hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

大きな幸せ、大きな目標

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

生き方について相談したく質問させていただました。

私は学生の時くらいから自分にいつも大きな目標を課して、その目標が大きすぎるから達成することができず、満足感が得られない状態が続いています。

幸せに対しても同じで、大きな幸せを求めすぎています。こちらに関して小さな幸せを毎日の中で見つけなくては、と思って変わろうとしています。

しかし、目標に関してはエサを頭の上で吊るされている犬みたいにずっとエサを求めて走っているけれどエサは遠ざかるばかりみたいな状態で、このままでは身も心もクタクタになり、さらにはエサ(ゴール)も全然近付かない。

しかし、5年前を振り返ると、目標は達成していませんが、少しずつ(ほんの少し)成長はしているなとは感じております。

私にはとても大きな夢があり(私にとってはとても大きい)、今まで頑張れたのも自分に大きなプレッシャーを与えてきたからだと思います。だから、大きなプレッシャー大きな目標を与えなくて、頑張れるのだろうかという不安があります。

小さな目標を少しずつ立てて、夢を叶える方が心が楽だと思いますが、結局大きな目標が常に心のどこかにドシつと構えてるので心は楽になりません。

なかなか柔軟性のない頑固な性格で、これについては混乱気味です。

この夢は私には大きすぎるのでしょうか。

2022年2月21日 7:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

夢を建設的に表にだしてみる

拝読させていただきました。

夢のとらえかたは人それぞれでもありますが、叶わない夢などひとつもないと思います。

ただ、夢は逃げないですし、夢から離れていってると思っているだけの気持ちが遠ざけているかも知れません。

題目で「建設的に表に」と記しました。
夢に到達するまでには、さまざな工程があります。
例えば、マイホームを購入したい夢があれば、すぐには手に入らない。しかし、毎月コツコツと貯金をし、無駄遣いをしなければマイホームに近づいていきます。
人生にはエレベーターやエスカレーターはなく、自身の足で日々歩み続けていく中に、工程という「夢への段階」がモチベーションを落とさないことでもあります。

その夢に、時間制限(年齢)があるのであれば、限界はあります。
しかし、夢をもつ人は努力を自然にできており、夢を叶えられなくとも、夢に向かう邁進という屈しない精神力や、こんな私にもこんな感情や頑張れる力があったんだなどと、後々に夢と他の方向へ進もうとも、新しい夢や、自身が本当にやりたかったことに気付くことが多いです。それこそが自身の『宝(財産)や生きる力』と変化していきます。

例えの話しでもマイホームを手にしたけども、ローンが残る、年数とともにリフォーム(メンテナンス)費用までを算段していくことが大切です。

東大に合格しても、まださらに難解な勉学が待ち構え、夢の向こうにはまだ大きな夢をもつことが肝心です。

努力しても成功するとは限らないが、しかし成功している人は皆、努力している。とあります。

ここで肝心なのが、「努力の仕方」です。
1ミリのズレが生じると一年で365ミリのズレが生じます。
努力している中で、ときには立ち止まり「この努力は間違っていない努力なのか?」を自己確認することも大事です。
ここで大切なのは、他人から決めつけられたりすることは無視しなければなりません。それは他人の価値観で、他人の評価を決めようとするからなのです。

山登りでも、まずはここまで登り休憩、あともう少し登れば、新しい景色が自分の目で見れるんだと信じていくことです。

信じる力には、自分を疑うときもあります。しかし、夢というものは中々見つかりもしないものです。
夢が叶えられなくとも、今「菜の花さん」は、夢の中を走っているんです。

合掌

2022年2月21日 15:37
{{count}}
有り難し
おきもち


祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

法源様

ご回答ありがとうございます。時には立ち止まってみる、ということをちゃんとしていなかった気がします。こんなに頑張っているのになんで?と不満ばかり漏らしていたかもしれません。定期的に自分の現在地、やり方を客観的に確認していきたいと思いました。ありがとうございました。

