歓喜天様について

こんばんは。本日、縁あって八栗寺に参拝し、「参拝させていただきましてありがとうございます」とお参りし御朱印をいただいた後、今まで何度か八栗寺に参拝していますのに本日初めて聖天様の御前に行ってもいいと職員の方から教わり、感謝してお参りしておりましたら、聖天様について職員の方から「聖天様は人の願いを聞いて叶う事に喜びを感じ、またお礼参りをする事でさらに喜ばれる」と言う話に感銘を受け、普段は買わないお守りも授与していただきました。
しかし、後からネットで「聖天様は怖い」などと言うブログを見てしまい少し怖くなって不安になってしまいました。
そして、父が亡くなる前の年に参拝していたこともなにかの因果ではないのかと心配です。
また、お願いはしていませんがこの先ずっと参拝し続けなければいけないのでしょうか?
悪いものばかり見えてしまい、本日あったご縁が不安で薄れています。
お守りは手で包むとすごく安心できるのに、怖さが心にあります…
もし、助言がありましたらよろしくお願いいたします。

有り難し 6
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

歓喜天様(聖天様)が真に歓喜するのは・・

xxrisaxx様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「聖天様(歓喜天様)は怖い」という内容のご質問は前にも頂いたことがございます。

基本的に天部の神々に関しましては、仏教では「護法善神」としてお祀り致すことになります。

尊い仏法を護って頂く、あるいは、仏道を歩む者に厄災がないように護って下さるお立場となります。

仏道を歩む者への厄災としては、「四魔」が代表的にあり、陰魔、死魔、煩悩魔、天魔となりますが、それらを避けて、修行が精進できるようにお護りを頂くということになります。

聖天様(歓喜天様)は、護法善神の中でも、日本においては、特に現世利益的な側面が強いとされているため、民間信仰的には篤いところがあるのではないだろうかと存じます。

また、聖天様(歓喜天様)は、観音菩薩様の化身(応身)とされてもいるため、ある意味では観音信仰の強さにも通じるところであるのかもしれません。

とにかく、聖天様(歓喜天様)への現世利益の祈願による成就というものがあったとしても、その先としての悟り・涅槃へと向かうところへと確実に繋げて参りたいものとなります。

まあ、仏教徒、仏教信仰者に、まさか聖天様(歓喜天様)が何か悪さをする、罰を当てるということなど、まずあり得るはずはありません。

ですから、あまり気にされ過ぎないことと、それよりもより仏教の修習に努めて頂ければ、尚、聖天様(歓喜天様)もお喜びになられて、お護りを頂けるようになるのではないだろうかと存じます。

川口英俊 合掌

12日前

質問者からの有り難し - お礼

川口様、ご返答をありがとうございます。
私は仏教徒ではないのですが、歓喜天様が何か悪いようなことをするはずもないと言うお言葉に大変安心致しました。
私はお寺ではいつも「こちらのお寺にお導き下さりありがとうございます」と言う気持ちで拝ませていただいております。また、八栗寺に参拝した折には、「誤った考えを教えて下さりましてありがとうございます」とお礼したいと思います。
お守りも大切に持ち、感謝の気持ちを忘れずに過ごそうと思います。
気づかせて下さり、本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