怖い経験をしそうな時の対処法はありますか?

初めて質問させて頂きます。

私は、子どもの頃から不思議な経験をする事が多々ありました。
10代の頃に、友人の勧めでお寺に通ってからは、ほとんど無くなりました。
身も心も健康に過ごしていれば、変なものは寄ってこない!と心がけて生活をしていますが、それでもたまに怖い思いをする事があるので嫌です。

一番嫌なのが、旅先のホテルで就寝時に変なことが起きることです。全く違う場所で、全く違うホテルなのに、同じ経験を同じ時間帯にする事があります。眠りに就こうとすると、ハイヒールの足音が聞こえてきます。無視して眠りに就こうとすると足音が早足になり枕元まで来て強く足踏みをします。だいたい深夜1:00〜3:00過ぎまで続きます。

怖さを紛らわすために、可愛い甥っ子達の動画や写真、お笑いの動画を見たりしますが、旅先で疲れてる時に朝方まで寝れないのは辛いです。

考えないようにしようと思いますが、ホテルに泊まるたびに、思い出してしまって少しビクビクしながら過ごします。

何かホテルに泊まる際に、変なことが起きないように予防する良い方法はないでしょうか?

ちなみにハイヒールの足音に、思い当たる事はまったくありませんし、自宅で就寝時に変な経験をする事はありません。

日本に住んでいた時には、常に神社の清め塩を携帯していましたが、今は海外に住んでいて手元にありません。

何か、良い方法があれば教えて頂きたいです!

有り難し 8
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自分の思いにKAT-TUN(喝)

カツ―ン、カツ―ン。
ヒールの音が聞こえる…。
本当にヒールの音でしょうか。
本当にあなたが恐れているようなものでしょうか。
たとえば閲覧注意な画像やニュースをみて、ショックを受けるメカニズムは、実は自分の思いの側でショックやダメージを受けているのです。人によっては、全然へっちゃら。
それと同様に、あなたが何かの音を聞いた時に、その音に対して二次的にイメージを膨らませている。さらにその音で自分を傷つけている。苦しんでいる。
ですが、実質は、その音がした所で何かが失われたわけでもありません。
不確かな「思い」に、苦しめられただけです。
思いにだまされず、リアルを手に入れてください。(←カツ―ンというヒールの音だけに、喝とkat-tunをかけているらしい)
わたしだったら、懐中電灯を手に真実を確かめます。
思いは、自分が二次的に作り出しているものです。
実に不確かなものです。
自分が生み出した、イメージです。
本当の事実は、カツ―ン、カツ―ンとヒールの音がするだけ。
ヒールかどうかもわかりません。
人は、自分の思いで本当の姿を覆い隠してしまうものです。
思いにだまされなくなることを、自分にから自由になった人❝覚者❞と言います。
仏教とは、自分の思いにだまされなくなる生き方を手に入れる道です。

2年3ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