お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ボランティアに行くんですが…。

1か月振りの投稿です。質問の前に雑文だらだらと書かせて頂きます。
誤字等あれば、ご容赦ください。

先の質問で面接すること述べましたが、面接駄目でした。
応援して頂いた方には、なんともいえない気持ちになります。
落ちたときは、ショックで死にたくなったりしました。
hasunohaに相談しようか思いましたが、それすらも億劫な心境でした。

今は若干平静になっています。といっても、どうしてもまだ卑屈ですが…。

落ちてから一か月ですが、結構色々なこと思ったり、あったりしました(^_^:)

『ボクは坊さん』見に行ったら周りが皆年上。

1年以上ぶりに、菩提寺にお墓参り行ったら、軽く住職に幻滅(別に質問する予定)

就職セミナー内で仲良くなった人から、宗教勧誘をうけた(おそらく、顕ナントカさん)
就職活動したら、まさかの宗教活動…。
「南無妙法蓮華経って知ってる?(ニコニコ)」「えー…、ちょっとそういうのは…」
(知ってるよ!つーか俺は日蓮宗だよ!(心の中で突っ込み))
警察、セミナーの人には連絡済で、キチンと断って逃げました。

こんな1か月でした。なんか仏教関連(?)の思い出が多いです
全部本当ですよ(笑)

ようやくここから本題ですが、3週間被災地ボランティアに急ですが行きます。
場所は岩手県です。
どうして行くのかというと、ある事柄をするのにどこでも良かったが、せっかくなのでボランティアをしようと思ったからです(お坊さんは、よければプロフ欄に詳細書いてます。ただ活動団体等に迷惑をかけたくないので、回答ではプロフ欄にのみ書いてることは、絶対に控えてください、お願いします)
岩手は福島よりも、都会から遠いのでボランティアが少ないそうです。
頑張ろうと思っていますが、良くないことも考えてしまいます。
3週間も寒いとこ行きたくない、家でパソコンでもいじってたい。
結局俺って、就職に有利とか、ついででボランティアしようと、してるんだよね。邪な気持ちどこかにあるよね。など。
(ただ主な目的はとある事柄ですが、決め手はボランティアでした。じゃなきゃ、家の近くでその事柄やります)

嫌な気持ちを抱えたまま、ボランティアに取り組んで、いいものでしょうか?
こういうこと思ってボランティア活動しなさいなど、あれば参考にしたいと思います。
回答よろしくお願いします。

有り難し 34
回答 4

質問投稿日: 2015年11月25日 2:02

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

純粋=善を疑え

前の問いの時、「ちょっとぼかします」の方ですね。そこが印象的でした。
あなたの事、微笑ましく見守らせて欲しいです。母性本能だな、これは。
私の先輩で、石巻で被災された方がいらっしゃいますが、「ボランティアに来るなら、遊んで行ってね」と言った方がいます。だからヨコシマだろうが構わないと思います。他に目的があって、「折角だからボランティア」、大いによろしいと。
私は坊さんですが、その「キッカケ」と、「坊さんであり続けること」は、かなり次元の異なる話です。お寺に生まれたから坊さんになった。それは偽りなく事実。でも、もう20年にもなりますが、「坊さんでい続けること」の動機は、坊さんとして活動する中から出てきています。つまり、やった先で瞬間ごとに更新し続けているのです。
なので、やってみれ。やった先で分かるだろうよ。それが私からの助言です。
ただ、ボランティアしている時は熱中したほうがいい。「その事柄」をしている時はそれに熱中しているように。きょうび、就職の面接で「ボランティアをしてきました」という人はもの凄く多いでしょう。だから、「岩手で3週間やってきました」だけでは、大したプラスにはならないと思います。でもその中で、きっと何かに気づく、その気づき自体が大切なのだと思います。自分がそれに対して鈍感か敏感か、その違いですが、社会では結局、その仕事をする中での気づきが何であるか、に個人のポテンシャルを見るのだと思います。
もしかしたら、そのボランティアがキッカケで、岩手に就職という道もあるかも知れませんよ。
世の中、「動機が純粋でなければ」という風潮があるようですが、それは幻。昼はガッツリとボランティアをして、夜は仙台でバッチリ遊ぶ、そんな人も多いと聞きます。寒いの嫌だな、という思いを抱きつつ、体はしっかり働く。「動機が…」の話は、仕事ぶりを評価して、そこから遡って出る話です。順番が違うのですから、そこを取り違えてはいけません。

