hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

感謝されて逝きたい

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

いつもありがとうございます。緊急度低めの質問なので、他の手助けをもっと必要とする方がいましたらその方を重要最優先でかまいません。

少し前までは、両親は愚か、娘や夫を許せなかった私ですが、ハスノハを見て、しょうもないことに腹を立てても、煙たがられて良いことはないなと気づきました。

怒りっぽくて、度々人と衝突し、時間にルーズ、ミスだらけ、忘れ物なくし物の多さに、毎日毎日後ろ向きなことばかり呟いていた性根は、
お経やお寺参り、仏様の顔を観て自分を見つめる時間とともに、ずいぶん円くなったと自分でも不思議なぐらいです。

年を取れば体もオツムも弱くなり、逆に子どもや若い方の力に頼らざるを得なくなります。
最近は、周囲に心から長生きしてね、と言われる歳のとり方をと願う今日この頃です。
と思うと、せめて周りの困りごとの種にならないよう、今から日々の行いや習慣をちょっとずつ改めなきゃとも思います。

三十代まで構ってちゃんの村八分だった私ですが、お寺での奉仕員を経てから、今では嘘のように休み無しに仕事が来ます。
(大きな声では言えませんが、当時ハスノハにも嘆きの質問をし、目の敵にしていたお局様よりも、諸々3倍くらいには…これもお寺の皆様の智慧のおかげです)

願はくは一生現役で、死ぬ前まで働いて、世の中の役に立ち、感謝とともに逝きたい。
老いることも、いずれ死ぬこともありがたいのですが、どうか世話・厄介にはなりたくないです。

『今ここを生きる』仏教の考え方からすれば、未来を勝手に思い煩うことは、煩悩そのものだとは思いますが、まだまだ未熟な、家の中ではサボり魔の私が、心を入れ直してちゃんと、娘からも認められるような大人の母親となれるようお諭しいただけましたら幸いです。

最後に一言。ああ、片付けが、苦手です!
本当に、外ならまめまめしく動けるのに、なぜ家だとこんなに愚かな母親になってしまうのでしょう…お空のお母さん、ごめんなさい!

2022年11月25日 0:27

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

感謝されるのも相手合ってのこと、先ずは自分が感謝する

茗荷さん
こんにちは

拝読させていただきました。
これからのことへの不安がつのり、お辛いですね。

ずいぶんまるくなられたとのこと、すばらしいですね。

>今から日々の行いや習慣をちょっとずつ改めなきゃ
>心を入れ直してちゃんと、娘からも認められるような大人の母親となれるよう
ほどほどで良いのではないでしょうか。

動物の世界では、老いれば死に向かい、生態系のなかの新陳代謝として、自然と次世代へつなげる流れになるのだと思います。ただ、ヒトの世界は文化や社会を有し、社会的動物であるが故に、ある程度老いても、誰かの厄介になる場合は多々あるのではないでしょうか。もちろんできるだけ、お世話・厄介にはなりたくないというのはあると思いますが、自分一人でなんとかならない部分もある気がします。
これもほどほどで良いのではないでしょうか。

>世の中の役に立ち、感謝とともに逝きたい。
そうですね。
ただ、これも相手があってのことだと思いますので、自分が役に立つような行いを心掛け、日々、様々なことに自分が感謝をいだけば、その先には、相手に感謝される存在になるのかもしれません。

片付けが苦手でも、サボり魔でも良いのではないでしょうか。
みなさん元来そんなもんな気がします・・・

応援しています。
一つの参考となれば幸いです。 

2022年11月25日 9:18
{{count}}
有り難し
おきもち

慧徳
真言宗 僧侶。スピリチュアルケア師。 みなさまのお悩みに日々、寄り添えれ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

慧徳様
早々のご回答、ありがとうございました。

>サボり魔でも、片付けが下手でも良い
なかなかもって、家族はそう優しい言葉をかけてはくれないことが何より、家に帰ると時折心がしぼんでしまう引き金です(涙)

私はたまたま、そういう夫を選んでしまったのと、夫を悪者にすることは避けたいのですが、もともとヤングケアラーでしたし、自分を責めがちです。
サボり魔で片付け下手の嫁はやっぱり、夫にしてみれば、ストレスの根源、苦の種なのだと思います。
朝から晩まで週7日働き、その稼ぎで生活費も捻出し、更に家事もというのは、周りは皆、それは普通じゃないと、言います。
同性同士は特に、許せないと家庭不和・夫婦不仲一直線の夫叩き話になるので、外ではもう愚痴らなくなりました。

この年になって、我慢に衝突を山程重ね、もがいてわかったことは、男の人も、その子どもも、母親という人間には、甘えてわがままを言うものなのだなぁ、ということです。そう理解することにしました。

