シフトを増やしたり減らしたりされます。

シフトを勝手に減らしたり、増やしたりされて困っています。
私が働いてる会社は、社長、経理、管理者、事務員が身内同士の会社です。
その事務員とは、学生時代からの友人で付き合いは20年あります。
事務員は、私の部署のシフト作成をしていますが、私に何の相談も無くシフトを減らしたり、増やしたりします。シフトは午前、午後の半日と1日なのですが、午前、午後の半日を週4とかで組まれるので、出勤するなら1日で働きたい。と伝えてありますが、人数が足らない日は半日でもいいよと言ってあり、半日の日もあります。翌月は、ちゃんとシフトを組んでくれるのですが、その翌々は、また半日のシフトにされます。または、シフトが出来上がった後に、従業員である事務員の叔父が、こんなに働けないと言い、シフト減らすようになり、その人が出勤するはずであったシフトは、全て私が出勤に。何の話もなく、相談もなく、勝手に変更になりました。今月のシフトは、ギリギリになって作ったようで、いい加減なものでした。平日は、全ての時間で出れるとシフトを出したのに、他の従業員ばかりフルで入り、人が足らないところの短時間に私が入れられてました。友人だから我慢していましたが、こうも番度、人数合わせみたいな事をされると私も生活があるので困ります。直接、本人に言うか、誰に相談すればいいか困っています。

怒りを抑える
有り難し 2
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

仏様は❝調御丈夫❞なさったお方

あなたの今までのご相談を何通か読ませて頂きました。あなたのご性格でしょうが「取り越し苦労する」「細かいことにとらわれる(気にする)」タイプのようでね。性格は中々変わりませんよね・・・。
仏様は❝調御丈夫(じょうごじょうぶ)❞「心を調教し、丈夫になったお方=怒りを鎮めて、心穏やかになったお方」という別名があります。怒りを鎮めるには訓練・修行が要ります。冷静に「相手を思いやる」気持ちを持つよう努力しなければいけません。中々簡単ではありませんよ・・・。
さてあなたは介護職をなさっているとか・・・。介護現場は過酷で、臨機応変が要求されます。担当者は忙しく、心に余裕がないのでしょう。まず担当者にあなたの気持を正直に話して(場合によっては手紙に書いて)みて下さい。案外あなたが〈シフトを勝手に減らしたり、増やしたりされて困っている〉とは思ってもなく「あなたは優しく・いい人で無理を聞いてくれる」と思っているかもしれません。
あの人も「心に余裕がないのだな~」と《思いやれる》ようになったら、事態が変わるかも・・・。腹が立った時、心の中で❝調御丈夫❞と何度かつぶやいてみて下さい(笑)。

7ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