hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

元彼女の対応の仕方について

回答数回答 2
有り難し有り難し 5

また、質問させていただきます。元彼女は未婚のシングルマザーです。病院の職場の同僚です。
時々、連絡きます。この間「いいことないのよ」と連絡があったので何があったのかと聞いてみると子どもの父親に嫌な気持ちにさせられるということでした。「関わり合うことをこちらも願いもしておりませんが、いろいろ嫌味をいわれます
子どもが成人するまでは嫌でも関わらんといけない。仕事がうまくいってないんじゃない。」
わたしは「大丈夫?話聞くよ。」と言ったら
「大丈夫ではない。あなたはいつも楽しそうだね。私は、がんばりたくはない。嫌な気持ちは一生続くんだろうし。」というので、私は「自暴自棄になったらだめだよ。」と答えました。すると「自暴自棄になっていません。そうゆう状態ではないです。自暴自棄になっても何も解決しませんので。解決方法は私が誰かと結婚することです。
モラハラする人の気がしれない。そうゆうやつは後で後悔しよるわ。ごめんと言われても1度吐いた言葉は言われた方は消えんけん。 そうゆうやつは直らんし。今はよくても、また時間経てば忘れてまたやる。 直ってるわけではないから。あなたも、そうよ。」と言ってきました。元彼女は気の強い方です。私は彼女に対してモラルハラスメントのような言葉かけたことも対応したこともないですし、むしろ、元彼女の方から傷つけられたほうが多くて元彼女が怖いくらいなんです。
どのような気持ちで対応したらよろしいんでしょうか。まとまりのない文章で申し訳ありませんが
よろしくお願いいたします。

2015年9月6日 19:15

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どうなりたいのでしょう

こんにちは。お久しぶりです。
 あなたのご性格がモロに出ていると思いますが、「自分はどうしたい」が書かれておりませんね。先日の問答でも、「割れ鍋に綴じ蓋」とお答えし、「合っているかも知れません」といった趣旨で書いたかと思いますが、あなたはどうおもっているのでしょう?彼女の綴じ蓋になりたいのか、距離をおきたいのか。それなしに、「どのように接したら」は決めようがないでしょう?
 あるいは「様子見をしたい」かしら?であれば、放置が一番と思います(「ごめん、今聞いてあげられないんだ」理由は無しです)。彼女にとって「よき人」になる必要は、いま取りあえず、ないと感じますし。
 私から見ると、彼女から貴方へのアプローチは「暇つぶし」に見えます(これを”振り回されている”といいます)。女性は我々よりも「今に生きている」ので、「別れた旦那の名前?わすれちゃった〜」ということさえ、あるそうです。
 同性という身びいきもあってか、男性にはあまり使わない言葉ですが、「都合の良い男」ですね、あなたは。今度機会があれば、ですが「話聞くよ」という、恐らく反射的に言っている瞬間に、起きている気持ちをモニターして下さい。うっかり答えると、面倒のもとになります。
 アドバイスとしては、「聞くよ」の時は、何を言われてもアドバイスしてはいけません。「自暴自棄に…」は、その典型です。相手は(決して)、「何か教えて欲しい・導いて欲しい」とは思っていません。返して良い言葉は「そうなんだぁ」「大変だね」と、”相手の気持ちを受け取った”というものだけです。そこは、男の人と話す時とは、まるっきり違います。「男女脳の違い」みたいな本に必ず書いてあることですから、読んでみて下さい。

2015年9月7日 8:11
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

彼女は救いを求めている

はだしのゲン大好きな、いつも素足にサンダル、はだしのかくゲンともうします。
リアル広島弁に出会えて光栄です。
お役に立てたら、彼女に噛み砕いてお伝えしてつかあさい。
物事は二つの面があります。
(本当は無限、多面体だけどね)
良い面と悪い面。
その一面、片方だけの悪い所ばかりをみて、ぶーぶー悪しざまに言ったり、悪く思うと人は不幸になる、ということが、莫迦だ大学のアホ阿保学科のぶ丹下ば覚元教授によって明らかにされています。
たとえば広島の名物お好み焼き。
「粉ものはカロリーが高い、油を吸わせる、マヨネーズは脂質が高い」などと、悪い所ばかり見たらせっかくのお好み焼きが、お好みどころか、❝お嫌い焼き❞じゃけんのう。
チョコの「ダース」もいいこと12コ、という眼差しだからイイ事12個なのです。
太る、ニキビ、ハイカロリー、溶けてベタベタ…わざわざ悪いこと探すようなのは、チョット前の時代は、それが悪いんじゃなくて、その人の根性が悪いんじゃぁ、言われたもんじゃけんのう。(ニセ広島弁)
コイツは偽広島弁使ううさんくさい奴じゃと悪しざまに想うのも結構ですし、ああ、広島の人に親しんでもらおうと努力しとるんじゃなあと思ってくれたら、それはそれで見方が変わるもんなのです。
あなたも、彼女の文句は「頼られとる」「分かってもらいたい事がある」などと、良い面を探してつかあさい。
所でこんなんでいいんでしょうか、広島弁。('◇')ゞ

