お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

性格を変えたいです。

私は、昔から人と比べたがる癖があります。
そして、競う度に負け続けてきました。

そのうち、人に負けたくない自分と、努力しても無駄だ、という自分が内在するようになりました。

後者の自分は、前者の自分より弱いみたいですが、そのせいで、常に何かに急かされているような状態です。

例えばですが、休みの日に息抜きに映画でも見に行こうかと、思うのですが、前者の私が「そんな暇があるのか?資格の勉強でもした方がいいんじゃないか?」となげかけてきます。

結果的に、勉強して休みの日を過ごしてしまうことが多いです。

このように、息抜きを許そうとしない自分の性格のせいでストレスが溜まります。

私自身は、もっと心に余裕を持ち、ゆっくり行きたいです。

どうすれば、自分の息抜きを許せ、心に余裕を持つことができますか?

有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2015年10月9日 7:26

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

後悔しなければどちらでもよい。

結果的に勉強してしまった場合は、勉強できたのだからそれでよいのです。
結果的に遊びに行ってしまった場合は、息抜きできたのだからそれでよいのです。

過去は過ぎ去りもう無い。
一番無駄な時間は、映画に行った時間でも、勉強した時間でもなく、
過去を後悔して頭の中で「やっぱり○○すればよかった」と、グルグル妄想している時間ではないでしょうか。

頭の中で後悔している時間を省いただけでも、その分、時間に余裕ができますから、心の余裕にもつながるかもしれませんね。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
話を聞いて、納得することが出来ました。

たしかに、過去を振り返り一喜一憂するその時間こそが無駄だと思います。

これからは、後悔する時間を意識的に無くしていきたいです。

関連する問答
このページの先頭へ