hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

50歳になったら

回答数回答 7
有り難し有り難し 386

初めて質問します。
いくつか質問を読んでみたら50歳になった人の悩み相談がけっこう目に留まりました。
これからどうやって生きていけばいいですか。
これまで築いてきた地位がなくなってしまった。

私も40代ですが、だんだん生きてきた時間のほうが長くなって、これから残された人生をどうしていけばいいのかなと思うときもあります。
50歳で何かを失ってしまうと20代のころと違ってかなりつらいのでしょうね。

50歳になったときに悩まないように、心構えととか、強く生きられる応援歌をください


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

NORIさんこんばんは。青峻と申します。

「これまで築いてきた地位がなくなってしまった」という誰かの質問を通してご自身への問をもたれたようですね、おめでとうございます^^

これまで築いてきた地位というものは仮初の地位ではないでしょうか、仮初のものは遅かれ早けれ崩れ去るものです。権力や権利というものはすべて仮初です。

社長、都知事、村長、取締役、店長、

これらのものは只の肩書きでしかありません、その肩書きに権力というものがつきまとっているだけですよね、

その権力を自分の力だと勘違いすると「元社長さーん」というように「元」をつけてまで自己主張したくなってきます。それは非常に虚しい生き方だと私は思います。

仮初のものが崩れてしまったら本当の自分が残るではありませんか

一生懸命上塗りしてきた仮初の仮面を外すことができると

その時初めて、あなたという人間が輝き始めると思いますよ。

どうやって生きていけばいいのか、というより、やっと自分の人生に真正面から向き合うことができると考えることができると思います。

本来、失うものなどないはずです、裸のまま生まれたあなたが裸のまま死んでゆく、誰も変わることのできないあなたの人生を悔いのないよう問をもって生きることが大切だと思います。

築いたと思っているまほろばに惑わされないように生きていけば良いと思います。

南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


私達は本当に悩んでいる事は、なかなか相談する事ができませんよね、私も10年...

老いは、減ることではなく、円熟、熟成、心の成長。

笛を吹かれる90代のご年配の方が「100歳になった時の音色が楽しみじゃ」と言われたという記事を思い出しました。
大切なのは自分の思いの性質を心得ておかれることです。
無くなった、無くした、という感覚は、その時、その場、その状況下だけです。一生続きません。
思い起こされるあらゆる思いは、念の一字が示すように「今」の「心」、今の一念にすぎません。
水面の波紋のようなもの。
テレビの画面がチョコチョコと変わるように、あなたの頭の中にそのことが一時的に思い起こされただけで、半永久的に「失われた」「無くした」ということが思い起こされ続けるわけではありません。
気持ちの持ち方、切り替え方次第で「それも授かり」「学び」と変わっていくものです。
「人間は、何も所有できない。」
「何も持たずに生まれ、何も持たずに死んでゆく」
「所有意識を無くす事こそ、最上の所有」
「年齢という数字に支配されない老人の心は一生若い」
「老いというは人間の円熟、熟成、向上」

90歳で100メートルを姿勢よく走る方もおられるのですから。
年を重ねることにマイナスイメージを持たずに、生き生きと、心若くお過ごしいただき、他の方を勇気づけてください。(^◇^)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

手放す意識

noriさん、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

人間、いつ命を終えるか分かりませんが、それでも40代50代と年齢を重ねると「人生の半分ぐらいかな」「もう半分を過ぎたな」と感じるようになり、寂しいような不安なような気持ちになりますね。
それが60代、70代となると、どんどんと辛くなってくるのだと想像します。

また、若い頃は一度何かを失っても「また頑張って手に入れよう!」と思えますが、これもやはり年齢を重ねると「もう、2度と手に入らないのだろうな」と思い、捨てられなくなるのだと思います。

「諦める」という言葉はネガティブなイメージかもしれませんが、もともとは「あきらかにする」という言葉から来ているようです。そして仏教は、自分のことも他者のことも「あきらかに見る」ということを非常に大切にします。

ものごとをあきらかに認識し、諦めるべきことは手放していく。今から意識しておけば、手放す苦しさは消えなくても、少しは薄れさせることが出来るかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

ワクワク

noriさん、こんにちは。
真宗大谷派の釈理薫です。

先日、曹洞宗の南直哉師が法話の中でこう語っていて、なるほどと思いました。

孔子の論語に
「子曰わく、吾十有五にして学に志す、
三十にして立つ、四十にして惑わず、
五十にして天命を知る、六十にして耳順がう。」
とありますが、今の人は四十五十で「惑々(わくわく)」、六十になってもうどうしようもなくなって初めて「不惑」、「耳順」(人の言葉が素直に聞けるようになる)なんて百歳とかの死ぬ直前だ。

と、おっしゃっていました。

なるほど。
最近の人は、むかしに較べてそうとう幼くなっているのかもしれません。

何歳になろうが、失うものは失っていきますし、得るものもあると思います。

子どものころは、大人になったら惑わず立派な人になると思っていましたが、30や40になってもあんまり変わらない自分が居ます。

自分でどうにかできると思っているうちは、まだまだ「惑々」ワクワクなのではないでしょうかw
安心してください。
50になっても悩まないでいられるようになんて、なりそうもありません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

