hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

輪廻からの解脱

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

回転寿司が大好きで週に一度は食べに行っています。

そこで、hasunohaの左上のロゴの類似であるホッキ貝より、味は赤にし貝、歯ごたえはつぶ貝が好きだなと気づきました。
気付いたんですが、ホッキ貝も食べますし、赤にし貝やつぶ貝のみ食べるという事をしませんでした。
そして回転するベルトコンベアを見て、自分の輪廻からの解脱は本当に難しいなと感じました。

今回の『輪廻』の定義は死んだ後の話ではなく、
『執着する限り何度でも苦が繰り返される、因果応報としての輪廻』です。
(本を見たりネットで調べたり人に聞いたりしたわけではなく、毎日自問自答しているうちに『生きているうちにも輪廻している』と気づきましたので、これは仏教やブッディズムでいう輪廻ではない、というご意見もあろうかと思いますが、その場合は正しい言葉を教えていただければ有り難いです)

気付いてもなかなかやめられない、そして心に余裕がなくなったら外的要因のせいにしている自分の心がいます。

ダンマパダや七仏通誡偈の中に、
諸悪莫作(サッバパーパッサアカラナン)
衆善奉行(クサラッサウパサンパダー)
自浄其意(サチッタパリヨーダパナン)
是諸仏教(エータンブッダーナサーサナン)

がありますが、白楽天に言った道林禅師の『3歳の子供でも分かるが80歳の老人にもできない』という偈に自分の経験を当てはめて痛感しております。

僧侶の皆様は忘れてしまったらしょうがないのですが、忘れてしまいそうなときはどのようにして忘れないようにしていますか。
(忘れてしまいそうなときは忘れていないから、忘れることはない、という答えもあるでしょうが)

苦の輪廻を寿司で例えると味にアクセントを与えるワサビ(たまに多くつけすぎたり少なくつけたりして苦しむがちょうどよい辛さを探している)だと、勘違いしている自分がいるのかな? と迷ってしまっています。
いや、違う。ただ何も考えてないだけですね。

2017年8月23日 19:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

パスワード設定をお勧めします。

ひろ様

久しぶりにhasunoha を訪れ、ふと目に止まったのでお便り致します。

仰るとおり、私も輪廻というのは死後のことではなく、日常の中でのクローズドサーキットだと思っております。
私もかなり長い年月の間、苦しんで来たポイントでもありますが、一気にそこから抜けることはないだろうというのが最近深く感じていることです。
同じパターンを繰り返すというのは、一方では生を維持するホメオスタシスにも関連していることかもしれません。
そして、釈尊が到達したような完全なる完成は、到底あり得ないかもしれないとも感じています。私にできることは、それに気づき、それを離れることの繰り返しではないかと思えるのです。それこそを輪廻というのかもしれませんが、しかし繰り返しながらも螺旋を描くように1mmづつでも進歩しているかもしれないのです。この世界において、いったい完成とはあるのでしょうか?
気づくためのパスワード設定をお勧めします。浄土宗では、自分と自分の思いのと間に南無阿弥陀を差し挟むということを致します。自分の思いは自分自身ではなく、自分の中に沸き起こる思いであり、私のこの身体も「私の身体」であって、私自身ではないことに気づく大きな助けとなります。繰り返しと思っていることはすでに過去の現象です。その都度その都度、思いを手放して行くのが道ではないでしょうか、
また呼吸法もとても優れた道へと導いてくれますのでご参考までに⇒
http://shukai.seesaa.net/s/article/190960250.html
河野秀海拝

2017年8月24日 7:29
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


・浄土宗僧侶(元浄土宗寺院副住職:実家大阪市浄土宗天龍院千代田別院普請中)...

質問者からのお礼

>>河野秀海様
お返事ありがとうございます。
確かに、その都度その都度、気づいたときに手放していくしかないですね。
『自分はかなり進んだな』と思って振り向けばほとんど進んでおらず、
『自分はまだそんなに進んでいないかな』と思ってみたらやっぱりほとんど進んでおらず、
『自分はどれくらい進んだかな』と思って振り返ってもほとんど進んでいない。
そんなことを思っているうちはまだまだ修行が足らないという事ですね。
過去の自分はそこにはおらず未来の自分もそこにはおらず、ただ今ここに在るのみですね。

そういえば兼好法師が徒然草で、生きた時代が違う法然上人について書いた文を思い出しました。

『徒然草(意訳)』
  ある人が法然上人に
 「念仏をしている時、居眠りしてしまうのですが、どーしたら良いですか?」
  と質問したら、上人は
 「目が覚めたら、念仏しなされ」
  と答えられたそうだ。とっても偉いと思う。

「輪廻転生」問答一覧

輪廻転生なんて本当にあるの?

