hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
夫婦関係
19867views

離婚の後悔から解放されるために。あの時あの道を選んだ私の人生

人生にはさまざまな後悔がつきものです。「あの時ああしていれば」という思いは誰しも抱えていることでしょう。とりわけ、離婚という人生の大きな決断を後悔してしまう人もいます。実際に離婚を後悔している二人のお悩みへのお坊さんからのアドバイスをまとめてみました。


子供がパパと呼ぶたびに後悔が


結婚2年目にして離婚をしてしまった相談者さんから

元夫は長年パチンコ癖が治らず、年々人格というか人柄も変わっていきました。子供も二歳になるところで、様々な理由をつけ収入を持ってきてくれず、先日我慢できずに離婚してしまいました。子供と過ごしていて、もう少し我慢できたのではないかとクヨクヨ悩んでしまい、後悔しているかもしれません。お坊さんは、夫婦はどのようにあるといいと思いますか?今の私のこのようなクヨクヨした考えは、どのような前向きな気持ちになれるでしょうか?

お坊さんからはこんなアドバイスがありました。

まずは、お別れして結果良かったですね。まだいろいろ思うところはあるかと思いますが、結婚して子供ができたら夫婦の関係は大きく変わります。何より大切なことは子供を大切にしてくれること。お互いがお互いのためにしたいと思えることは、大切なポイントになりますよね。距離を程よくおきつつ、あなたはあなたと何よりお子さんを大切に生きていってほしいです。

(円通寺 邦元)

相談者さんからの返信がありました。

私の判断で子供に父親がいなくなったことを負い目に感じてしまいますが、夫婦としての機能が果たせないことには子供のためにもなりませんね。前向きな気持ちに切り替えて子供の幸せのため頑張って参ります。


元の問答:後悔しているのかもしれません。


夫婦関係に固執しない適切な距離感を


こちらの相談者さんは子供がいながら離婚してしまったことを後悔しています。パチンコ癖から抜け出さず収入もいれてくれないというのは、大変な状況なはずです。しかし、子供のために自分が大人になって我慢しなければと悩んでおられるのですね。端から見れば離婚も致し方ない状況のようにも思えますが、父親の存在が必要だったのかなと考えてしまうのも小さい子供を抱える母性なのかもしれません。
同じように子供を抱えていることで離婚に踏み切れない人は多いはずです。しかし、お坊さんは「お別れして結果良かった」「何より大切なことは子供を大切にしてくれること」ときっぱりと言い放っています。確かに父親がいる方がよいこともあるかもしれませんが、それはきちんと親としての役割を果たしていればという話なのかもしれません。父親の存在が必要となる場面もあるでしょうが、そこは距離を保ちつつ、自分の決断は正しかったと思えるように幸せを目指してみるのも人生なのですね。


あの時別れていなければ…若い自分への後悔


次は無理に離婚してしまったことが後悔だと思い悩む相談者さんから

私は20代のころ当時の彼と結婚しました。彼はとても私を愛してくれていつもほめてくれて大事にしてくれたし、私も早い結婚に憧れてたので結婚しました。結婚してからも夫は変わらず私を大事にしてくれたのですが、私は結婚が早過ぎたんじゃないかとか実家から離れた場所に行ったので遠くて寂しいとかで結婚が間違いだったんじゃないかと思う様になってしまい、そんな事を親に話してると離婚した方がいいんじゃないかという事になり離婚を嫌がる夫と無理やり離婚しました。


離婚してからは実家に戻り就職して毎日忙しく働きました。時々元夫から連絡はありました。私は戻る気は無いと言いました。元夫は泣きながら、わかった、じゃあ今付き合ってる人と再婚するわ、と言って再婚しました。


それからしばらくして私も再婚しましたが新しい夫はいつも文句ばかり言う人で気が休まらず、前の夫がすごくいい人だったと思い辛くなり、あんないい人と別れた私は馬鹿だと思い、無意識に元夫と今夫を比較してしまう事に苦しみました。今から元夫のとこに戻りたいと思いましたが手遅れです。それでも子供を生みましたが子供がまだ成人していないときに今の夫が亡くなりました。それからはシングルマザーの生活です。今は子供は成人しましたが私は最初の夫と離婚した後悔が四六時中頭から離れず何も手につきません。

お坊さんからの回答がありました。

未来が分かれば、その時に踏み止まったり、考え直したりすることが出来るけれど、人生はそうはいきませんね。人間はいろんな場面で、人生を選択して、判断して進んでいきます。その時々で、選んだ道はその時の最善の道。どちらの道も、いろんなことがあるでしょう。一つの道しか見ていないだけです。後悔に苦しむときは、そう思うのです。それが、苦しみから解放される方法ですよ。

(教善寺 中田 三恵)