2015年9月8日 3:54
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

質問者からのお礼

いつもありがたいお言葉ありがとうごさいます。
自分がどうしたいのか?
いま私は自分を見失っていると思います。
頭の中では、お付き合いしていた女性は
やめといたほうがいいと理解しているのです。例えば他人からもし同じようなことを
相談されると「連絡をとらないほうがいい。新しい人を見つけたほうがいい。」というでしょう。しかし、心とゆうか気持ちがともなわいのです。心と行動言動がバラバラというかうまく説明できませんがそんな状態なのです。だから、苦しいです。いっそ記憶がなくなればいいくらい。
毎日、手を合わせています。

覚元さま、広島弁ばっちりです(笑)
ええこともありゃ、わりいこともある
ゆうことですね。
かたよった見方をしたらいけんゆうことですかね。
苦しい思うから苦しい。
なんぼでも幸せなことがあるはずなのに。
良文さまのお言葉も、あれから何度も読み直しました。こだわりをなくしてすっきり
しよう。これからも悩むだろうと思いますが
なんか、少し前進できそうな気がします。
ありがとうごさいます。また、よろしくお願いいたします。

「元彼・元彼女」問答一覧

元彼が結婚してからも悪口を言います。

この質問を見て頂きありがとうございます。長文となり読み手の方々にはご負担をおかけします。 2年前に喧嘩別れした元彼の事が気になり…不毛と知っててもSNSを見てしましまい怒りや焦りが断ち切れず苦しいです。 元彼とは趣味でSNSで知り合い付き合いをしました。 ・別れた理由 個人特定を避けるため詳細は多少割愛させて頂きます。私だけではなく家族を罵倒され喧嘩で別れました。奨学金返済で家計がカツカツなのを家族がだらしないと言われたり彼の母親やその親戚に罵倒されました。あとから母に聞いた話ですが勝手に私の家の冷蔵庫を開けたり、ホッカイロを無言で取って使っていたそうです。 別れて正解という言い方はあれかもしれませんが一緒にいても苦しくなるとは頭では理解してます。 あることをきっかけに元彼がSNSで私の悪口を言っていることを知りました。 それから怒りで湯水のように元彼と別れてからのこれまでをSNSで見てしまいました。 別れて2年の間に元彼は結婚・子供も授かり、家も買ったらしいです。(別れてすぐお付き合いした女性と半年以内に結婚してた)悪口は家を買ってからしてました。 「○円のプレゼントを返せと言ったのに返さなくてこの野郎と思いました」 「毎年溶かして固めただけのチョコレートをもらって困ってた」です。しかもプレゼントの値段は本来彼が支払った金額と違い水増しして嘘を付いてました。何より被害者意識が強く困っています。 夫婦ともに趣味の評価が上がっていること、夫婦仲が良いこと、私と正反対の事をお嫁さんにしていること(私の時は要求ばかりで上から目線でした。今ではお嫁さん中心で過ごしているらしくプレゼントした内容を逐一SNSで上げてました)、SNSで仲が良い既婚者同士で結婚の幸せ話をしている事などを知り失恋で立ち直ったところに自身で追い打ちを掛ける形になりました。 とてもお恥ずかしいですが、なんでこんな人が…と思います。 ネットで幸せPRするのは彼が幸せじゃないからでしょうか? 彼はもともとSNSではすでにグループが出来ており私はそこに入る形でした。別れてからそこを抜け、ずっと好きで続けていた趣味も一旦休んでいました。 どうしたらこの気持ちから脱し、趣味を取り戻せるようになるのでしょうか? お手柔らかにご助言頂けたら助かります。支えてくれる人に申し訳なく思ってます。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