今をとにかく精一杯に生きること

nori様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

hasunohaへのご関心、並びにご質問を賜りまして、誠にありがとうございます。

拙生はまだ30代後半にて、50代まではまだ十数年ございますが、確かに若い頃と比べて、健康・体力・気力、記憶力など、色々と取り戻すのが少しずつ難しくなってきているかと存じます。特に体力の衰えは実感しだしております・・50代ともなると・・更に厳しさは増すであろうかと想像ができます。

50歳になったときに悩まないように、心構えや強く生きていくための応援歌・・

「今をとにかく精一杯に生きることで、できる限りに後悔の無い人生を。」

あまり先々のことをあれこれと考えて心配してみても、やはり杞憂にしかならず、益が無いことの方が多いようには存じております。

それよりも今やれること、できること、やらなければならないことに精一杯取り組むことが大切であり、その先のことも、その先における「今」において同じように精一杯に取り組むことが望まれるのではないかと考えております。

「五十にして天命を知る」と論語にて孔子は述べておりますが、おそらく五十年生きることができれば、おおよそ自分の一生とはどのようなものであるのかがある程度分かるということになるのかとは存じます。

光陰矢の如し、時人を待たず、生死事大、無常迅速、できる限り無為に日々を過ごすことなく、日々の「今」を大切に生きる中で、生きてやがて必ず死ぬ、この一度きりの人生において、生死一大事の因縁をしっかりと見極めることが望まれることにはなります。

仏教的には、もちろん、この一生において、いったいどれだけの善徳の行いを積むことができたかどうかが問われてくるものになるのではないかとは存じます。寿命の長短にあまりとらわれずに、とにかく今、できる限りに悪い行為をなさずに善い行為に励み努めて参りたいものでございます。是非共に頑張って参りましょう。

川口英俊合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

人生の流れ

nori様へ

まずは昔とくらべないことではないでしょうか。
悪くなっているものもある一方では
良くなっていることもあるはずです。

そしてなくしたものがあった一方では
得たものもあることでしょう。

人生とはそういう流れのようです。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

50代だから悩んでいるわけではありません。

 noriさん申し訳ありませんが、この質問は少々あなたの勘違いかもしれません。
20代までの方が悩みを相談するのは誰ですか?友人、先輩、親、教師、上司などで十分対応できます。どうしても困ったときは専門家を通すこともあります。
30代・40代もまあ20代と同じで友人、先輩、親、上司などでことが足ることも多いでしょうか。大きな問題は専門家を通すことが多くなります。
50代ともなると社会では何でも経験して、どんな問題でもどんと来い。という頼られる存在。失敗が許せなくなる世代に思われていると思います。特に男性は。だから、自ずと専門家に些細ながらも相談してしまう。hasunohaにも50代多いのはそのせいでしょうか。
 noriさんに私が言いたいのはつまらないプライドは捨てなさいと言いたい。「放てば手に取り」という禅語があります。一度すべてを解放した時に何か掴むこともあるという意味ですが、今の私にも言いたいし、皆さんにも言いたい、本当に悩んでどうしようもないとき、困ったときはすべてを捨てて、身近な人に自分の思いをぶつけてみよう。あるがままを1度曝すのと曝さないのとでは違いも出てきます。本当に一回だけでいいですから、出し過ぎには注意が必要。
 

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

質問者からのお礼

青峻さま
ご回答ありがとうございます。おめでとうございますと書いてあったのでびっくりしましたが回答を読んで納得しました。
本来、失うものなどないはずです、裸のまま生まれたあなたが裸のまま死んでゆく。というお言葉にとても救われた気がします。ありがとうございました。

「これからの人生どうしたらいいか」問答一覧

今からでも生き直して素敵な人生にしたい

初めまして。 鬱を越えていつの間にか37歳になり、この先の指針を持ちつつも、消したい過去があるせいか不安が付いてきてしまいます。 生い立ちをふまえ、ご相談をさせて下さい。 中学生の時に親が離婚し、母に引き取られ、その後は母方の祖父母の家で暮らしました。 明るい家でしたが勉強など躾は厳しいほうだったと思います。 大学進学で上京し、入った寮をはじめ学校もなかなか厳しく何とか卒業する事はできました。 しかし、当時していた恋愛が原因でとても傷つき鬱病になり、卒業後はとりあえず地元に戻ってきました。 新卒時代はその精神状態から就職がなかなか出来ず、情けなくて、でも身体が動かなくて、調子の良い時だけ派遣で働きながら壮絶な20代を過ごしました。 30代になり、鬱もようやく良くなり長期で働き始めました。仕事・職場はそれなりに大変でしたが没頭でき、人間関係においても成長させていただき良い経験が出来たと思います。 しかし当時、鬱時代から悩みを相談していた男性と数年間付き合っていたのですが、結婚願望自体がなくなったと言われ婚約を解消されました。 その夢が毎日を支えていたのもあって、また精神的に不安定になってしまい、その後職場を退職してからは正直あまり記憶がありません。 彼とももう連絡はとっていません。 現在では育った母方の実家に帰り、田舎で少しずつアルバイトをしながら自分の人生を生きています。 たまに、昔の同級生などはきちんと就職し結婚しもう家庭を築いているのに…私も望んでいたはずなのに、結局出来ていない。一体これまで何だったのだろうと落ち込む事があります。 愛しい人に支えられ毎日を頑張る彼女達と、同じ女性なのに華のない自分がかけ離れていて恥ずかしく、グループラインも退室してしまいたいし、今は誰とも話したくないと思ってしまいます。 今は、人にきちんと対応するのは、生きる為に必要なお金をいただいている職場でだけにしたいです。 つくづく要領が悪く、まだキャパシティが狭い自分が嫌になります。 でもこの先、また没頭できる仕事を一生懸命頑張りながら自分を立て直し、この歳からでも優しくて素敵な人と出逢って、いつかささやかでも幸せな家庭がほしいです。 けれど今さらもう…と思ってしまう自分も居ます。これからでも生き直しは可能なのでしょうか。乱文をすみません。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

