お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

欲がない

年をとるにつれて、色々な欲がなくなってきました。

例えば、出世欲、金銭欲、物欲、成功欲、自己成長欲。

これは、老化現象でしょうか、それとも人生を諦めてしまったのでしょうか?

仏教では、欲望を否定しているようですが、人は欲があるからこそ成長するのではないでしょうか?

欲がないので、やりたいこともなく、夢や目標もなく、時間だけが過ぎています。

欲望について、仏教の見解を教えてください。

また、夢や目標、欲のない自分が今後どのようにして生きていくと、幸せになれますか?

生きる意味
有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2018年7月16日 10:04

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

欲がないのは善い

欲(貪り)・怒り・怠け・プライドなどの煩悩は、
自分と他人の悩み苦しみの原因となります。

欲の煩悩が減ることは、悩み苦しみが減ることにつながる、善いことです。
ただし、欲の煩悩がなくても「やるべきことをやる」ことは可能です。
あらゆる煩悩を滅ぼした、悟った後のお釈迦様は、他人のお願いを聞いて、人々に教えを説く活動を亡くなるまで続けました。
お釈迦様には、欲だけじゃなく、怒りも怠けもプライドもなくなっていたから、他人からのお願いを身軽に気軽に引き受けて、高齢になっても旅を続けられました。

あなたも、自分の欲が減ったなら、今度は他人のために活動するステージに入ったのかもしれません。
自分と他人の悩み苦しみを減らすために、これからも心の成長は続けられると思います。

1年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。

これからは、他人のために行動しようと思います。

「欲望・欲を抑える」問答一覧

「欲望・欲を抑える」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