誰にも相談できずにいた相談者さんからお礼がありました。

あの時、あの道を選んだのが私の人生で、今こうして生きてるんですよね。 
誰にも言えない悩みなのでお坊さんに読んで頂いて回答してくださり、涙がでました。


元の問答:取り返しのつかない後悔が四六時中頭から離れず苦しい


未来はわからないが前へ進んでいく


早いうちに結婚すると、これでよかったのだろうかと悩んでしまうこともあります。現在より過去の方が幸せだったと思う時、後悔が生まれます。お坊さんの言うように、未来がわかれば自分の思い描く道に進むことができるのですが、そうはいきませんよね。しかし「その時々で選んだ道は最善の道」。まったくその通りです。「あの時…」という場面が人生にはあります。しかし、その決断は絶対に自分を最善へと導くはずというお坊さんのお言葉に前へ進む力を私たちに与えてくれたような気がします。


大切なのは距離感。そして新しい幸せを信じる力


離婚という決断は時として後悔を生みます。しかし、夫婦の人間関係も変わっていくものです。その時々で適切な距離感を保つことが大切ですね。結果、それが離婚だったという場合もあります。そしてどんな決断であれ「失敗だった」ということは絶対にないのだとお坊さんは伝えてくれました。どのような決断も常に自分を良い方向に導くものであるはずです。そのためにも、自分の決断と新しい幸せを信じて前へ進んでいきたいですね。


文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「離婚しました」問答一覧

離婚し同居できなくなった子供への思い

39歳男です。離婚しました。小2と5才の子供がいます。 元妻の実家敷地内に家を建てていましたので、私が出て行くことになりました。幸い両家同じ県なので週一回は会える約束になっています。 ただ、この8年間、子供と家族のために、精一杯生きてきました。家族が自分を変えてくれました。毎日子供にひっついていましたし、それこそが生きがいでした。これからも当然子供の成長を近くで見続けられると思っていました。 離婚理由はいわゆる性格の不一致です。 確かに自分に悪かった部分はたくさんあると思います。反省の弁も何度も何度も伝えました。そして、まだ小さい子供のためにも、何度も何度も抵抗しました。でも、無理でした。 子供は、会えばパパ、パパと抱っこを要求してきます。その時は全力で抱きしめ、全力で愛情をそそいでいるつもりです。 ただ、やはり別れ側になると涙が止まらなくなります。子供も辛いでしょう。申し訳ない気持ちで胸がえぐられそうになります。 この状態がいつまで続いてくれるのか。 少しでも元妻の機嫌を損ねると会うことに制限を設けられそうで、怯えているような自分がいます。 また、子供が大きくなれば、私より優先するものが増えてくるでしょう。それは喜ばしいことなのですが、考えると寂しくて、不安でなりません。 世の中には同じ様な思いや、もっとお辛い思いをされている方が多くいらっしゃると思いますが、皆さんはどのように自分の思いとむきあっているのでしょうか。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

離婚理由が腑に落ちず、前向きになれない

二回目の質問失礼します。 経緯や家族構成は前回の質問とプロフィールを参考にお願いします。 離婚の条件や届出も済み全て終わったのですが、「妻(私)がDVをした」と言われた事がどうしても引っかかり、毎日悶々としています。 前回書かせて頂いた通り、私は元夫の不注意に過剰に反応し何度も同じ失敗をする事に怒鳴ったりする事や物に当たる事が多々ありました。 元夫の不注意は、単なる物忘れから始まり空の調理家電の電源を入れっぱなしにしたり前を見ずに歩いて長男とぶつかって怪我をさせたり、生後一ヶ月の次男を抱っこしながら歩きスマホをしてまた長男とぶつかり危うく皆で転びそうになったり次男の布団に浴室洗剤を置いて零したり人身事故を起こしたのに危険な運転を改めなかったり、 これら以外にも沢山それも何度も繰り返され、具体的な改善策を提示しても実行せずすぐにまた同じ事をする状況に当時の私は毎日発狂しそうなくらい不安で、元夫を責める事でしか自分を保てませんでした。 また、結婚してからずっと私が全て出していた生活費を新居の購入を機に去年の暮れから子供関連の費用と食費以外を元夫が出す事になり、妊産婦の私に顔を合わせれば金が無いと言い、足りないなら出そうかと言っても断固拒否、節約もせず無駄遣いをしてまた金が無いと皆が眠る布団でもずっと言われ、これも不安の理由の一つだったと思います。 DVと言われて私は衝撃を受けすぐに離婚を了承し最後の話合いでは誠心誠意謝り、元夫は「自分にも至らない所があった」と顔色一つ変えず上辺のみの謝罪をしてきましたが、時間が経つにつれ、 元夫にも原因があるのではないか?(どんな理由があろうとも怒鳴る事は決して許される事ではありませんが)何も言わず家を出た元夫に一方的にDVだと言われるのはあんまりではないか?と怒りにも似た感情が溢れてきます。 離婚という結果や未来には何も関係はありませんし、私は子供達を幸せにしていく事だけに注力するべきですが、どうしても上記のモヤモヤが晴れず事あるごとに「私は酷い人間だ」と落ち込んだり「私のような人間が子育てをしていていいのだろうか」と思ってしまいます。 自分を正当化して、また自分が楽になりたいだけかもしれません。 往生際が悪く愚かな自分に嫌気が差します。 どんな厳しい言葉でも構いません、どうか今の私の気持ちを動かす言葉を頂きたいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

