hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

迷い。

回答数回答 1
有り難し有り難し 15

 またの質問失礼します。カリンです。
前に地獄が怖いとお話させていただきました。
あるアメーバブログに天国と地獄をみた僧侶さんのお話を見ました。
そのお話の中に、お釈迦様が火の池で苦しんでいるとありました。閻魔大王様は
キリスト教を信じなかったから、火の池で苦しんでいるというのです。
この国は仏教の教えでもあり、今更ながらに、仏教の教えを沢山調べていたのですが
そんなまさかと思うばかりにございます。
キリスト教を信じないと、地獄に落ちるとありました。
臨死体験者のお話や、霊能者の方々の話など、それぞれの人が見ている景色が違い、何を信じればいいのか、わからなくなってしまいました。
この命は、神様から授かったものです。
ですが私は今まで信じもせず、ただ呆然と生きていました。全てを鵜呑みにしては、頭が混乱してしまいます。
私は何の霊力もなく、頭も良くありません
宇宙にはそういった世界が様々に存在していて、もう心の中がわからないと恐怖で埋め尽くされてしまいます。
どうしたら良いでしょうか。
返答お願い致します。

2020年6月13日 16:45

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

具体的なサイト名を挙げて、再質問していただけますか?

 質問、読ませていただきました。カリンさんは真面目な方ですね。そして、自分をしっかり観察し、自分に至らないところがあれば反省し改めようとされています。とても立派な心がけだと思います。

 質問を読んで感じたのは、「interenetの情報はもう少し注意をはらって読んで欲しいなあ。」ということです。
  更に言えば、internetにはフェイクの情報がたくさんあります。カリンさんが見たブログは、かなり怪しいサイトだと思います。


天国と地獄をみた僧侶さんのお話を見ました。

想像で書いた話なんでしょうけど、たとえ話ではないですか?本当に見たという話なら、そんな書き方をする僧侶は怪しい。


お釈迦様が火の池で苦しんでいるとありました。

仏教の僧侶がこんなことを書くとは信じられません。


閻魔大王様はキリスト教を信じなかったから、火の池で苦しんでいるというのです。

閻魔様はもともとYama(ヤーマ)と言って、インドでは「一番最初に亡くなった人間」「死後の世界の神様」と考えられています。それが、中国撰述の経典では、死者の生前の善悪業を裁く裁判長に格下げされています。お釈迦様を裁く権限は有りません。「キリスト教が信じないから、血の池に落ちた。」と閻魔様は言わないと思います。

ご質問にあるような記述を読めば、不安になり迷いも生じます。どう考えても、仏教を正しく伝えているサイトではありません。具体的なサイト名を添えて、再度ご質問下さい。

追記
サイト確認しました。
https://ameblo.jp/heven-hell/entry-10666438309.html
お釈迦様にかんする記述は、とんでもないデタラメだと思います。

『仁愛福音』という怪しげな新聞に載っていた「ミャンマーの僧侶がキリスト教に改宗した体験談」でした。キリスト教の方が読んでも変に感じる記事だと思います。怪しげな予言記事ばかり載っているブログですね。このブログを読むのは、カリンさんの自由です。このブログ記事を信じるか信じないかは、カリンさんの自由です。今後、このブログに関する質問についての回答は、お断りさせていただきます。

 字数制限の関係上、十分な説明とはならなかったかもしれません。今回のブログ以外のことでしたら、どうぞまたご質問下さい。お待ちしております。 

2020年6月13日 18:34
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

質問者からのお礼

吉田俊英様
返答ありがとうございます。
ネットのことを鵜呑みにするのは良くないことはわかっているのですが、
実際に体験したとなると、どうも聞き入れてしまう、自分という存在がいけないと、感じてしまいます。
こちらはサイト名です。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/heven-hell/entry-10666438309.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAaqOoPeD8-KvygGwASA%253D

天国と地獄をみた僧侶と調べていただいたら、ミャンマーの死から生き返った僧侶の天国と地獄の証言 釈迦に出会った。
というアメーバブログ(Ameba)というブログにあります。