「目標・夢を叶えたい」問答一覧

刑務所に行きたくない。夢を守りたい。

過去の出来事と言えば、過去になりますが、地続きで現在進行形になります。2年前に窃盗をし、現在、指名手配されてます。事情があり住む場所がなく、出会い系アプリで宿を探しながら転々としていてとある日、泊まった家の人から金品を盗み質に流しました。 泊まった人は一言で言ってしまうと気持ち悪い人でした。メールではイキるのに現実では何も言ってこなかったり、出会い系の年齢を大幅にサバを読んでいたり、私は20になったばかりでしたが、相手は40過ぎていたと思われます。好意を寄せられたり、所作の一つ一つが気味悪く、その家から出ようと思い、出ました。 そのまま出たらよかったのですが、その時は夢のために活動していたこともありました。【歌手になる事】意地クソ悪い警官二人組に路上ライブを止められてしまいました。他の警官はやり過ごしてくれたり応援してくれたりしましたが、その二人組だけにはやたらと目をつけられていました。次やったら逮捕するぞ、など冒涜含め色々と言われました。ここでは書ききれないですが、それまでも過去に辛いことがあり、やっと立ち上がり活動していた時でした。 稼ぎ口を失いどこへ行っても自分は無理なんだと絶望してしまいました。実際、路上ライブをしてお金も稼いでいました。地元の人も応援してくれてました。月に12万ほどでしょうか、宿は出会い系やネカフェを使っていました。 体を捧げる代わりに泊まらせてもらう、今思えば削られたり消費された感覚があり、辛いなぁと思います。でも実際そんな生き方しか出来なかった自分もいます。 事情を知る他の人は出頭して問題を片付けろとか、夢のためなら逃げ切ればいいとか多種多様な意見をいただきますが、自分は夢を守るために時効になるまで逃げ続けたいと思ってます。被害者に申し訳ないという気持ちはありません。生きる為に盗んだという免罪符が心の中にあり、金持ってるんだからいいじゃん、若い子【自分】に気持ち悪い思いをさせた挙句、デートの真似事までしてやったのに被害届出しやがってなんて気持ちです。ぶっちゃけてしまえばですよ 書き方が人のせいにしてる感じっていうのは自分でもわかってます。ですが、事情を伝えようとするとどうしてもこういった書き方になってしまうのをお許しください。 これについて想うことや、お坊さんのご意見をお聞かせください。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

夢を追ってもいいのでしょうか?

初めての質問なのでつたないですが書かせていただきます。 私は母子家庭の二人兄妹です。兄は最近会社を辞めてアルバイトをしながら次の就職先を探しています。母の方は1人で私を私立の高校に入れてくれて、私は今大学に通えています。 高校生の時に母が脳梗塞を起こして倒れました。生活に支障が出ない程度の後遺症(呂律が回りずらい、重いものが持てない等)は残りましたが、無事でした。今は私や兄から多少のサポートを受けながら仕事をしています。 私は役者を目指しています。演技が好きで、それが生業にできたらどんなに幸せかと考えています。今は色んなオーディションを受けたりもしています。ただ、役者は安定しない職業です。生きていくことさえ難しいだろうとも思っています。 そんなことを考えると、いつも母のことが頭をよぎります。母の年齢もありますし、支障がない範囲とはいえ後遺症もあります。母を支えながら生きる事を考えると、安定した職に就いて安心させた方がいいのではないかとも思います。 そしてその後必ず「私の人生なのにどうして母のことを考えないといけないんだ」と自己中心的な考えになって、そんな自分に自己嫌悪してしまいます。 自分が勝手に意識してしまっているだけと言うのも重々承知しています。ですが、育ててもらった恩があるので見過ごすわけにもいきません。病気になった後からずっと、母を優先で考えてきたので、自分の意思をここで押し通していいのかも悩んでしまいます。 母はどんなことでも「好きなようにしなさい」と言ってくれています。ですが、自分のやりたいようにするたびに、罪悪感を感じてしまって落ち込んでしまい、ますます夢を追っていいのか考えてしまいます。 私は夢を追っていいのでしょうか?それとも他の安定した職業に就いた方が良いでしょうか。ご回答の程よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

