皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

人は裸のまま生まれ死んでゆく。失うものなどないはずです

社長、都知事、村長、取締役、店長、
これらのものは只の肩書きでしかありません、その肩書きに権力というものがつきまとっているだけですよね

その権力を自分の力だと勘違いすると「元社長さーん」というように「元」をつけてまで自己主張したくなってきます。それは非常に虚しい生き方だと私は思います。

一生懸命上塗りしてきた仮初の仮面を外すことができると
その時初めて、あなたという人間が輝き始めると思いますよ。

本来、失うものなどないはずです、裸のまま生まれたあなたが裸のまま死んでゆく、誰も変わることのできないあなたの人生を悔いのないよう問をもって生きることが大切だと思います。
引用元の質問: 50歳になったら
これから残された人生をどうしていけばいいのですか
回答僧:
おすすめの33秒法話

死ぬのが怖くてたまらないときの処方箋

ブッダの対機説法。教えの正誤ではなく自分に合うか

失恋の未練。出逢わざるを得ない別の環境へ立て

夢を取るか現実を取るか。仏様に任せてみたら?

10代の君へ。SNSは便利、でも危険も伴います。

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