お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

バリアをはってしまいます

私は、太刀打ち出来ない!脅威だ!しかし、関わりを絶つことは出来ないと思う人物を、簡単に拒否してしまい、縁を切りたい!と思ってしまいます。
話の内容を他の人に話せば、私は正しく、相手が間違っているだろうことが多いのですが、かといって、忘れることが出来ず、憎しみ、悲しみ、悪い感情に飲まれてしまいます。
心が狭いのはわかります。
広く保てるように…というのはどうすればいいですか?
他人だもの、しょうがない。とか、認めるというのが出来ないことがあります。

心構え・生きる智慧
有り難し 28
回答 2

質問投稿日: 2016年7月13日 9:02

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ヘイと勘定の1秒前1秒後

人間嫌いな人がいて当然です。
キライなら嫌いでよいのです。
私にもいます。しょっちゅうウチの寺に水を飲みに来るんです。なるべく距離を置いてます。チョッカイ出すと襲ってきます。黒い服を着てるろクマと勘違いされて襲われたこともあります。とくにあのお尻。見ているだけで嫌悪感が沸いてきます。ホンット、大っ嫌いですスズメバチ。(人じゃねー)
キライという感情はその感情を起こしている時だけが嫌いでその前後1秒前、1秒後は嫌いでも何でもないという真実を知ってください。
極端に嫌いだキライだというプラカードを握りしめて過度過剰に認めて、確実にキライという決めつけことに陥らんことです。
ああ、この人ダメだわ、仲良くできんわ、と思ったら、それはそれで真実ですが、それはあくまで一瞬の真実。恋だって、何でもなかった人を急に好きになったりするでしょう。
ですから嫌いという嫌悪感なんぞは一時、一瞬の、一念でしかないのです。
その思いが出ていない時にその人を見ていればその人は「ただの人」です。
嫌悪感を無くす方法があります。ヘイト感情は煎じ詰めていきますと自分を認めた自分中心な考え方でものを眺めている状態ですから、物事や相手を「枉げて」みている心理なのです。
だから、こちらが嫌う前の姿を見極めると嫌う心は消えます。
相手に対してこのように考察することも効果的です。
「汝が嫌う人は、他者にとっての好ましき人であり、汝の好む人は誰かにとっての嫌いな人であり、他者を好き嫌いする汝も誰かに嫌われていた俐好かれているものなり」と仏典ではなく吉高由里子が指を舐めながら言ってます。下記参照
「人に出逢ったばかりの出会い頭の時点に於いては考えが働いてないので、好き嫌いの無い様子として接している」ことを見極めましょう。明らかにするまで参禅してみてください。

私が嫌いなあの人も
どこかで誰かの特別な人なんだろうな
私が好きなあの人も
どこかの誰かに嫌われてるんだろうな
そんな事思う私はどこかで
顔も知らない誰かに
恨まれたり愛されたりするのだろうか
顔も知らない誰かを
私は恨んだり愛せたりするのだろうか

さっきから指先ばかり舐めてる 
参考文献 吉高由里子ツイッター
 

3年1ヶ月前

ある日突然ふと気付いて

拝読させて頂きました。あなたのおっしゃることわかります。好きな人嫌いな人脅威に感じる人尊敬できる人それはどうしてもありますよね。私もそうですし、私もその様に人から思われております。又好きな人をある日突然嫌いになったりその逆もありますよね。自分も周りの人たちもその様にあいまいなひとりよがりな自分があることを認めることかと思いますね。つまり自分の愚かなことを認めることかと思いますね。
そうすると見え方が変わってくるのではないでしょうか。そうであって当たり前。ですから恨み憎しみも実は愚かさですからね。
最初は難しいかもしれませんが、じっくりと考えてみてくださいね。
ある日ある時ふと気がつくこともありますからね。

3年1ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