2年8ヶ月前

気持ちを注ぎ過ぎない

何をするにしても、何かのためにというぶら下がりを棄てた方がいでしょう。
ただやれるようになれるとイイでしょう。
今までは、すべて何かのためにやってきたでしょう。
そして、期待した結果、それが得られなくなった。
何かのために、ということがあったからこそのガッカリ感は相当なものだったと思います。
今回のボランティアは、何かの為にはいりません。
目的をすててただ行ずる、ということをやってみてください。
そこに自分を運ばない。
そこに私的な思いを運ばない。
そこに自分のエゴや自分のルールを一切介入させない。
それが妙法蓮華心、妙法蓮華行というべき、仏行、仏心が現ぜられた行いです。
その結果、人間というものがそういう自分ワールド独自目線の目的によって、心が大きく上下されていたことを見つめ直す良い機会になると思います。

2年8ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

余計なことは考えず色々やればいい

目の前に来た事を、損得なんか関係なくただやればいい。
そのうちにあなたの中に見えてくるものがあるかもしれません。
就職に有利という事を意識して、ボランティア活動をしてもただの偽善者でしか無い。きっかけそうであっても、その日になって現場に行ったら、そのことに徹してみてください。結果は後から付いてくるものです。

2年8ヶ月前

後先考えずにやる

竹丸さん、こんにちは。

ボランティア活動は、他のことを考えずにするものです。就職や今後のためにするのであれば、やめておいた方がいいと思います。

利他の心(自分以外の誰かの役に立つこと)をもってボランティア活動に取り組んでください。あなたが後先を考えて活動していることは、相手に見透かされてしまいます。気をつけてください。

2年8ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

邦元さん、佐藤良文さん、丹下覚元さん、中村太釈さん 回答ありがとうございます。

私の文が拙く、何人かの方に誤解を生んでいる可能性があるので一応補足すると…。
就職に有利だから行くのではなく、なにか自分のやつれた精神や価値観を変えたいや、紹介されたときに、自分の目が興味を持って大きく見開いたということに直感が働く、ただ単にボランティアしてみたいという事で行くことにしました。

でも、一方で寒いから嫌だとか思っていたり、絶対、心の奥底で就職に有利だとかそういうが絶対働いてるぞという風に、自分の心を疑った結果、出てしまった悩みを文で書きたかったのです。
もしくは意識しないようにしても、意識してしまうと書きたかったのです。

繰り返しの文章になってしまいますが、
「就職に有利」という意識的な動機で悩んでいたのではなく
「就職に有利」と心のどこか自分で思っているんじゃないか、思っているはずだ、ということに悩んでいました。

補足は以上です。これでわかりにくければ、私の文が下手ということでご容赦ください。

皆さんや、他の方の意見を聞いて、自分がどういう考えでボランティアに行くのか述べます。

私は、行く動機にもしも心の奥底で、理性として思ってなくても、自然発生的にあまり良くない考えの動機を抱えてしまっても、良いと考えることにしました。

何故なら、純粋すぎるな思いはかえってたちが悪いと、他の人に教えて頂いたからです。
いわゆる押しつけたりする環境保護団体など。

でも、ボランティアをするときは何も考えずやりたいと思います。
自分は例えるなら何も入ってない袋のようなイメージで、ボランティアを行うつもりです。
最終的に、その中で自然に袋の中に入ってきたものが、自分の中に自然に入ってきた何か自分の琴線に触れたものとします。

ではボランティア行ってきますね(^_^)

12月1日朝記入 誤字等あれば、ご容赦ください。

関連する問答
このページの先頭へ