hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏像はどうして太っているのですか?

回答数回答 5
有り難し有り難し 104

釈迦苦行像など痩せている仏像もありますが、基本的に仏像はふくよかな仏像が多いですよね?ふくよかな仏像だと(食)欲に溺れている印象になってしまうのですが、釈迦様の晩年は太られていたのですか?

なぜ、ふくよかな仏像になったのか気になります。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

満たされ の 視覚的な表現

私が同じようなことを不思議に思ったのは、最近のアニメは、目が異常に大きい、ということと、眉毛が下にあるはずなのに髪の毛の上に描かれている、ということです。
ここに、なんとなくヒントを感じました。かわいらしさの表現として、目が大きくなる。
どんな表情なのかをくみ取れるように眉毛が髪の毛の上に描かれる。
視覚的な表現として、見る側に訴えるには、無限の表現が可能、ということです。
さてさて、仏さまがふくよかなのは、そのふくよかさのみならずや各国の最上の理想が反映されている、と捉えると思います。
韓国の仏像は逆に痩せています。
飢饉、食糧難、枯渇の時代には、ふくよかさが豊かさの象徴でもあったそうです。
それとは別に、仏教美術には精神的豊かさを印象として与えるために、様々な視覚的な表現があります。
ふっくらとしている、どっしりとしている、安定感がある、落ち着きがある、黄金色、目を見開かない、穏やかさがある、体型もそうですが、彫師、仏師側からの意見としては、その表情も見てほしい、仏教者側からは、その体型のみならず、表情、雰囲気から、その作品があらわしている仏心という精神性がは「どういうことをあらわしているか」をくみ取って頂きたいと思います。
太っているのではなく、心の満たされをあらわしている。
実際に金色の皮膚であったのではなく、それほどに神々しかったのである。
と、するならば、その中身をあなたが求めるきっかけになりますよに。
(^ ⅰ ( ^ )

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

実際には痩せていたのでは…

mochivationさま
なごみ庵の浦上哲也と申します。

仰る通り、釈尊苦行像は激ヤセですね。お釈迦さまが出家なさって6年間苦行をされたお姿を表していて、引っ込んだお腹から背骨が見えるほどです。
http://www.higashino-kobo.com/gallary/kugyouzou.html

ただ、苦行を止めた後も午前中にしか食事をしない戒律がありますので、ふっくらされることはなかったのでは、と思います。

天野さんのお答えに少し触れますが、おそらくどこの国でも近代以前は、富と健康の象徴でもあったでしょうし、ふっくらしている方が好ましい外見だったのではないでしょうか。日本でも、平安美人は下ぶくれの顔をしています。

仏像の中でも金剛力士などはムキムキですね。やはりふっくら好き、ムキムキ好きなど、昔の人の好みも様々だったのでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

仏さまの身体的特徴

仏さまの身体には、見てすぐにわかる特徴が32あります。
「仏の三十二相」といいまして、身体が広大で、両肩の肉付きがよく、頬は獅子のように膨らんでいる…などあります。手や足の裏までふくよかだそうです。
仏教が生まれた南アジアと日本では美意識も異なります。
例えばミャンマーでは女性に「太ったね」というのは褒め言葉ですし、僧侶の外見は丸顔でふくよかなほうが好まれます。(おめでたい感じがするのだそうです)日本人的には確かに、痩せているほうがストイックそうで好感が持てるのかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち


青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...
このお坊さんを応援する

すべての道はローマに通ず?!

私は高校生の時、世界史で習った記憶がございます。仏像はもともとギリシア彫刻がインドや中国、日本にシルクロードを通って伝わって今の形になったと記憶がございます。法隆寺などの古代のお寺の柱はパルテノン神殿のエンタシスの影響を受けてます。
 布袋さんなど七福神がやたら太っているのはお腹の中に幸福が詰まっていることを表しているそうです。
当時の芸術家達のセンスや表現力、職人魂がこのような形になっていると思います。夏目漱石の『夢十夜』にも運慶が金剛力士像を作る過程が物語として載っています。
 この説皆さんは信じますか?学説は絶えず変化をしますので今の説はどうなっているのか私には解りません。でも、学生の頃このように習った記憶がございます。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

それぞれ意味があります

mochivation様へ

同じようなことを疑問に持たれている方も多いと思います。
当時の世相。当時の考えを表していると思います。

そのお姿が
それぞれ当時のなにかの象徴であったのでしょう。
仏像に触れてみて当時のことに思いをあわせる。
そういう見方、関わり方も仏像のおもしろさではないでしょうか。
ぜひいろいろな仏像に触れてみてください。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます!南アジアの美意識が反映されてるんですねー!
勉強になりました!