元嫁さんの事で悩んでいます。

お互いバツのある恋人同士です。 彼は4年前に離婚し幼い子がいます。 これまでもずっと、頻繁に子供とは会っています。 私にも子供がいるので、彼が子供と会えて幸せそうに話しているのは、 本当に嬉しいと感じていました。 ある日、元嫁さんが彼に「彼女いるの?」と聞いたらしく、彼は正直に「いるよ」と答えました。 その後、元嫁さんから、子供が3人で会ったら、とても喜ぶと思うから、子供と会う時に、たまには私も一緒に行ってもいいか、今の彼女に聞いてほしいと言っていたと彼に聞きました。 それが、本当に子供の為になるのかどうか、彼も悩んでるところでしたが、私は貴方達二人がそう思うなら、会っていいと言いました。 ただ、もし復縁とかを少しでも考えているなら、もうこの場で私と別れましょうとも話しましたが、彼は「それはない、子供が居ないと元嫁とは何も関係ない、ただ子供の為だけ、1000%ない」と言いました。 その言葉を信じていますが、それでも、もし復縁する事になったとしたら、それはもう仕方ないのかなとも思っていますが… 長文になりましたが、私が質問したかったのは、この4年の間、そんな事を一度も言ってこなかったのに、突然、そんな話をしてきた元嫁さんは復縁を望んでるのではないかと思うのですが、どうでしょう。 ちなみに私は、元主人と子供と一緒に会うつもりはありません。 まぁ、子供も大きいせいもありますが、その必要はないと考えています。 彼の離婚の原因は、性格の不一致もあり、元嫁さんが嫌いで、もう無理。 あと、元嫁さんの連れ子とうまくいかなかったという事です。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

好きな人がいました。

好きな人がいました。 好きあっていて、お互いに笑いあえて、素が出せて、本音を言い合える。好きな人がいました。 ですが、そんな好き同士の関係でも、私の今の状況、彼の状況から見て、付き合うのは難しいという結果になりました。 互いに好きだけれど一緒になれない状況に悩んで、もがき苦しんで、毎日毎日泣きました。 ですが、そんな時に彼にも支えてくれる人が出来たようで、彼は今の状況から逃げ出したい、幸せになりたい。こんな辛い思いはもう嫌だと。その彼女と付き合うことになりました。 私の好意は、彼にまだあって。でも、置いていかれてしまいました。 心変わりしてごめん。裏切ってごめん。俺が今の状況を理解出来ていればよかった。と、何度も何度も謝ってくれました。 私は今でも彼が好きです。以前はお互い好きだと毎日言い合っていたのに、言えなくなってしまって。 仕方の無い事ですが寂しいと伝えたら、友達の意味の好きでも良いか。と、聞かれました。それからは私が好きと言うと、以前ほどでは有りませんが好きと返してくれます。 でも、彼には彼女がいて。彼女に対しては本当の意味で言っているんだなあと思うと、少し寂しいです。 また、いつか、一緒になれる日は来るのでしょうか。 どうしようも無いくらい好きで、諦めきれない私は、それでも尚諦めた方が良いのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

元夫が出て行ってくれません

わたしは離婚しています。 元夫は結婚当時から仕事を転々としては、ギャンブルにはまりの繰り返しでほとんど生活費も入れることもしないような人でした。 口ではちゃんとする、ちゃんとお金も入れてがんばるといい何度も振り回されてきました。 以前は好きな気持ちもあり、また子供たちの父親であることからちゃんと改心してくれるなら…と何度も許しては裏切られて、を繰り返していました。 離婚はしましたが、家を出て行ってくれずに困っています。 出て行ってほしいことは何度も言ってます。しかし、逆ギレしてくる始末です。 元夫はキレるとか暴力も振るってきます。 そんな状況もみているため、子供たちも父親の存在が嫌いで、ほとんど相手にされていない状況です。 元夫が家に帰ってくる、家にいるストレスもあり子供達に当たってしまうこともあります… また元夫の振る舞いに、中1の息子が似ていたり、同じように口ばかりになったりちょっとした嘘をついたりすると、さらにイライラしてしまい「そういうとこ、パパそっくりで大嫌い」など、最低なことを言ってしまったりしてしまいます。あとなって、反省しています… でも、少しのことでイライラして、怒鳴ってしまうことが多々あります。 元夫のせいで、わたしの精神的ストレスが増えて子供たちとの関係まで悪くなってしまうのは絶対嫌です。 元夫はのうのうと自分の好きなことだけして、わたしの苦労も知らず生活費も養育費も払うこともなく生活してるのが許せません。 出て行って、今後わたしたちと関わりを絶ってくれればそれでいいんです。 元夫が許せません。 こんなことを思ってはいけないと思うのですが、死んでほしいとまで思ってしまいます。 こんな人と出会わなければ、あたしの人生返してほしいと憎しみしか湧いてきません。 なにか、いい方法や気持ちを落ちつかせる方法はないでしょうか? よろしくお願いします。 役所などにも何度か相談しましたが全くでした…

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る