hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
生きる意味
77995views

生きることと死ぬことはどちらが辛いのですか?人生に救いはありますか?

自分の不幸に耐えられなくなったとき、死んだ方がマシだと考えるかもしれない。いや、生きていればいいこともある、愛する人との別れの方が辛いと思うかもしれない。
本来ならば、生きることと、死ぬことの辛さを比べることはできません。とくに、死んだ先の世界を想像することができないため、楽になるかどうかわからないからです。

さて、今回のような答えの出ないテーマに対し、お坊さん方はどのように回答を導いてくださるのでしょうか。まずは、相談者さんからのお話を聞いてみましょう。


生きることと死ぬことはどちらが辛いのですか?


相談者TUSRAI24さん(20代男性)は、掲示板や知恵袋などで、衝動的に自殺にかられた人に対し、「死ぬことは生きることより辛い」「死んだら今よりも辛いことが待っています」という回答を見かけたとのこと。

この世が辛くてお別れしたいのに、お別れしたあとにも、もれなく辛いことが待っているわけですよね?
まさに「生きるも地獄、死ぬも地獄」の人がこの世にいるわけですよ。
そんな八方塞がりの状況の場合、人はどの道に進めばいいのでしょうか?
救いの道はあるのでしょうか?


死を選んでラクになりたい、すべてから解放されたいと願うほど、辛い気持ちに立たされている人に対し、「死は今よりも辛い」というメッセージはさらに深く絶望へと追いつめてしまうことでしょう。救われる道はあるのでしょうか。

生きながら救われる、その方がいい

どうせなら、王道で救われた方がイイですよ。いちおうここは仏教的な救いのコーナーなので自殺容認はしません。
また、仏道を広められた方々は、みな一度や二度は人生の矛盾を感じられた方々です。
とことん堕ちる所まで落ちると失うものも何もなくなりました。
失いたくないなんて気持ちもないくらいに空っぽになりました。
その時私は死んだ方がイイ、楽になれる、なんていう小さな考えもなくなりました。

(安穏寺(天岑寺)丹下覚元)

死を選んで解放されるということは、本人だけの話。あとに残された家族や知人、関係者はその後、暗い気持ちを引きずって行くことになると、こちらのお坊さんはおっしゃっています。

「死んだ方が楽」という思いが自分の中にある間は、自分以外の関わり合いをもつ人たちとの糸が見えなくなっているのかもしれません。

自分自身を本当に変えたいのであれば、「そういう風になりたい、と気持ちを奮い起さないとなれません」とお坊さんはおっしゃっています。今、生きている中で解放される道、救われる道を目指すには、つよく決意をすることが大事だと教えていただきました。

「あなた」へ

私は死んだことがないので、これが本当かどうかわかりません。浄土教(仏教の中で、極楽浄土を説く浄土宗や浄土真宗)では、この世の縁を終えて往く世界は理想的な世界とされていますので、死んで救われるということもあるのかもしれません。

でも私は「死にたい」と思っている方たちに、死んで欲しくないと思っています。
苦しんでいる方に「生きて欲しい」というのが酷なことは承知していますが、それでも私は「あなた」に生きて欲しいと念じています。

(なごみ庵 浦上哲也 ) 


相談者さんのハンドルネームをみて、とても辛く苦しい状況を察し温かな回答をくださったこちらのお坊さん。「あなた」には、死んで欲しくない、生きて欲しいという思いを届けてくださいました。
また、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」というホームページを教えてくださいましたのでこちらもぜひのぞいてみましょう。(自死・自殺に向き合う僧侶の会)

救いの道…それは、仏教です

般若心経の中に「不生不滅」という言葉があります。ここをしっかりと考えて理解していくことが、この迷い苦しみの世界を超えて行くために非常に大切な要諦となります。

(岩瀧山 往生院六萬寺 川口英俊) 


不生不滅とは、実体として生もなければ、滅(死)もないということ。つまり、あらゆるモノ・コトは、縁(縁起)によって変化し、移り変わっていくため、絶対的な実体はありません。それを理解した上で、目の前の現実をどうとらえるか。これらを理解して行くことが、迷い苦しみを超えて悟りへつながると、こちらのお坊さんはおっしゃっています。

