hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

後悔ばかりの人生

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

人生が詰みの状態です。

5年ほど前、天職だと思える仕事に就きました。自分がやってみたいと思っていた事で認められ、毎日が本当に楽しくて輝いていました。
ですが、社内恋愛の末、交際相手から手酷く振られたうえに、信頼していた人からのレイプ未遂が重なり、人間不信から心が折れて退職。
その後、これまでとは全く別の仕事に転職。最初は仕事を任されていることや頼られていることにやり甲斐を感じていました。
しかし思った以上の激務と、父親の病気で収入が途絶えて実家が家庭内不和になったことで、精神はボロボロに。
どうにか日々を乗り越え、やっとことが落ち着き、あとは幸せ一直線だな思いながら長年片思いをしている相手と飲みに行くと肉体関係に…ダメだと分かっていたのに。更にそれを感じ取った異性からは軽い女扱いで誘いは尽きず。仕事に集中できずミスが続き自信も喪失。今の職場も最早これまでかと思っています。

何故同じことが繰り返されるのだろう、繰り返してしまったんだろうと後悔と反省の連続です。
私には仕事も恋愛も向いていないのかもしれません。でもどちらも頑張りたいし、人並みの幸せを手に入れたいです。
後悔ばかりの人生、泥だらけの人生を正して、好きな人や好きな物を選んで真っ直ぐに生きたいです。
でもまた同じような結末が待っている気がして、動き出す勇気がわきません。
私は誰かに必要とされ、愛されることはあるのでしょうか。過去を消すことはできませんが、乗り越えて強くなることはできるでしょうか。どうすればこれまでとは違う、真っ当な人生を歩めるでしょうか。今の仕事を続けるべきなのかも分かりません…
何か助言をいただけると幸いです。

2021年8月30日 23:38

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

知っているのと身についているのは違う、ということ

こんにちは。

「何故同じことが繰り返されるのだろう、繰り返してしまったんだろうと後悔と反省の連続」と書いています。これまで、あなたが経験した辛い出来事や困難を踏まえると、「後悔」も「反省」もあるでしょうし、「どうすればこれまでとは違う、真っ当な人生を歩める」のかと切実に問う気持ちは良くわかります。

私は第三者であるため、事実関係の詳しい内容や前後関係が不明な上での回答になることを了解してください。その前提で回答します。

上記には、「社内恋愛」と転職した後の恋愛が書かれています。
今回、特に二回目のことに注目してみたいと思います。

「全く別の仕事に転職」し、「やり甲斐を感じてい」た。
そこで、「長年片思いをしている相手と飲みに行」き、「ダメだと分かっていたのに」「肉体関係に」なった。「更にそれを感じ取った異性からは軽い女扱いで誘いは尽き」なくなって、「仕事に集中できずミスが続き自信も喪失」して「今の職場も最早これまでかと」考えるようになった。ここが現在地ですね。

「ダメだと分かっていた」の「ダメ」とは、どういう内容でしょう。
以前の「社内恋愛」での失敗や教訓が頭にチラついたということでしょうか。それとも別のなにかでしょうか。何れにせよ、早々に「肉体関係に」なる愚を「分かっていた」のではないですか。その行動が、相手にそして周囲にどんな印象を与えるか、ということを。

つまり、「分かって」いるはずだったことを、きちんと分かるようにする。実際の言葉に行動に反映する。単純なことのように思えても、知っているのと身についているのは違うということがわかっただけでも収穫ではないでしょうか。あなたが為すべき方向はすでに明確になっている、ということです。

愚痴、の痴は、知るという字に病垂れがかぶさっている漢字です。
知っていると思うことが、その実、病の中にあるということを教えてくれています。知っている、が愚かさと不満の表出と関連があることも。

自らを省みて、改善すべきを改善すればいいだけの話です。
あなたは恋愛による不安定化さえ避ければ仕事そのものには、一生懸命実績を残せる人だと思います。ご自身の思考と行動を強固に明確に意識することで、あなたの前途はきっと明るくなります。その観点で、今の職場にとどまるべきか、転職すべきかをお考えください。

どうぞお大事に。

2021年8月31日 8:19
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...

「後悔から抜け出したい」問答一覧

過去の後悔に縛られている

こんにちは、地方に住むアラサーの会社員です。 過去の後悔(あれをやっておけばよかった、やりたかったことが出来なかった)を日常の中で度々思い出し、虚しい気持ちになります。 もともと好奇心旺盛な人間でした。高校を卒業したら好きな英語の勉強をしたく留学を祈願しましたが、金銭的な理由で却下。せめて国内で英語の勉強をと思い、行きたい大学があるも親に「将来どうするの?」と言われ、気が弱いわたしはそこで進学を諦めてしまい、実家から近い医療関係の資格がとれる大学に行きました。 進学した大学では、自分の思い描いていたキャンパスライフとは真逆であり、飲み会やサークルなど楽しみたかったのですが、全くといって無縁の生活を送りました。その当時はその生活で良い、と思っていたはずですが、アラサーになった今、もっと自分の意見を通してやりたい勉強を行えばよかった、もっと積極的に交流の場に行けば良かった、など後悔がおさまりません。 学生時代は生涯1回だけです。もう絶対に取り返せない物を手に入れたくて仕方がありません。今までの人生、自分で決断をしたことがあるだろうか?と、この年齢になってこのような考えを持ってしまい、虚しい気持ちになる時間が多くなりました。 過去の後悔から脱却したいです。こんな幼稚なわたしにご教示いただけないでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

母に謝ってやり直したい 過去が恥ずかしい

結論から言うと私が悩んでいることは ・過去の自己中心的な行動がとにかく恥ずかしい ・母や弟を傷つけたことを後悔している ・母に謝りたい の3つです。 1つ目は書いてある通り、他人の気持ちを考えず生きてきました。 こんな私でも友達はいましたが、通信高校に転校したことや、受験生で自分から連絡を絶ってしまったことで連絡を取ることも減りました。 2つ目の母や弟を傷つけたというのは、私が父から虐待を受けていた事に文句を言い母や弟に暴言を吐きまくっていたことです。 当時は誰も助けてくれなかったという意識が強かったのですが、今考えると母はとにかく頑張っていたと思います。 私のせいで2人の性格は以前より荒れていると思います。 3つ目の母に謝りたいというのは2つ目の理由についてです。 どれだけ頑張っても文句の言う父に似た娘がいるという事がどれほど辛いことか、1人で子供を育てることがどれほど大変なことか、もっと考えるべきでした。 先程謝罪の手紙を部屋に置いてきましたが読んでくれたかどうか........ 長々と書いてしまいすみません。 全部改善してやり直したいです。こんなどうしようもない人間で恥ずかしいです。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る