2日前に父がなくなりました。 父が生前心配していた、母のことを姉と支えたかったのですが、やることなすこと母も姉も気にいらないらしく実家にいたのですが帰ってきました。 姉は父の近くに住んでいたのにもかかわらず、自身がうつ病だうつ病だと言ってずっと父を心配させてきていました。 そんな姉をみていたので、父は私に近くに住んでほしいとずっと願っていましたが離婚などをしてたためお金がなくなかなかすぐにはとはいきませんでした。 結局心臓発作で倒れたときも母はパニック、姉は動揺してなにもできず、遠くにいる私が救急車をよびました。 葬儀の手続きも私が行い、葬儀のお金も私がすべて支払いました。 それにもかかわらず、母と姉は私の行動に批判をし、折り合いがつかず実家をでてきました。 父がいれば、間をとりもってくれるのにとおもいます。 会いたいのです。 父がいたから私の家族はなんとかまとまっていました いつ会えるのですか? 本当に輪廻転生なんてあるのですか? 科学的には人は死ぬと無になりますよね。 輪廻転生は生きてる人間がそんな考えをしないと、辛いから考えられたお話なんじゃないかとおもいます。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

死んだら輪廻転生しないですよね?

先程、寒いのに蚊が飛んでいたので殺してしまいました。菩薩心を持ちながら感謝の気持ちを持ちながら申し訳ない感情で、手を洗剤で洗い手に付いていた細菌を信じられない数で殺してしまいました。しかし人生上手くいっている人は細菌など意識すらしないでしょう。感謝や申し訳ない気持ちすらなく手を洗い成功しています悟りに近いのでしょうかね。 はてさて、これらの生き物は輪廻転生するのでしょうか?  私にはお婆ちゃんがいましたが、認知症になり自分すら認識できていませんでした。 お婆ちゃんが亡くなりましたがお婆ちゃんという根底の存在?アートマン?それってなんだったのでしょうか。自分すら認識できない彼女の根底の意思とはなんだったのでしょうか? ISISというテロ組織が色々ロケットランチャーで1人を殺害する動画を作っていました。 ロケットランチャーで跡形もなく粉のようになっていました。 死んだ彼はなんだったのでしょうか?原子が組み合わさった物としか思えませんでした。 私が輪廻転生して、また再び人に生まれたとします。それは私ではないのでは?私とは?今の私というのも曖昧です。記憶を喪失したら私? もしそれも私なら今IQが高い人のみ輪廻転生できて、自分すら認識できない人間は輪廻転生してまた人間になったら自分すら認識できない存在? 少子化とは言いますが70億人に人口が膨れています。 さて、それまでの輪廻転生があるとしたら60億人ほどの魂はみんな人間界に一斉に来れたの? 死というのは、ただ肉片になるだけではないでしょうか?そうとしか思えない感情が湧いてきます。 踊って唱えるだけで悟りを得れるのなら、知能の低い人や認知症もそれができないとおかしいでしょう。 やはり救いはなく、死という拷問に近い形の苦しみを受けて全てが抹消されて苦しい気持ちを得たという事実だけが残るのではないでしょうか。 もちろん人生楽しんだ恵まれた人は生まれつき遺伝子や環境に恵まれてるので、仏教も興味なくて人生に何の疑問も持たなくてただただこの世界は楽しみだったという感情に溢れてるんじゃないですか。(それこそもはや輪廻転生のせいというか生まれつきの条件を輪廻転生側が選ぶという暴挙) まあなんであれ死んでも輪廻転生なんてないし素粒子になるだけだよね。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

輪廻があるなら、私は天界も地獄も見て来たのでしょうか?

こんにちは。 前回質問で、輪廻思想がどうも腑に落ちない、と主張した者です。 ただ、輪廻に限らず、事物が「ある」とも「無い」とも断定するのは中道の教えに反すると感じるので、輪廻思想の側からも質問させてください。 輪廻転生があるなら、私は六道あらゆる世界を見て、生きて来た事になりますよね。何しろ仏教の宇宙観は無数劫の時間スケールで成り立ってるのですから。 また、私は、いわゆる地球外生命というものも、必ずどこかの惑星で誕生し生を営んでいると信じています。 そうなると、私の魂(?)は天上界のめくるめく壮麗な世界も体験して来たし、地獄の底の恐ろしい責め苦も受けて来た事になりますよね? また想像を絶するような異星の光景も目の当たりにしてきたのではないでしょうか? 輪廻転生が教えているものって、 「そういう一切合切の有情は、別個に生きているのでなく、過去、現在通して、物質から魂のレベルまで、密接に繋がって生きてるんや。天人も地獄の衆生も、あらゆる命も決して他人事じゃおまへんで。なにせアンタがそれ自身だったんだからな。」 と言っているようにも思えるんです。なぜか関西弁ですが。 そういう所から、いわゆる慈悲って生まれるのでは無いでしょうか? 生前や死後を無記とするのは「智慧」ですが、また輪廻をわが事として受け止めるのは「慈悲」の根源なのかな?とも思います。 この2つの考えは矛盾するものではないとも、私には思えます。 お坊様方は輪廻と言うものをどのように受け止めてるのか、気になったので再び質問させて頂きます。 お考えを聞かせて頂ければ嬉しいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る