お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

業について

私には5歳年上の自己愛性パーソナリティ障害の兄がいます。生まれてからずっと兄に執拗な攻撃(物理的・精神的)を受けて育ちました。元々私は発達障害だったのか、その自己愛からの攻撃と相まって自尊心は歪み非常に低く、騙されやすく、しかしながら自意識過剰の疑心暗鬼、怒れずすがる、依存の激しい人間となりました。
それに気付いたのは近年で、今では物理的に離れて生活し少しずつではありますが夫にリハビリをしてもらい本当に少しずつ少しずつ自尊心を育むことが出来るようになりました。しかし、それに気付くまで30年間自分がいかに価値がないか、頭が悪く醜いのか刷り込まれていたので立ち直りかけてはすぐに崩れてしまいます。
両親はというと、そんな兄に手を焼き兄のストレスのはけ口になっていた私を守ってくれる事はありませんでした。やっと自分の幸せを考えられるようになってからは、夫に心の有り様を打ち明け全てを受け入れてもらい絶縁とまではいきませんが地元を一緒に離れてくれて、自分だけの家族となり幸せです。
幸せなはずなのですが、その幸せを素直に受け取れず幸せなうちに死んでしまいたい、と思ってしまいます。息子はいま5歳で成長の過程において、この刷り込まれた自らの歪みが伝わってしまうのではないか怖いです。私はいなくなった方が息子は真っ直ぐ育つんじゃないか、など。
この一連は業の巡りであって今は兄を許さない自分を赦そうという考えに至りました。私に対する兄の執拗な攻撃は私が生まれてしまった事だと受け取っています。生まれて理由なく長年苦しむ、これが業なのかな、と。今世では断ち切れないものだろうと認めたくないけど、認めるしかないのかな、とも思えるようになりました。
自分の来世・家族の来世にこの業が今よりも軽い関わりにする為に今世でできる事はないでしょうか?とりあえず家族には私に何かがあった時、兄には骨を拾わせないで、とお願いしています。私も兄の骨は拾いません。しょうもない事だと思われると思いますが、私の今世と来世、また兄と実家の家族に対する精一杯の抵抗です。何かで業は7回繰り返すと見ました。殺されてないので1番酷い時期ではないのでしょうが、もしまだ前期で今世以降これから酷くなる方かと思うと絶望してしまいます。
どういう風に思い受け止めると良いのでしょうか。

運命・見えない力
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2016年5月16日 11:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

業も因縁次第

ヤギ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

何より今は、理解ある旦那様、そしてお子様とのお幸せを第一とお考え下さい。

お子様のご成長、誠に楽しみですね。

そして、今が幸せであるならば、その幸せな想いに、皆がなってほしいと願ってみて下さい。

恨みや憎しみは、悪業を生むだけで何ら役に立ちません・・

できれば、実家の皆さま、お兄様も含めて、皆が幸せになれますようにと、お兄様にも憐れみと慈悲の想いを掛けてあげてみて下さい。

きっと、お兄様も苦しく、つらく、しんどいのでしょう・・

「兄も私と同じような幸せを味わってもらえたら・・」と思って頂けましたら、それが善き因縁(原因と条件)となって、善き業へと繋がることになっていくことでしょう。

業も因縁次第で変わっていくものになります。しっかりと善き因縁を調えていくことで、善き赴きへと向かって参りたいものでございます。

善き因縁を積むための方法論につきましては、仏教に多くのヒントがございます。

是非、仏教につきましても、これを機会に興味を持って学んで頂けましたら有り難くに存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

3年1ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