「与える人をダーナ、旦那という。与える人になれ。」というようなことを昔、和尚さんに教わりました。
今の私は時々やっぱりものすごく、重たくてしんどいな、と感じます。

週に七日間、外へ仕事に出かければ、しんどさ以上に行く先々で、皆さん優しくしてくださるし、お給料も上がるので甲斐があります。

毎日生活費を稼いで、家に帰ればご飯は掃除はと待っている、そんな私にはお坊さんがくださる「褒め言葉」や「気の休まる言葉」が何よりの救いです。
お言葉、心より感謝しております。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
南無大師遍照金剛

あらためまして、深く御礼申し上げます。

先程実家へ行き、仏壇の母に手を合わせて一人暮らしの父のトイレを洗いました。

それが特殊清掃並みの行だとしても、六根清浄、と心に浮かんできて、目の前がたちまち綺麗になるから不思議です。

「ピカピカだ」と褒めてくれた父は、終わってすぐに用を足しました。
実は前に綺麗にした時は、汚れが落ちた違いが見えていませんでした。
汚れに気が付かない程視力が落ちるから、お年寄りは掃除が困難になる、と聞きました。

父の目に、本当にピカピカに写ったのか、お世辞で褒めてくれたのかは謎ですが、もう一度母の仏壇がある部屋へ行くと、写真が微笑んでいました。

あらためて私は母に線香をあげ、お経を唱えました。
おりんの音が、たまらなく心地よかったです。
感謝。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

『今』を生きる事に集中したい

幼い頃から負の情報にとても影響を受けやすいです。 家族間や学校、職場での出来事はもちろん、特にメディアでの情報やニュースにはとても敏感です。 東日本大地震で被災してからは更に過敏になったように思います。 戦争や災害、陰謀論、気候変動、ワクチン、政治問題など。 こればかりは自分の影響力の範囲外の事ですし、先のことは誰にも分からないので悩んでもしかたない事だと理解はしているのですが怖くて苦しくて潰れそうになります。 そういった情報が目に入らないように使用機器の設定をしたり、テレビをつけずに過ごしたりと対策はしているのですが、たまたま目に入ってしまった時に呼吸が苦しくなってしまうのです。 恥ずかしい話ですが、北朝鮮のミサイル発射の速報を見て小学校や中学校だけでなく仕事を休んでしまったり、公共交通機関に乗れなくなったこともありました。 共感疲労というのでしょうか。 いつか家族が、愛する息子が、自分が、と次々に想像してしまい止められません。 そして実際に家族を失ったような喪失感に襲われます。 夢に出てくることもあり、正直それが一番辛いです。 残虐な殺され方を目の当たりにして現実で起きたような衝撃と感情で目が覚め、気持ちがリセット出来なくなります。 毎日何かに怯え、家事育児中もずっと頭の中が不安しかないのです。 常々『死』を連想してしまいます。 立て続けに身内を3人、急性の癌で亡くしているのでそれも関係しているのかもしれませんが。 こんな世の中に息子を産んでしまった事を後悔してしまいます。 この世は生きるに値しない気がします。 でも生きていくしかありません。 どうしたら今を生きられるようになるでしょうか。 まとまりの無い文章で申し訳ありません。 ご返答いただけると幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

専業主婦に憧れます

こんにちは。 以前新婚時に相談したものです。 新婚時は夫どの関係に自信が持てず悩んでいましたが、昨年第一子を出産してからは全く気にならなくなり、それどころか家族との日々を過ごせることをとても幸せに感じています。 今回ご相談したいことは、私の仕事のことです。 私は公務員で役所勤務しています。育休や子育て支援制度も充実しており、今は週3日勤務で子供を保育園に預けながら働いています。 平日休みの日は子供は保育園に行くので、私の時間ももらえ、とても恵まれているのはわかっているのですが、子供が熱を出したときなど急な休みをもらわないといけないときなど、仕事をやめてしまいたくなります。 急に仕事に穴を開ける罪悪感、子育てがあるため仕事に全力を注ぐことができない罪悪感、仕事のことを気にしながら子どもと向き合っているもどかしさ… 私は両立が苦手のようです。 どちらにも100%の力を注げないもどかしさもありますが、何より子供を育て、家族のことを一番に考えながら平和な家で家事育児をして過ごす日々が幸せすぎます。 なので、いっそ仕事をやめてしまって家事育児に専念し、余った時間で今流行りの在宅でできるお小遣い稼ぎでもしたらいいんじゃないかとか思ってしまいます。 でも、やっぱり今の仕事は本当に恵まれているのも承知しており、そこまで高給取りではありませんが、長い目で見れば金銭的にも大きな差が出てきて、将来の子供の学費などの資金にも影響が出てくると思います。夫はやめるのは私の保障がなくなる意味でもったいないといいますし、私の親は辞めたとしても、専業主婦になっても辛いこと嫌なことはあるから変わらないといいます。 今の私はどのように気持ちの整理をつければいいでしょうか。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