今後の人生に迷っています

はじめまして。 将来、精神的にも金銭的にも豊かで自由な暮らしをしたいと思うようになりました。 それを叶えるために人生設計をしたとき、今自分が何をしたらいいのか分からなくなりました。 私が考える精神的に豊かな暮らしとは、家族と充分時間をとって過ごし、何不自由なく幸せに暮らすことだと思っています。その理想を叶えるには、仕事をする時間は今の半分くらいにしたいと考えました。そうすると今の仕事をずっと続けていくことはできません。 転職なり、新しく事業をするなり、別の収入源が必要だと思いました。仕事に対して新しいことを学んだり、環境が変わることに対する覚悟はあります。 しかし一方で、これから子供をつくり子育てするのに、今の金銭的に安定した暮らしを捨てていいものかと思う自分もいます。 長期的な実現を見据えて、今すぐ仕事を辞める必要はないと思っていますが、果たしてそんな都合の良い考えで、妻や子供と幸せに暮らしていける職に就けるのか懐疑的になります。 妻に相談すると、私がしたいようにしていいと言ってくれます。 とにかく現状のまま過ごしていくだけでは何も変わらないので、本を読んでみたりもしましたが、何をしたらいいか考えれば考えるほど混乱してモヤモヤして苦しくなります。 何か一歩踏み出す打開策やお言葉をいただけると幸いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

職場も含めたこれからの生き方過ごし方

初めまして。 私は社会人1年目の三田です。 先週からどうしても気が晴れず、こちらに質問いたしました。 先週、全社員の社内でのランクが公表されましたが、自分のランクを見て愕然としました。 同期の中でも一番下で、自分は入りたての頃のランク以下となっておりました。 社内の人間に相談しようにも相談できずにいます。 同期に比べて未だに仕事のできない自分。特に先週から息が詰まる思いで画面越しに大泣きしたこともあります。いい歳して。 初秋の頃に一度上司が始末書を書く程のそこそこ大きなミスをしてしまい、それが響いたのかもしれません。 あるいは評価担当へのアプローチがまずかったのかもしれません。 日々戦々恐々と過ごしており、仕事はおろか業務外の全てのことにおいて何もする気が起きないでいます。(自分のランクは当然他の全ての社員の方々にも知れ渡っているので) あまりまとまっておらず申し訳ございません。 ですが、 ・今の評価を(現在の社内ランクおよび上述のミスやアプローチのまずさなどを鑑みて)どうにかして覆したいと思っておりますが、考えが甘いでしょうか。 ・また、覆すことができてもできなくても、どうすればより仕事やそれ以外のこと(趣味、資格、日々の運動や業務外のスキルや人間力の勉強など)も充実させることができるでしょうか。 このことについて主に解消したく存じます。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

人に必要とされる存在になるには?

ご覧いただきありがとうございます。 とても大切だった方とお別れしました。理由は、私の年齢が健康な子供を授からない可能性があると、彼のご家族に反対され、説得ができないからというものでした。 私は彼という存在が好きでした。いることが嬉しかった。長い間憧れ続けて、彼から告白されたときには今までの全てが報われたような気持ちでした。 以前に一度、彼からお断りをされていたため、私は別の人とのご縁に目を向けるよう何年も努力をしてきました。でもどなたともご縁がなく、いろいろと諦めていたところの幸せでした。彼との時間は、私なりに精一杯大切にしてきました。 私と関わってくださったこと、彼には感謝しています。 でも、情けないことに気持ちの落ち込みが止められません。心にぽっかりと穴があいたような、とはこういうことなのかと実感しています。体に力が入らず、ふとした時に涙がこみあげてきます。 悲しみに負けたくありません。不安や焦り、孤独に負けたくありません。 私はこれからは、もっと真剣に、人に必要とされる存在になっていこうと強く思いました。そしてできるなら、必要としてくださる方と結婚して、一緒に生きていきたいです。 いつも多くの方々に寄り添ってくださるお坊さま方。皆さまはまずどんなことから始められましたでしょうか?また、そのような存在でい続けるために気をつけていることはありますか? どうかご助言をいただけませんでしょうか? 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る