皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

運がない…

夫は車好きなのに、なぜだか車運がなくて、よくもらい事故をします。そのたびに騒いで話を大袈裟にして、お金がないのに小さな事故でも車買い代えたいと言いだしたり、もう私は心労でへとへと、いやになります。

私の心労があるのも知らず、車のことばかり言う夫…
かける言葉も思いつきません。
なんとか落ち着かせる方法はないでしょうか。 

家族親族
有り難し 13
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

計算してみたら?

こんばんは。私も車の事故、やりました。でも保険も下りるんでしょう?
ですか、今まで一体、幾ら車にかけてきたのか、計算してもらってはいかがでしょうか?年間どれだけかかっているのか。また、車はないと生活できない地域ですか?それによって、掛けられる度合いや優先順位も見えると思います。そして、それ以外の生活費や教育費など、見える限りを数値化してみてはいかがでしょう。車は男の生き甲斐になっている可能性もありますが、生きていけないほどのめり込むのはアウトでしょう。まずは数値化。
そして、男が車にのめり込むのは、奥さんとの時間を大切に思えていない可能性もあります。貴女と過ごす時間が充実しているか。それは、貴女の意見をどの位聞いてくれるのか、にも関わります。
後、事故は運よりも運転技術によるところも大きいです。運転が下手な人は事故に遭いやすい。自分の下手さでどれだけお金を無駄にしているか。それを認識してもらいましょうよ。

例えばですが…

拝読させて頂きました。確かに事故に
あってしまうことはあるでしょう。
そういう巡り合わせもあるように感じます。
であるならばできれば車に乗ることを止めることはできませんか。自分の車に乗らなければ自分の車が事故にあう可能性はなくなります。

日常生活では極力車ではなく、電車やバス利用にしてみてはいかがでしょう。

ずーっとでなくても例えば一年間はそれで通してみると又違った考えが浮かんで参りますよ。

いかがでしょう。

皆さんが事故なく毎日をお過ごしなさってくださいます様にとお祈り申し上げます。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
私のストレスが質問として文章にすることで軽減された気がします。お答えも参考にして気持ちを落ち着かせたいです。

夫は車をたぶんやめられないけど
私はない生活もちょっとなれてきました。
多少出不精にはなりますが
でかけないから節約になるかも?

関連する問答
このページの先頭へ