hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

未来が怖いからこそ 貯金ができない

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

いつもお世話になります。
私は今ある悩みを抱えています。それは、無駄遣いをよくするから 預貯金が今ひとつ伸び悩んでいます。 なぜそうなのかと言うと一言で言えば、未来が怖いからです。今は、そこそこ幸せにやってるけど これから先 貯金がいくらあっても足りないくらいの不幸が押し寄せて来るんではないかと不安になり じゃあ少しくらい無駄遣いしても幸せな今を楽しもうとしてしまうのです。
どうすれば、自分の未来を信じて生きることができるのでしょうか? 仏教の知恵を貸してください。

2018年5月3日 21:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

信じてなくても、貯めるものは貯めちゃいましょう

ご相談読ませていただきました。
未来への不安というものは、誰しもが持つものでしょう。

まず未来をどう信じるかはさておいて、
実は仏教にも、収入をどう使っていくかを説いた部分があります。
なんというお経だったかはうろ覚えで申し訳ありませんが……
原始仏典に類するものだったかと思います。

収入の半分は仕事のために使い、
四分の一は自分の生活のために使い、
残りの四分の一を貯蓄しておきなさいと、
そんな話です。
教義や思想として云々ではなくて、
昔からの生活の知恵として、こういう考え方もあったのでしょう。

そして、この仕事のために使う、という部分。
これは仕事の運転資金とか必要経費ということだけではなくて、
これからの自分のために使うもの、と見てもいいでしょう。

「無駄遣い」という言い方をしていますが、
自分の経験のため、あるいは趣味のため、
仲間や同僚との交友関係のため、
そういった楽しく幸せな時間は、
決して無駄なものではないです。
限度は設けた方がいいでしょうけれども。

また、この先のことを考える上では、
インドでは仏教以前から、人生を四つの時期に分ける思想がありました。
学ぶ時期、働いて家族を養う時期、家を離れ静かに暮らす時期、
執着を離れて巡礼する時期、とかそんな感じです。

この考え方で言うなら、まだお若いのりよしさんは、
働き盛りの二番目の時期。
自分の未来を信じようが信じまいが、
今の時期にやるべきことを、しっかりやりましょう。

ちゃんと働いて。
ちゃんと遊んで。
ちゃんと貯めて。

今の生活に至る道は、過去の自分が作ってきたものです。
今の自分のためのこともして、
未来の自分のためのこともして、
両方やってしまえばいいんですよ。

2018年5月3日 23:12
{{count}}
有り難し
おきもち

sramana kaden
天台宗寺院の住職をしております。 占い師さんや西洋思想の方面にも知り合い...

家族のために

家族や親戚、未来の家族など、他人を思い浮かべて、その方々に迷惑をかけないように準備すればよいと思います。
とはいえ、私もえらそうなことは言えません。
私は結婚していますが、
結婚したとき貯金が少なく、女性が憧れるような形のりっぱな挙式はできませんでした。
仕事が忙しかったのもあり、新婚旅行も行けませんでした。
なんとか引っ越して家財道具をそろえた、という感じだったのです。

たとえば、身内の方が亡くなったら最低限の葬式をする必要はあります。
そのような想定もしておく必要があります。
自分が急に病気やケガをして仕事を休まねばならない可能性もありますから、それも想定しておく必要がありますね。
諸行無常。
何があるかわからないのが人生。
結婚するつもりがなかったのに急に結婚することになった、という人も私の周囲にはいます。