わたしたちの悩みや苦しみは執着から生まれると言います。だとしたら、実体のないものに、執着しなければわたしたちは苦しみから解放されるのかもしれません。

元の問答:生きること、死ぬこと、どっちが辛いのか

今回、お坊さん方からこの世が辛くても、「生きる中で救われる道が大事」だと教えていただきました。もし、生き辛く、死を選んだ方が楽かもしれないと思った時は、まわりで悲しむ人がいることを忘れてはいけない。実体のない悩みや苦しみは、必ず変化をしていくのだ。と、そう思うことができればわたしたちの視野は広がるのかもしれませんね。ありがとうございました。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「生きるのが辛い」問答一覧

生きることが苦しいです

先日もご相談させていただきました。 再び失礼いたします。 先日はアドバイスをありがとうございました。少し心がラクになりました。 その後一週間の間に、カウンセラーをはじめ多くの方に多角的なご意見を頂戴し、心配に及ばないということ、今は気にしないことが良いということ、さまざまアドバイス頂き先週よりかは多少落ち着いてきています。 しかし、時折不安は再燃し何も手につかなくなります。嫌な想像ばかりしてしまいます。過去のいじめの記憶と重なってより辛くなります。 論理的に殆ど問題ない(何も起きることはない)であろうことはわかっているのにも関わらず、どこかそこを疑ってしまい、「もし」「仮に」とありもしないであろうことを想像してはそれに恐怖し、不安に苛まされます。 頭でアドバイスを受け入れようにも、どこかついていかないところがあるのです。 そして、そんな自分に嫌気がさしてきます。自己嫌悪も入り、負のループに入ってしまいます。 生きることが苦しい、そうも感じます。 また、このこと(あくまで心を病んでいるという程度の伝え方ですが)を打ち明けた方からの心温かいことばに申し訳無さを感じてしまいます。素直に感謝したいのに、どこか申し訳ない気持ちが上回ってしまいます。 どこか今の自分は「自分の状況を受け入れる」「周りの状況を受け入れる」「相手の言葉を受け取る」「相手の厚意を受け取る」そういったことが冷静にできなくなっているように感じます。心のキャパシティが以前よりも狭くなっているかのようです。 どうすればこの状況を打開できるでしょうか。なんとか以前のように落ち着いて暮らしていきたいです。ゆったりした心で過ごしたいです。 拙い文章、乱文で大変恐縮ですが、ぜひアドバイスをいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

生きているのが辛いです

初めて相談させて頂きます。 過去のトラウマで、生きているのが辛いです。 トラウマは、幼少期の親からの虐待です。 母は、私が幼い頃から、叩く、殴る、蹴る、物を投げる、引きずる、口を押さえつける、首を絞めるなどしてきました。 暴言も多く、育て方を間違えた、産まなきゃよかった、死ね、などと言われました。 父はほとんど味方をしてくれず、母と一緒に私を怒鳴り、外に締め出し、母が怒るのはお前のせいだ土下座しろと言いました。 私は大人2人に反抗できず逃げ場がなくて泣くことしか出来ませんでした。怒った後に、ごめんね大好きなんだよと言うので、怒らせた自分が悪いんだ、と思っていましたが、ある時怒った母が包丁を持って殺してやると向かってきたのを見て、親がおかしいこと、自分の存在価値の無さを知りました。 自分に自信が全く持てなくなり、友達に容姿や成績を褒められても、私がそんなこと言ってもらえるわけがないと心の中で否定してしまいます。 愛情も信じられず、異性に好きと言われても、いつか捨てられる、嫌いになられると恐怖で逃げてしまいます。 親友は普通の家庭で育っているので、相談してトラウマを与えてしまうのが怖くて話せません。 現在親は当時のことなど覚えていない様で、虐待のニュースを見て、なんでこんな人が親になれるの?と言いました。 今でもトラウマで苦しんでいる私は、それを見て殴りかかりたい衝動に駆られました。 そして、親の具合が悪いとき、そのまま死んでしまえばいいのにと思ってしまいます。 私はそんな自分が大嫌いです。親と同じ血が流れてることにも吐き気がします。そしてその親に生かされている自分に消えてほしいです。 結婚願望もあり、子供も欲しいのに、こんな私が幸せになれるのか、子供にも親の遺伝子が受け継がれるのかと思うと将来にも失望しかありません。 幸せそうな家族や、愛情を受けて育ってきた友達を見ると自分が惨めで涙が止まりません。 私が過去を忘れられないのが悪いのでしょうか。死にたいというより、生きているのがどうしても苦しくて辛いです。 長く拙い文章で本当に申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