夢は見つかりましたが今の生活が辛いです。

自分は性的違和(性同一性障害)のFTMで(女から男)と軽度の知的障害を持ってます。 小さい頃から持っていた夢は全て公務員でしたが、疾患は軽い方でも夢は諦めました。 そして最近、勤めていたパートの主に正社員の方との人間関係が上手くいかず、また家も性同一性障害だからという理由で追い出され、退社と家を出るという不幸に見舞われ、とある仕事の方が見つけてくださったグループホームと仕事先を見つけてくれた施設で約4ヶ月目でもバリバリ働いてます。 そして、ようやく新たな夢を見つけました。 それが僧侶になるという夢です。(大学に入ったりして夢が叶うかは分かりません) ですので、お金が貯まったら専門学校か大学へ勉強をしに行こうと思ってますが、今はお金がなくて、今ある趣味を捨てて貯金を頑張ろうと思ってます。(それぐらいのやる気はあります) ですが、一つ問題がありました。 それは会社よりもグループホームの方と上手くいってなくて辛いです。 仕事は辛い事がありますが、頑張って続けて仕事場の方から褒めてくださるほどだんだんと自分も成長を感じてる部分はたくさんあります。 しかし、グループホームの方の当たりが強くて、どうしても飲み物がない時に、「最近、贅沢してないし少しだけ」と飲み物を買っただけでスタッフとか総出で「金ないのに贅沢すな」とか「欲しいのが我慢できないのは病気だ」って言ってきたり、だんだんと最近素が出てきたり、通帳や郵便物を見られるのも苦でしかたがなく、本当にそれが罰ゲームみたいで辛いです。 だからストレスが溜まり、少し暴飲暴食気味です。 だから、普通でも理解してくれるはずの環境でも同じなら、俺はどちらかといえば普通を選びたいと思ってます。 そこで質問です。 俺は、今後どうゆう対応を取ればいいのでしょうか? 回答よろしくお願いします ちなみに、夢については誰にも話してません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

夢を追いたいのに心がぶれてしまいます

はじめまして、YYと申します。 今年で34歳になります。 色んな仕事に就いてきましたが、造形作家になるという夢に挑戦することを諦められなくて、時間が作れるアルバイトで最低限の生活費を稼ぎつつ、作家活動をしております。 今はやりたいことに挑戦できているのですが、未だに芽が出ず、「こんな歳になってまで何をしているんだろうか。本当にこの夢は叶えられるのだろうか」と常に不安があります。 夢を追うのに年齢は関係ないとよく耳にしますし、友人や仕事仲間に相談しても「世間の目や年齢なんか関係ない。やりたいことをやってるのはとても素晴らしいよ」と励ましてくれます。 その時は元気が出ても、他の友人の仕事で成功している姿やお金を自由に使って楽しんでいる様を見ると、何とも自分が情けなくなります。 そして、もう一つ、親が今の状態について快く思っていないことが追い打ちをかけます。今はなんとか一人暮らししていますが、帰省するたびに「将来の生活はどうするんだ。老後に金が無きゃ生きていけない。正社員に早くなれ」といつも苦言を呈されます。 そして、いつもケンカして帰る、というのがお決まりのパターンになってしまいました。 本音を言えば、親の言うことは図星で、自分でもどこかで「本当は夢を叶えるなんて無理」と思っているからこそ、意固地になって反抗してしまうんだと思います。 貯金もほとんどなく、「いつか、どこかで、誰かに作品が認められる」と、それこそ夢を見ながら、いつか叶うと現実逃避しているのも分かっているからこそ、毅然とした態度で自分の夢を発言できないのだと思います。 しかし、就職するとなっても、今までも転職を繰り返してきており、一般就労が自分には向いてないのだとも思っております。そして不安が募れば友人たちに夢を語って付け焼き刃の安心を得ている日々です。 「夢を追う」ということに対して、一体自分はどういった心持ちで作家活動をすれば良いのでしょうか? そもそも、もっと別の何かを改めないといけないのでしょうか?就職というものから逃げているとも自分で思います。 稚拙な文章で申し訳ございません。 これを書いている間も心が押しつぶされそうになります。 どうか、ご助力を賜われたら幸いです。 何卒、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