hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
お墓・仏壇
29379views

仏壇がなくお位牌だけで供養してもいいのでしょうか?お坊さんに聞きました

位牌とは、亡くなった方の霊を祀るため、戒名や法名を記して仏壇に安置する木製のお札のこと。仏壇の中央にご本尊様を祀り、その近くにお位牌を置いて亡くなられた方やご先祖様を供養するのが一般的です。

しかし、供養の仕方は、宗派や地域、家庭(嫁ぎ先など)によって異なるため、場合によってはトラブルにもなりかねません。
hasunohaでは、宗派を超えて多くのお坊さんがいらっしゃいますので、今回の相談に対しさまざまな回答が期待できますね。それではさっそく見てみましょう。


仏壇がなくお位牌だけでもよいでしょうか


先月、最愛の母が亡くなりました。(中略)
主人の実家には立派な仏壇があります。聞けば、仏壇は複数あるものではないとの事。仏壇でなく、位牌と写真、線香などで母を想ってあげてと母の両親に言われました。(中略)

位牌とお線香などをあげる容器など小物にあわせ、ご本尊を必ず用意しなければならないのでしょうか?位牌を置くならしっかり仏壇でなければいけないのでしょうか?


みつままさん(20代女性)は、嫁ぎ先でも母親の供養ができるように仏壇の購入を考えていましたが、仏壇は複数あるべきではないと反対されてしまいました。
一般的に、お位牌は仏壇のご本尊様と一緒に祀るもの。お位牌だけでも大丈夫なのでしょうか。


形ではありません。思いが大事です。

私なりの持論から言えば、仏壇は必要ない「とも」思います。
「とも」とカッコ書きしたのは、あった方が「気持ちが傾けやすい」だろうということで、なくてもお位牌を大切に扱うならば何ら不都合はないと思います。(中略)

例え仏壇やご本尊がなくても、どこか粗末にならないところを探して、きれいな敷物でも敷いて、お母様の居場所として大切にお祀りしてあげたら良いと思います。

(受法寺 小原観慈)


こちらのお坊さんは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ちが大事だとおっしゃっています。「お母さんこれ好きだったな」「これ旬だから美味しいだろうな」「食べさせてあげたいな」と、思いながらお供え物を選んでいる瞬間に、気持ちは届いているのだとか。
お線香も無理ならなくてもよし。お水でもお茶でも珈琲でも、ご飯がなければパンでもお菓子でも、気持ちでお供えをすることが一番だと教えていただきました。

そもそも、仏壇が一般家庭に普及し、お位牌が置かれるようになったのは江戸時代以降。それまでは、家庭に仏壇はなかったそうです。肝心なのは、形ではなく故人を偲ぶ気持ちなのですね。


仏教的な供養を

仏壇がなくても、インターネットからプリントアウトしたものでもいいので、仏像の写真やイラストか「南無〇〇仏」と好きな仏様のお名前を書いた紙やミニ掛け軸か、仏様を表す法輪のマークを、部屋のどこかに、できれば座ったときに見上げる程度の高さの位置に、貼っていただきたいと思います。

その前に位牌と、できれば三つ具足(線香、ろうそく、花)も置いてください。
花の管理が大変なら、花は普段は造花でもまぁよいでしょう。

(願誉浄史)

 
お位牌に記される戒名(法名)は、仏の弟子になったことをあらわす言葉。お母様も戒名を授かり輪廻の旅路に出られたのだとしたら、何らかの形で仏教的な供養をしていただきたいとこちらのお坊さんはおっしゃっています。

わたしたちは、お釈迦様をはじめとする仏様や、お釈迦様が遺された教えによって浄土に導かれるもの。仏様に手を合わせるのはそのためだと教えてくださいました。
ちなみに、仏様は「お土産もののかわいいお地蔵様のマスコット」でもよいそうです。


お仏壇はあった方がいいです

小さいお仏壇で、おまつりなさる事が一番よいと思われます。
よくききますが「お仏壇、お位牌がいくつもあってはいけない…」
まったくそんな事はありませんよ。
間違いでしかありません。

