hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自尊心がないみたいです。

回答数回答 1
有り難し有り難し 18

よろしくお願い致します。

親が怖く小さい頃から親の顔色をうかがって生きてきました。いつも自分が我慢すればと自分を押し殺して生きてきました。
外との関わりはあまりなく、友達も少ないです。

他人と対等な関係が保てずずっと悩んできました。人よりも自分は下というふうに思ってしまい周りの人の顔色をうかがってばかりです。苦しいです。生きてていいのかわからなくなるときがあります。現在一人親で実家で両親とくらしています。
これから先のことがとても不安です。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのままのあなたが尊い存在

こんばんは。拝読させていただきました。私も同じような思いを抱いて大人になったような気が致します。

常に親やまわりの様子を伺い、相手の要求に応えられるよう必死に努力して来たのかもしれません。そのせいで相手の要求が自分の要求のようになってしまい、相手がいないと、なかなか自分という存在を見いだせなかった記憶がございます。

うめさん。仏さまは私たち人間を差別したりしませんよ。現実として社会の中に身分という格差は存在しても、人間一人に備わっているいのちの価値に上も下もありません。一人一人の一つ一つのいのちが尊いのです。

ですから、自信を持って生きなさい!とは言いませんが、あなたはそのままで尊い存在なんだということを受け止めてください。

そして、あなたはお子さまを大切に育ててあげてください。あなたがいなければ、尊いお子さまはこの世に産まれて来れなかった。お子さまのために励んでください。お子さまにはあなたが一番必要です。私も子を持つ親として、心から応援しております。

「過去を追うな、未来を願うな、過去は過ぎ去り、未来はいまだ到っていない
現在をよく観察し、今なすべきことに努力せよ。」

大切なことは、今を生きて、その今を積み重ねて自分自身が明日を、未来を創って行くということです。先の見えない未来を恐れて今をおろそかにしてしまうと、未来はそのような未来になってしまうということです。

また、いつでもご相談にいらしてください。

うめさんとお子さまが幸せいっぱいの愛で包まれますよう、お祈り致します。

南無妙法蓮華経

合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


人生は苦しみや悩みで満ちあふれています。その苦しみや悩みに明るい光を射して...

質問者からのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。
貴重なお言葉ありがとうございました。
生きて行くことを改めて考えることがきました。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る