元夫との今後の関わり方

つい先日に離婚届を提出し夫とは他人となりました。 元夫とは知り合ってすぐに同棲→妊娠→結婚、期間は4年でした。 最初からお金にだらしがなく、同棲する際もほぼ私が費用を賄い、妊娠結婚時も元夫が負担した生活費は家賃と子供の生命保険のみです。 離婚の原因は日々の生活が苦しかったこと、私の持病の悪化により生活費を賄えなくなったこと、元夫による度重なるお金の使い込みです。(元夫は自分の給料だけでなく、子供の手当まで使い込んでしまいました) 元夫は自分が子供を引き取り夫実家で暮らすことを希望していましたが、子供の為に仕事を変える気がなく育児は夫家族か私に負担してもらうことしか考えていませんでした。 そんな元夫の希望とは反対に子供の方は普段からあまり子育てに参加せず口だけの元夫についていく様子がなく、元夫は養育する自信がなくなり私が引き取る形に落ち着きました。 元夫が私達の引越し日まで一緒にいたいと希望した為、一昨日まで同居していましたが仕事終わりに夫が風俗に行ったことが原因で口論になりそのまま半強制的に同居解消致しました。それ以来、必要最低限の連絡のみ行っております。 しかし別居から数日経ち、夫への憐れみの気持ちが次々と浮かんでしまい、これから行う調停では養育費のみで請求して慰謝料の請求は止めようか?元夫はこの先きちんと生きていけるだろうか?子供と元夫が連絡を取れるようにしてあげた方が良いだろうか?などなど色々考えてしまいます。 私は今後、元夫とどう関わっていくべきでしょうか?ご助言よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

離婚して精神的に辛いです。

はじめまして。 昨日離婚をしました30代後半の男です。 元妻は20代後半で結婚期間は2年ほどでした。 最後の一年ほどは別居しており、会って話し合いもしたりしていましたが結局は関係は元にもどりませんでした。 お互いに浮気や暴力があった訳ではなく、原因は価値観や性格の不一致でしたが、元妻がどうしてももう私とは一緒にやっていけないということで泣く泣く承諾した形です。 届けを出す前にはある程度覚悟はしていたつもりでしたが正式に受理をされ、改めて離婚したのだと実感し喪失感と寂しさ、後悔の思いが非常に強く、絶望感が非常に強いです。 仕事も体調不良ということで休んでしまいました。 情けない話ですがふとした瞬間に色々と考えてしまったり、良かった時のことを思い出して急に涙が出てくることもあります。 ですが仕事もいつまでも休むわけにはいかず、なんとか気持ちをコントロールしたいのですがどうしたら良いかが分かりません。 この先のことや、あの時こうすればよかったのかな、など色々考えてしまいしんどいです。 時間が解決してくれると言いますが、今の仕事の同僚や取引先にも迷惑はかけたくないのでなんとかしたいのですが、どうしたら良いかわかりません。 何か前向きになれるアドバイスなどありましたらお願いいたします。 何卒、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

離婚して4カ月、気持ちの切り替えができず

4月初めに離婚をしてもうすぐ四カ月、まだまだ気持ちの切り替えが出来ません 3歳の娘のためにもと思い、なんとか笑顔で過ごそうと意識してはいますが、ふとした瞬間に毎日毎日元旦那に離婚をしたいと言われた時の言葉や態度、あの時もっとこうしていたら…など後悔と反省が絶え間なく襲ってきます 最悪な時はこのまま私が娘を育ててこの子は幸せなのだろうか?とさえ思います 何をしてても無感情なときや、無反応無表情で娘に接してしまう時もあります その度に娘に心配をかけてしまってますし、このままではダメだ!と奮い立たそうとがんばりますが… その反動がいつも大きくきてしまい、下手したら仕事にも行けないほど動けなくなることもあります 実家は近くにありますが両親ともに高齢と持病があり、頼ることも躊躇ってしまいます そして、元旦那さんがもうすでに違う人とお付き合いしてるのらしいことなども頭から離れずにいてることや、パパとママが揃う家族を娘が羨ましくみてる時などが本当に辛いです 結局は自分が自分で首を絞めてるだけな気もしています でもこのままいくと娘共々最悪な選択をしてしまうんではないかと日々怖いです 情けないです 娘には私しかいないのに どうか喝をください

有り難し有り難し 5
回答数回答 1