お仏壇は、お寺やお浄土とご縁のある方々(仏様、お祖師様、ご先祖様)が娑婆にお越しになる出張所だとお考えください。

(大法寺 長谷雄蓮華 (ラジ和尚))


こちらのお坊さんは、お位牌だけでもよいけれど、仏壇がないと雑な扱いになりかねないとおっしゃっています。ただし、むずかしいことは何も必要ではなく、亡くなられた方やご先祖様を大切に想い、供養なさりたいという心が一番大切だと教えてくださいました。


元の問答:仏壇ではない場所に位牌


今回の供養に関して、大切に扱うのであればお位牌だけでもよいという回答があった一方で、仏教的には仏様は必要、小さくても仏壇はあった方がよいなどさまざまな回答をいただくことができました。

しかし、共通しているのは、お母様やご先祖様を大切に思う気持ち、それが何よりも大事だとお坊さん方はおっしゃっています。仏壇にこだわらず、わたしたちが心を向けて手を合わせ、お祈りしやすい方法が一番なのかもしれませんね。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「位牌・仏壇」問答一覧

宗派が違う位牌を仏壇に 御本尊様は?

今年の2月に母が亡くなり、私は嫁いだ身ですが 私の家に母の位牌と仏壇があります。 (父と兄と主人に頼み、快諾してもらいました) 父は2年前に老人ホームに入居して、母が一人で住んでいました。 母が亡くなり、今実家は誰も住んでいません。 私が1日おきに実家に行き、掃除など風を通しています。 実家には祖父の位牌と祖父の先祖代々の位牌があります。 祖父は真言宗です。 (父方の祖父母は、父が10代の頃に離婚しており、 その後は全く音信不通でしたので、 母も兄も私も、お棺の中の祖父が初対面でした。) 母は浄土宗です。 初盆供養に来て下さるお坊さんに相談させて頂き、 祖父と先祖代々の位牌を私の家に持って来て、先祖供養もして頂きました。 祖父にこのまま私の家に居て貰おうかなと思っていますが、 仏壇には阿弥陀様がいらっしゃいます。 祖父の御本尊はどうすれば良いのでしょうか? そのまま実家の仏壇に居て頂いても良いのでしょうか? 祖父は来年三十三回忌です。 来年閉眼供養をして頂くつもりですが、せめてその時まで 誰もいない実家よりは私の家の方が良いのかなと思っているのですが、 孫とはいえ、生前会った事もない私の家じゃ居心地悪いかなとも思い どうするべきか考えています。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

仏壇について

こんにちは、この度新たに自宅に仏壇を持とうと思ってます。 家は両親が離婚をしたため、ご先祖とは疎遠であったため、今まで自宅に仏壇らしきものは一切ありませんでした。そこでこの度、仏壇をもち先祖供養をしたいと思っております。 父方の菩提寺は、北海道にあり永代供養のような方法でお寺に納めされて頂いております。(真言宗湯殿山弘周寺) そこで質問ですが、新たに仏壇を購入するにあたり、仏壇、仏具を購入した後、位牌やご本尊 (大日如来)の魂入れなどは、どのように行えば良いのでしょうか?現在、大阪住まいなのですが、位牌、巻物(大日如来)のご本尊、過去帳を大阪で購入し、それを持参して、北海道の菩提寺に行って、菩提寺で魂入れをしてもらい、持ち帰って自宅の仏壇に納めれば良いのか、また、位牌と巻物、過去帳を用意して、大阪の自宅にお坊さんを呼んで、直接仏壇の前でお願いしたほうが良いのかどちらが良いのでしょうか?仏壇や仏具等は通販で小さいものを購入予定です。 どちらにしても北海道には行って、過去帳を記載してもらう予定です。その時に、ついでに魂入れをしたほうが良いのかと思い、ご相談させて頂きました。 また、母方の先祖も同時に位牌を用意して、祀ったほうが良いのでしょうか? 因みに、ご位牌は、特定の戒名ではなくて、「XX家先祖代々」とする予定です。 全く仏壇のや先祖供養のことはわからないので、恐れ入りますがご指導頂けましたら幸いで御座います。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2