願いします。 ちなみに宗派は浄土真宗です。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

長男と一人っ子夫婦の仏壇

お世話になります。表題の件です。 私の実家は真言宗豊山派、夫の実家浄土真宗です。 プロフィールで私の家族構成は説明させていただいているのですが、この度実父が介護施設に入居しました。実母の位牌は実家にあり、実母と反りが合わなかった祖母(位牌)、叔父のもとに置いてきてしまった、、といつも心の隅がザワザワしています。 父と相談し、いずれは介護施設か私の自宅に小さな仏壇を用意し、まずは母の位牌を、叔父の死後は祖父母と父の姉(夭逝)の位牌を「先祖代々」のようにまとめてその仏壇に…と思っています。ちなみに実家は仏壇ではなく、父が家具として作り付けの棚を設置し、内側を金色にし、大日如来の絵を飾り、仏具を揃えたものでした。 ただ、夫側は…いずれ両親が亡くなったときの位牌はどうするのか?私は何となく近所に住む義弟の家に仏壇を置くのかと思っていたのですが、「俺が長男なんだし、うちで仏壇を買ったら、そこにうちの親の位牌も一緒に置けばいいんじゃない?」と。介護施設にまずは設置するかもしれない、と考えて、父の預金から購入する予定でした。そこに義両親の位牌って…となんだか複雑です。でしたら、「夫と私」という新しい家族として仏壇を購入し、みんなまとめて祀る…? 「嫁に入った立場」だから、夫側を優先すべきなのでしょうか? ちなみに夫の実家には仏壇はありません。先祖の位牌もありません。 私は一人っ子で物理的にも私以外が引き継ぐことは不可能なのですが、夫は弟がいるので、そちらに祀るという考えも有ると思うのですが、今まで実感すらわかなかった「長男」がのしかかってきました。 長文で申し訳ありません。アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

仏壇の設置位置についてお教え下さい。

我が家は、義父のが分家し私達の代が2代目となります。 先日、義父が他界し仏壇とお墓を新しく設けなければなりません。仏壇の設置位置について仏間のなかで一番設置に都合の良いと思われる位置が2階の廊下や階段の下になります。 義母は『階段や廊下の下は仏さまを踏みつける事になるから絶対だめだ』『階段を付け替える』『廊下・階段の下にならないように、壁際から少し前にずらして設置する』と申しております。 ・“天”“空”と書いた紙を貼り付けたら階段下や廊下の下でも良いではないか ・一部分を塞いでも問題ない2階廊下に収納スペースにしてしまい、その下に設置したら問題ないのでは と提案はしておりますが、頑なに階段下はダメだと話が進みません。 私としては、階段下、廊下の下を避けた位置に仏壇を設けるとなるとちょっとした改築を伴うので今後の義母・両親や私たちが病気になった時などを考え蓄えをしておきたいという資金面の事もありますし回避したいと思っております。また、仏壇を壁際ではなく前に張り出させると不恰好ですし気になります。それに、前に張り出させたところで、そこは2階の部屋の入り口になるので、廊下の下と何ら変わらないと思います。 そこでご質問です。 ・仏教として、階段下・廊下の下に仏壇を設置することは問題ないのか、それとも禁じられていることなのでしょうか? ・禁じられているとしても、何か対策をとれば問題ないのか。(天や空と記した紙を貼る、仏壇の上に簡易的な屋根を作り階段と仏壇の境界を作るなど) ・そのた対策 があれば、どなたかお教え頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3