浦上さま
>富と健康の象徴でもあったでしょうし、ふっくらしている方が好ましい外見だったのではないでしょうか。

非常に納得いたしました。釈迦様が現在の仏像をご覧になられた時に『そんなにデブじゃない!!』って怒るんじゃないかと心配しておりました。^^

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

天部の仏様について

いつもお世話になっております。今回もご相談させてください。 ここ一年くらい前から、本を読んで仏教や御真言の勉強をしています。勉強をしていくうちにいろいろな疑問があるのですが、特に気になることがあります。 歓喜天様と荼枳尼天様についてなのですが、いくつかの本に「気難しい」「正しい信仰しないと祟られる」「真言をちょっとでも間違えると駄目だ」というような記述がありました。 他にも弁財天様は嫉妬深いからカップルでお参りするとよくないとか書いている物もあります。 私はお寺や神社を巡るのを趣味としているのですが、こういう話を聞いてしまうと、歓喜天様や荼枳尼天様にお会いしたときに、手を合わせるのが怖くなります。 また、お経についても勉強していて、参拝させていただいたときに唱えるようにしているのですが、間違って唱えてしまうことがあり、その後、大きな過ちを犯してしまったような気分になることがあるのです。 歓喜天様や荼枳尼天様・弁財天様の仏像にいろいろな所でお会いしたことがあるのですが、どのお方もお優しい顔をされていて、とてもそんな存在に見えません。なので、私自身は仏様が祟りを起こすようなことはないと思っています。 しかし、心のどこかで恐怖が拭えないのです。 そこで質問ですが、なぜ天部の仏様の中にはこういう風に言われてしまう仏様がいるのでしょうか? 専門家であるお坊さま方ならばよい答えを聞かせていただけると思い相談させていただきました。 ご回答宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

仏像のアクセサリーについて

初めまして。お寺や神社参りを生き甲斐としている者です。参拝すると心が洗われたようになり、生きる活力となります。しかし、お寺参りをしている際、ある悩みができました。ここで相談させてください。 私にはお気に入りの大日如来様の像がついたネックレスがあります。主人とあるお寺に参拝した際に一目ぼれして購入しました。主人には不動明王様のネックレスをつけてもらっています。それをつけていろいろなお寺や神社を参拝させていただいています。辛いことがあった時などはそのネックレスにお祈りをし、気持ちを落ち着かせています。とても頼りにしている物となっており、いつも身に着けています。寝ているときにも身に着けていまして、悪夢から守ってもらっているような気がします。 しかし、今日ある真言宗系のお寺を参拝させていただいたのですが、そこのお坊さんに「仏様をかたどったアクセサリーは有り得ない。ファッションとしてやっているのならともかく、信心を持っている人がするものではない。寝ているときに着けるのは仏様を下敷きにするようなものだ。(仏様を粗末にしているという意味かと思います。)私はそういうのは軽蔑する。お寺や仏具やが金儲けの為にしている。」ということを言われました。 それから、「私がネックレスをしていたのは間違っていたのだろうか?辛いときにネックレスの大日如来様にお祈りをして、そして助けられていたのは錯覚だったのだろうか?ネックレスをしていろいろなお寺を参拝していたが、そこのお坊さんから同じような侮蔑を向けられていたのだろうか?」とモヤモヤした思いに囚われています。 また、「神様仏様にお願いやお祈りするときは、自分の名前をまず名乗ってからしないとまったく意味がない」「仏様はともかく、神様はお祈りの作法等を間違えただけで祟りを起こすような難しい存在だ」とも言われ、自分が今まで参拝してきたことが無駄だったように感じてしましました。 そのお寺で指摘されたことは何か違うような気がしつつも、心が折れそうになっています。なにか良いアドバイスや考え方等を教えていただけないでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

神様を怒らせてしまったかもしれない

はじめまして、質問失礼いたします。 (身バレ防止のためだいぶ曖昧に書いています) 数か月前、たまたま近くに用事があり折角なのでと有名な神社で参拝をしました。 ささやかですが祈願したいこともあったので絵馬も書きました。 帰宅後、その神社について調べると地元(別市・同県)のお寺と神様同士の仲が悪いという記事をいくつか見掛けました。 そのお寺は数回程度しか行ったことがなく、最後に行ったのも3年以上前だったので、少し不安になりましたが大丈夫だろうとその時は気にせずにいました。 しかしその1ヵ月後、身内に不幸がありました。 祈願したことも叶いませんでした。 神頼みが全部上手くいくわけがないですし、身内も覚悟が必要な状態ではあったので偶然だと思いたいのですが、ふと「(間隔は空いていても)自分が両方の社寺で参拝したことで神様たちを怒らせてしまったのではないか…?」と怖くなってしまいました。 実際、そのようなことはあるのでしょうか? また、怒らせてしまっているとしたら今後どのように過ごすのが良いのでしょうか。 参拝したこと以外に怒らせてしまうようなことはしていないと思っています。 (参拝方法もその時に調べました。嘘をついたり、違法・違反などもありません。) 長くなってしまい申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