敢えてバランスを崩す

人生において、何事もバランスを取ることが大切だと良く聞きます。しかし何事も二面性(バランスを取ることによる弊害)がある中で、なぜその重要性が真理のような言い方をされるのでしょうか。 例えば、食生活のバランスを意図的に崩してみること(ときに、野菜のみ/肉のみ/炭水化物のみ、暴食/絶食、新鮮な食材/悪くなりかけの食材、普段食べない料理にチャレンジ等)は、自身の体の変化への対応力を身につけるためには有用である(むしろ健康を増進する)との考え方もあるでしょう。 また、常にバランスの取れた食事よりも、その時々で食べ物の美味しさ、有り難みに気づけるのもメリットでしょう。 意図的にバランスを崩すことは、仕事や学業や趣味、恋愛など様々なことにも有用と考えております。 何事もバランスが重要との言葉、信じて良いのでしょうか。(上記の例でいくと、長い目で見ると食生活のバランスが取れているとの見方も可能だと思いますが) 仏教ではどのような考え方をされるでしょうか。バランスは時間の経過とともに自然と取られるとの見方や、そもそもバランスを取るなど幻想、私の問い自体がナンセンスとの考え方もあるかと思います。是非お知恵を拝借させてください。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

今を生きる=悩む暇がないこと?

以前より、死の恐怖についてご相談させていただいております。いつもありがとうございます。 今年から仕事をはじめ、毎日必死に慣れない仕事をこなしています。以前と違って少なくなった休日は、友人との交友や趣味を詰め込んでいます。 そのような生活をしばらく続けていましたら、以前悩んでいた「死の恐怖」について悩む物理的な時間が殆どなくなっている事に気が付きました。 しかし、死の恐怖がなくなった訳ではなく、今でも偶に恐怖で叫び出してしまう事はありますし、将来のこと(今後のキャリアやライフプラン)について考える時にも、「死ぬ時、恐怖に震えながら死ぬのだろう」ととても悲しく、またとても恐ろしくなります。 これは、「今を生きている」のでしょうか?確かに、目の前のことに必死で、死について考える時間がないので精神は健全です。以前より充実していると思います。 ですが、人生の本質のようなものを蔑ろにしている気もします。今の生活はなんとなく、さまざまな問題から逃げている現実逃避のように感じます。人生は死からの逃避、という言葉をどこかでみました。私の人生は今、逃避なのでしょうか。 そこで、「今を生きること」と「現実逃避」の違い、「今を生きること」と「何かに夢中になり、悩む余裕がない」ことの違いが知りたいです。 また私の今の様な生活は、仏教やお坊さんのお考えからはどのように思われますか? 死に怯えるだけだった過去から、今の生活になったことは進歩でしょうか?これは、私の望む「死は悪くない、怖くないと安心して死ぬこと」に近付いていますでしょうか? お忙しいところ恐れ入りますが、知恵をお貸しいただけますと幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

社会不適合者の生き方

今自身の存在意義について悩んでいます。 背景を記載致します。私はASDという発達障害を患っていることを社会人になって初めてしました。これは先天的なものであり、不治です。 学生時代から社会不適合や問題児として扱われてました。しかし、それも一つの味だといじられキャラとして何とか楽しく過ごせて来ました。また、人なりになれない部分ばかりですが、一部は無茶して何とかして来ました。 しかし、社会人になるとそうはいきません。普通の人が出来ることにやはり数倍苦労します。ミスばかりで他人に迷惑をかけます。無茶をすると逆に会社として困る存在になります。 学生時代からぼんやり思っており、発達障害とわかってはっきりしましたが、このような発達障害で何の取り柄もなく、人の数倍労力をかけないと人並みにすらなれない人間に何の意味があるのだろうと自己嫌悪に堕ちる日々です。 この先は生きていても誰の役にも立てず迷惑ばかりかける存在になると思っています。だからこそ、命を粗末にすることは悪いことと思いつつ、早死にしたいという気持ちがあります。苦しむために生まれて来たとさえ思います。 その反面、健常者と同じように生きたいという欲深い気持ちもあります。 難しい質問ではありますが、どんな心持ちで生きれば、この苦しい罰のような人生を乗り越えられるでしょうか?どうやって自身の存在を受け入れればいいでしょうか? 長年の悩みです。アドバイスをいただければ幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