生きづらい

こんにちは。やまだと申します。 生きる事が辛くなってしまい 消えたいと思う毎日ですが自殺をする勇気はありません また相談できる人もいません 家族で信頼していた父は亡くなっており 母は宗教関係の問題からもともと信用できません 姉も居ますが嫁いでおり、疎遠です お付き合いしている方がいますが、 普段優しい方なのですが私の弱気な発言や辛いの言葉にはあまり反応してくれません 友人は数人居ますが結婚し子供が生まれてから大変そうで相談はできません。 なぜ死にたくなっているか経緯を説明すると 今年結婚するつもりで茨城に転居しました ですが後から相手の借金が返済するまで結婚は延期となりました。 でも相手の方は私を大切にしてくれていますし 優しい人です。 ですが今年の春、転居後に発病したメニエール病に関してはあまり反応してくれません。 転居前の私はとりあえず努力が取り柄の人間でした。 分からないことは調べたり、先輩や上司に聞いたりして分からないながらも勉強して率先して仕事に取り組んでいました 賃金も安く、俗に言うブラック企業でしたが人に恵まれ充実した毎日でした。 転居後は同じような仕事を選びました。 業務は簡単で以前より責任もありません 賃金も高いですし、人も良い人ばかりです ただ1人だけ直属の先輩だけがどうしても合いません。毎日理解に苦しむ発言。理不尽に責められ、業務の説明もあまりしてくれません。 毎日毎日ストレスが溜まります 疲れ果てて帰っても、ご飯を作って洗濯をして家事を一通りして寝たら朝です。 朝は持病のメニエールの症状がよく出るため薬を飲んで辛くとも仕事に行く。 毎日なんのために生きてるのでしょう? 毎朝辛くても薬を飲みながら我慢をする毎日です 以前は楽しめる趣味もありましたが今は全く楽しいと思えなくなってしまいました。 心が死んだような感覚です。 私の精神が弱いからこんな事でへこたれてしまうんでしょうか? 心を強く持つにはどうしたらいいんでしょうか? ※文章が上手くまとまらず申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

よくわからなくなりました

自分は大学3年生で単位ギリギリで進級してきました。しかし大学2年のときにバイト先のトラブルとコロナ禍で外に出られず、実家にも帰れない日々を過ごしたせいで精神が病んでしまいました。一応立ち直ることができたのですが、精神は不安定なままです。 自分はとあるバイクに乗ることが夢で今年の6月頃から教習所に通っています。あと少しで免許を取得できそうなのですが、肝心のバイクは両親からお金を借りて買おうとしています。貯金はほんの少ししかなくバイクの購入代金の半分もありません。今までも迷惑をかけてきたので頼るのはこれで最後にしようと思いましたが、本業である大学で単位をいくつか落としてしまうことが確定しました。 何故落とすようなことになっているのかと言うと、また精神が病み、大学に登校するのが辛くなってしまったからです。現在は頑張ってこれ以上単位を落とさないようにしていますが、大学のお金を出してもらっている分際で学業が疎かになっているにも関わらずさらに金を出してもらおうなんて最低じゃないかと思いさらに精神的に辛くなりました。正直生きているだけで一家の恥さらしのような気がしてなりません。いっそのこと死にたいとまで思い、先月駅のホームで電車に轢かれようとしましたが親の泣く顔が浮かびやめました。 今は両親とも離れて一人暮らしをしているので、腹を割って話せるような人もおらず毎日が辛いです。バイクも諦めようかと考えていますが、最近の生きる理由がそのバイクに乗ることだったのでそれも辛いです。学生は勉強が1番大事なのはわかっています。でもそれだけでは自分は生きるのがつらいのです。自分でもわがままだと思います。 とても読みづらい文書になってしまいましたが、何か一言、厳しい一言でもいいので誰かの言葉が欲しいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2