2018年5月4日 13:02
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

願誉浄史 和尚回答ありがとうございます

sramana 和尚回答ありがとうございます

「お金の悩み・トラブル」問答一覧

お金と今後と姑と

お世話になっております。同居の姑が軽く言った「(お金が)足りなくなったらちょうだい」の言葉がとても引っかかってしまっています。 以前の相談とほぼ重なってしまい恐縮なのですが、やはり納得がいかないのですね。 私と夫、娘、姑、その父の大舅で暮らしており、舅は他界。 亡くなってから税金の滞納が発覚し、結婚したばかりの私が元金を立て替えました。 お金については、年金暮らしの姑と大舅からはおそらく戻らない物と思っていますし、同じ家に住んでいますので自分の世帯の為でもあります。私たち夫婦も働いており、家事を姑に任せていますので諸々お互い様だろうと思って出しました。 しかし、現在第二子を妊娠中、家そのものも今後修繕が必要だろうし、自分たちの老後に子供に迷惑を掛けたくない等々物入りになるのは必須です。 そこに上記の発言で、正直図々しいと感じています。 姑は動物が大好きで、私が元金を立て替えた後に大型犬を購入しました。私は犬自体は好きですが、経済的に飼いたくはないと思っています。 これまで、「毛が気になる人が掃除して」、「(自分は)孫に何も買ってやれない哀れなおばあさん」「忙しい(散歩に一日2時間はかかります)」「うちは光熱費がすごい(犬の為に丸一日エアコン。私たち夫婦は仕事なので日中不在)」等の発言にモヤモヤしています。 姑にとって犬が社会との接点ですし、高齢の大舅の世話の癒しであることもわかります。 生き物なので、病気や怪我でお金が必要な時に助けないのも良心が痛みますが同時に理不尽です。 飼いたいのは自分なのだから、その分は稼げばいいのに。 私が自分で稼いだお金を一番使いたいのは我が子なのに…と。 実の親が何とか私たち実子に負担の無いようにと終活をしている姿を傍目に、血の繋がりのない嫁によく…と呆れてしまいました。 私の感覚で近いのが、「生活保護の方が娯楽の為にお金を借りる状態」です。 大切な夫、のお母様ですから邪険にはしたくありませんが、妊娠中の不安定もありこのまま不満を抱えていると爆発してしまいそうです。 犬は悪くないんですが、犬がいなければ…とか、お金のことばかり…と嫌になります。 心が軽くなるお知恵をお貸しください。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

運命なのか、金銭苦が続く

父が小さな町工場をひっそりと経営して、私はそこで働いていました。 父親が亡くなって、借金を背負う事になり更に会社を失う事になりました。 テレビドラマのような転落で弟妹は借金が理由で絶縁状態で今は母と一緒にひっそりと暮らしております。 ただ人との繋がりは強いせいか、父親が死ぬ前に良き相談相手の町工場の社長、転職先の支配人と統括マネージャー、更に今の職場の社長さん、海外のクラフトビールの職人がいます。 しかし人との縁をお金が足を引っ張って、生活が安定しません。金銭苦という事より、半ば強制的に金銭問題があり、この間も保険が切れた直後に事故を起こしましたが、相手から追突したにも関わらず、法律が相手を味方して多額の費用を支払う事になそうです。 もう今までで、法律家の人が怖くなって吐き気と体が震えてきます 金銭苦は祖父の代から続いた波が、積もり積もった事で私自身精神的にぼろぼろです。やはりこの金銭苦の縁を切るのには、強制的この世に退場する最悪な方法しかないのでしょうか。私はまだ母がいるという信念だけで生きているだけです。 せめて、父親だけでも、祖父の遺骨が埋蔵されている一心寺に眠らせたいです。 何かいいアドバイスがあればご教授下さいようお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

お金の後悔 会社の後悔

小さい会社で正社員として一年弱働いていました。その会社に入社してから入籍しました。 入籍当初は会社の担当者、周りに報告しました。 担当者からは住民票をとってきてほしいとだけで何も説明ありませんでした。 旦那は入籍してから1ヶ月以内だけ結婚休暇がとれるのですが、私の会社は小さいので結婚休暇がないと思っていたのと休みづらく、気を遣って通常より旅行料金がどっと高いGWに新婚旅行を予定していました。 GWに新婚旅行に行くので有給をとらせてほしいと上司と周りに報告しました。その時の仕事はどうすればいいかと聞いたら、代わりに対応してくれるとの事でしたが、上司に嫌な顔をされました。 新婚旅行に行ってからしばらく経って今までしっかり公開されていなかった就業規則が公開されるようになり、結婚休暇があったこと、慶弔金があることに気づきました。 先輩に聞いたところ、去年、入社してからも就業規則は回覧されていたとのとこ。でも当初意地悪な上司だったせいか、自分には回ってきていなくて、他の新人の人が就業規則はないか聞いてもその意地悪な上司には見たことないと言われていました。 入籍を報告した担当の人に問い合わせても、 だって結婚式やらないと思ってたから〜と言われ、結婚休暇の件もキレ気味に連絡すると言って、連絡もらえず、とらせてもらえませんでした。 結局大型連休じゃなく別日に新婚旅行に行かなかったら50万円安く行けました。 悔しくてたまりません。 勿論ちゃんと事前に聞かなかった私に落ち度がありますが、新婚旅行の休暇について教えてくれていても良かったんじゃないかと思います。 その会社は上の人が何人かで牛耳っていて今回報告したのも上の人達です。(そういう体制でした)気に入られた人以外、新人や若者には冷たい会社でした。 この件以来、常に自分がお金で損をしたくないと思うようになり、毎日ヒヤヒヤしながら生きています。 私はこの件をどう捉えたらいいでしょうか。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る