お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

苦しみから抜け出したい

よろしくお願いいたします。
元彼女のことです。元彼女は未婚の母です。
職場恋愛をしておりました。最初は優しかったのですが、とても嫉妬深い人でした。
感情の起伏も激しく、私にはきつくあたるばかりになり私もしんどくなりました。
子どもは私になついておりました。同じ部署でしたが異動となりしだいに会わなくなり
あちらから別れを切り出され一年がたちました。
そして、また異動となり再度同じ部署になりました。また、あちらから連絡が来るようになりました。
あちらは、「なんかよそよそしいね。話しかけにくいよ。」とメールが入ってきます。
私は、仕事の事は話しますがそれ以上のことは話ません。子どもの相談もしてきます。それに対して「立派に子育てしてるじゃないか」というと「勝手にハードルあげないでくれる。そういわれるのがいちばんムカつく」とキレてしまい。また、謝りました。ですが
私はこの人に苦しい思いをしてきたはずなのに
また、気になりはじめました。
もう、関わると苦しいとわかっているはずなんですが。自分でもわからなくなりました。
相手はすごく平然として、楽しそうで
自分は臆病で人の目を気にしてて
どのようにしたらこの苦しみから抜け出したらいいのでしゅうか?よろしくお願いいたします。

有り難し 11
回答 2

質問投稿日: 2015年8月13日 11:26

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

キレるのが得意技な方なのですね

 表現は悪いのですが、結婚とかは「しょせん割れ鍋に綴じ蓋」と思った方がいいのかも知れません。つまり、自分にしろ相手にしろ、「良くない所」を知り、その「割れ」をカバーしよう(直す、ではありません。割れは割れのままです基本的に)、そう思えるか?が分かれ目です。
 自分がキレることで面倒ごとを解決(回避)しようとするタイプ、臆病で人目を気にすることで、自分を主張せず、とにかく平穏に渡っていこうとするタイプ(言い過ぎかしら?)。もしかすると丁度いいのかも知れませんね。
 それらのパターンは恐らく、お互いの生育歴の中で、「こうすれば生き延びられる」と、身に付けてきた戦略なのだろうと思います。「うまくいくやり方」が行動パターンとして習慣化していく・性格になるというのは、ありそうな話ですよね。
 また、そもそも一般的に女性の方がツンデレ=感情で相手を振り回す、という傾向があると思います。男性の方がどうやら「感情と言葉の連携」が悪いので、感情的にバーッとまくし立てられると「降参します〜」となるパターンが多いようです。
 ですので、「彼女が物事を決め、あなたがそれに従う」というパターンであれば、双方うまく活きるのではないか、と思ったりします。彼女の直感は、結構頼れるのではないでしょうか?あなたに甘えるが故に感情を垂れ流しされますが、どうせ一つずつは長続きしないものですし、なにより「自分で判断しなくていい」というのは、あなたにとってもメリットなのではないでしょうか?
 ところで、彼女はあなたに好意を寄せている(ように見受けられる)のでしょうか?
 そうであるならば、ツンデレハイハイではない関係が築けるかも知れません。その時には、彼女にも何か変化が起きているでしょうし、あなたも今までとは違った行動パターンを必ず手にしているはずです。それは今までの「臆病で人の目を気にして、しかし責任を取らずに過ごす」というメリットを手放すことかも知れませんが。
 邦元さんも仰っていますが、お付き合いすることは「貴方にとっての課題」をあぶり出すことにも繋がると思います。優柔不断なあなたを受け入れてもらい、そのスタート地点から何か自らを高めていける可能性ありや?彼女のどこかを尊敬しているのか。その、「彼女に対して感じていること」をあなたの言葉で伝えるのが、何にせよ第一歩かと思います。

3年前
回答僧

円通寺

邦元

お互いに支え合い、高め合える関係でなければやめておきましょう

お相手にまたひかれているとの事ですが、大切なポイントは、あなたが彼女の全てを受け入れる事ができるのかどうか。彼女を高め、支えられるのかどうかです。

そこをよく考え判断してください。彼女の今をよく見てください。今の彼女を受け入れ、キツイ言葉も、受け入れる事ができるのか。

あなたが決断する事です。
冷静によく見て考えてください。

3年前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうごさいます。
お礼が遅くなって申し訳ありません。
さすがお坊さまのお言葉は
奥が深く気づかされるものがあります。

関連する問答
このページの先頭へ