迷いに、迷ってなんだか申し訳ありませんでした。しっかり、自分の力で、幸せにならなくてはなりませんね。
質問に答えていただき、ありがとうございました。

「地獄」問答一覧

この世こそ地獄

私はうつ病4年目です。 子供や親を養うために仕事を辞める事も休職する事も自殺する事もできません。 病気は治るわけもなく、毎日クタクタになって帰宅しています。 休日は、ほとんどベッドの上です。 疲れやすく、何もする気になれず、欲しい物もないし、テレビも読書も以前好きだったのに何にも興味を持てず、ただただ毎日なんとか『生きるしかない』状態です。 自分が不甲斐なく、『生きなくてはいけない』事に疲れ果てています。 死 とはなんですか? 地獄 とはどこですか? 極楽浄土 とはどこですか? 私は、 死 とは、無 になることと思います。魂とか怨念とかそんなものはなく、ただそこにいた人間が居なくなり 無 になるのだと思います。 地獄 とは、存在しないと思います。 もし仮に輪廻転生があるのだとしたら、今生かされている この世こそが 地獄 だと思います。 うつ病だと知ると平気で差別し偏見を持ち疎外されてきました。 今、死にたい人に安楽死を許可したら世界の人口はいったいどの位減るのか…そう考えていただけたら私が言う この世こそが地獄 と言う考えを理解していただけるのではないでしょうか。 極楽浄土 とは、存在しないと思います。 もし仮に輪廻転生があるのだとしたら、転生されなくなった時を表しているのだと思います。 私は今生かされていますが、状態からすればもう 無 なのだと思うのです。 まとまりの無い話になりましたが、このまま、この世で死んだ様に生きていく事に意味はあるのでしょうか。 家族を養う事は大切です。 ですが充分な保険に入っているので大丈夫だとも思うのです。 残された人の気持ち…と言われると辛いのですが、どの道人はいつか死ぬのです。 この先も生き続けなければならないならば、こんな私はどのような心持ちで生きたらよいのでしょうか…

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

地獄が怖いです。

以前の質問に回答していただいたように懴悔をしようとしましたが、何がなんだか分からなくなりました。 ごめんなさい。 どうしたらいいのか分かりません。 これまでの質問を含めて、今までたくさん良くないことをしてきたと思います。 今日や、今もしてしまっているかもしれません。 これからもしたりしてしまうと思います。 hasunohaに「絶対にしないように気をつける」というようなことを書いたことに近いこともしてしまっているかもしれません。 自分が悪く、自分勝手だとは思いますが地獄が怖いです。 これから、できる範囲で同じ過ちを繰り返さないように気をつけていけば許されますでしょうか。 今は、地獄が怖いのが原因か分かりませんが、以下のようなことを寝ている時以外ほとんどの時間気にしたりしてしまっている気がします。 ・様々なことで謝ったりなどをする。 自分が納得できる謝り方?ができるまで繰り返したりなどします。 ・考えたらいけないようなことなどを、ふと考えたりしてしまう。また、「考えたらダメだ」などと分かっているかもしれないのに考えてしまう。 それらを取り消そうとしたり、謝ったりすることがあります。 ・完璧?でないといけないと思う。 細かいことも気になり、「もし〜だったら」などと確認したり、やり直そうとしたり、やり直したりしてしまいます。 これら以外にも気にしたりすることがあると思います。 辛いです。 分かりにくい内容だとは思いますが、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

地獄、輪廻転生について

長文失礼します。Youtubeで地獄という動画を見て個人的にどうかなと思ったので質問させてもらいます。 よく自殺したら地獄へ行く。両親より先に死んだらさいの河原で石を積みあげ、無益な殺生や戦争などで人を殺したりするとそれに対応する地獄へ行き罪を償うと拝見しました。また転生の際は前世の行いによって生まれ変わる条件や生物までもが決められると知りました。欲深く生きていると豚、嫉妬深いと蛇といった感じでした。私にはそれが理解出来ません。 皆仕事や受験で他人を蹴落として上に上にと高みを目指し時には他人を恨みそして欲望の限りお金を儲ける。無益な殺生であれば蚊やゴキブリといった虫を誰もが殺すし戦争であればお国の為にと戦った兵士が何故地獄へ行くのか。自殺した人が地獄へ行くのもどうかと思います。現世でいじめやパワハラ、生きにくい世の中に絶望してその人にとっては楽になりたい、この苦しさから逃げたい、生きている方が地獄だという思いで自殺すると思います。なのに死んでからも地獄は理不尽ではないでしょうか?両親より先に死ぬのにも病気や事故、天災といった理由でもさいの河原で石を積みそして地獄へ行くのはおかしいと私は考えています。 地獄、あの世も時代と共に変化する必要があるのではないでしょうか?自殺した人で地獄へ行くのは殺人などの重い罪を償わず逃げる為に自殺した人は地獄へ、現世で苦労した末に自殺した人は次の人生では幸せな人生を送れるようにするべきです。また仏様はその人が越えられない壁は人生に作らないと聞きましたがその人が壁を越える事ができなかった時のことは考えているのでしょうか? 是非、お坊さんの意見を聞きたいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

私はどれくらい地獄に落ちますか?

