お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

案ずるより産むが易し

最近、悩んだり迷ったりした時に

案ずるより産むが易し

という言葉が頭に浮かぶことがあります。
いきなりです。
ポカンと浮かぶのです。

これは何ですか?
人生そんなに簡単に考えていいのですか?

心構え・生きる智慧
有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2017年4月14日 15:05

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

そう考えられたら楽でいいですよね。

初めましてこんにちは。
関本和弘と申します。

さんざん悩み倒して選んだ道で、やっぱり違う道を選んだらよかったと思う事ってありませんでしょうか?
真剣に悩めば悩むほど、どっちも正解ですし、どっちも不正解です。
それでも時間は刻々と過ぎていくので、仕方なくどちらかを選びます。
選んだ後に、「失敗したなぁ…」と思う。
人生ってそれの繰り返しかもしれません。
それならばどっちでもいいからさっさと選んだら、悩む予定の時間だけは無駄に減らさなくて済みます。
人生は限りがある時間を使って進んでゆきます。

「案ずるより産むが易し」という言葉の背景はこんなところではないでしょうか。

その「案ずるより産むが易し」という言葉を踏まえた上で私は、産んだ後、その先にどうするかを考える方が大事かと思います。

2年4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。

初めてこの言葉がスッと胸に落ちました。

選択をして完了ではなく、そこからどうするか、ということが私には足りていませんでした。

何だか生きることが楽しくなりました。

ありがとうございます!

関連する問答
このページの先頭へ