前世で蟹女(仮名)に村一つ分の放火の濡れ衣着せられて今生での人生ずっと苦しんだ。 そのせいで私自身も追い詰められた末罪犯す羽目になって、なのに蟹女は何故かたくさんの人に弁護され守られて。 散々な人生歩んで蟹女に罪被せられたせいで犯した罪なのに、私だけ蟹女の分も地獄行きなんだろうなぁどうせ。 具体的に言うと蟹女に憑りつかれて放火して自分が放火したんだと思い込まされてさらに別の誰かに憑りつかれて恐怖心から別の女の子(Aちゃん)を自分の身代わりにして 全く悪く無かったAちゃんが100年近く黒縄地獄に落ちた。 これってやっぱり私が悪い事になるの?でも蟹女も悪いんじゃないの? 私はやっぱり地獄に落ちなきゃいけないんですよね?それで、蟹女は? 元はといえば蟹女の業なのに。押し付けるんならAちゃんじゃなくて蟹女自身に押し付け返したかった。 とか言ってる間に昨年京アニ放火事件が起きてしまった。 私が上記の事を訴えても蟹女も周りも馬耳東風で何も聞いてくれなくて、自棄になってるとき、 京アニのアニメMADを見てた。それで放火の事が頭をよぎって私はそれを振り払った。 そしたら京アニ放火事件が起きてしまった。 昔から私が何か事件とか事故とか思いついてしまうとその通りの事件が起こるのも悩み。 これだけの業(私に責任があると思えないモノも含め)で、私はやっぱり無間地獄行なんでしょうか。 Aちゃんの件があって一度は永遠に無間地獄から出られない覚悟もしましたが、もうどうすればいいのか分かりません。 蟹女は閻魔大王のお気に入りで地獄になんか絶対落とされそうにないです。皆も蟹女を擁護するし。 なんだか不公平に思えて仕方ありません。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

地獄が怖い

初めての相談です。 私はこれまで、人を憎み、虫を殺し、ネットのルールも守れず、盗みを働き、 友人の物も盗み、勉強もせず、人に嘘をつき、家族に嘘をつき、酷い生き方をしてしまいました。 私はあの世について調べていました。 そしたら死んだら悪人は地獄に行く、 現代人の半数は地獄に落ちる、地獄は存在する、臨時体験で地獄を見た、という恐ろしいことが書いてありました。冗談ではない、子供の教育の為の嘘ではないのだと。 懺悔をしても、心は報われません。 死ぬのが怖いです、自主しようと思いましたが、元々家族に信頼されていないと思い、周りに影響する酷いことをしたのだと 罪悪感で、震えが止まりません。 後悔しても仕切れません。 本当に私は、悪い人間です。仏教の教えを知らずして、悪い事ばかり頭が働いてしまう自分が情けないです。 今こうして平然と生きていることが、嫌になります。犯罪者の身なんだと、見守ってくれているご先祖様や、仏様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 過去にした出来事は、戻すことは出来ない 自分を悔みます。 怖くて苦しいです。 これからが不安になりました。いい行いを これから出来るのか、完璧にならなくては、好きなことを我慢しなくては。 毎日自分のしたことの罪悪感で心が潰れてしまいます。 現実は厳しい世界です、仏教の教えも、 やはり厳しいのでしょうか、六道輪廻という言い伝えがあるのをネットで拝見しました。苦しいことを繰り返す。 人はまた人には生まれ変わることはない。 アニメを見過ぎている私は、転生する、 命は循環している。そう今まで思っていました。そう信じて生きてきました。 限られた命、好き放題してしまって、情けないと思いました。地獄は 炙られて、切り刻まれて、叫び声が聞こえて、骨になり、活活と鬼が言うと、また体が戻される。 想像しただけでも、恐ろしいです。 いい人になりたい、親孝行をしたい、 でも自分は死後、49日も、恐ろしいです。臆病者です。純粋な頭の悪い人間です 長文で申し訳ありません。 返答よろしくお願いします

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る